FC2ブログ

何やってんだ!





βetaの悪夢??? :: 2008/02/18(Mon)

もう巷では、この話題が結構されているのではないだろうか。

東芝が、HD撤退検討 記事はココ

この話題、次世代ディスクの録画形式が
話題になった当初から言われていたことである。
確かHD方式が先に実用化されたはずだが、
その時、既にブルーレイは、実用化寸前だったような記憶だ。

発表当時(たぶんもう6年も前だろうか)の
CEATECでは、共に実用化に向けた話をしていたような。
その時から、この「βetaの悲劇」は噂されていた。
実際、「SONYは同じ轍踏まない」と決意していると。

この「βetaの悲劇」を知らない人ももう多いと思われるが、
要は、家庭用VTRが発売された当初、今の標準である
VHS方式に対して、SONYは「βeta-MAX」方式を市場に提案していた。
当時は「SONY」「SANYO」「東芝」で展開されて、
しかも画質の良さ、録画、再生機能の高さから、実は評判は良かった。
しかしである。「Victor」「松下」「日立」の家電大手連合が強力に
VHS方式を廉価で、その販売網を駆使して、大量に販売を行ったため、
結局市場シェアを席巻、「高級品志向」のみで走った「SONY」が
じりじりとシェアを落としてしまい、SONYは生産中止をせざるを得なかった
と言う家電品の歴史では結構有名な話である。

実際同じような歴史は、
「レーザーディスク」対「VHD (知っている人いるか?)」でも
展開されて、結局レーザーディスクになり、
(もう、このメディア自体が完全に陳腐化してDVDになったけど)
そして、今回のHD方式と、ブルーレイ方式、

今回SONYは、コロンビア、20世紀FOX、
・・・と言った映画会社の囲い込み(ソフトの独占化)
松下という巨人の取り込み。
開発時点から、世界標準にrするべく包囲網を
着実に張り巡らしていたSONYの戦略が成功したという所だろう。
実際、SONY陣営は、その時からHD側に互換性という部分の
働き賭をしていたように思ったが。。。(ここは失念)

いずれにせよ、今回はSONYの25年にも及ぶ怨念故の
勝利だろうな。

ホントこういったものは、決着がつくまでマチだな。

ただ、未だにビデオの方が気楽なんだけど。

スポンサーサイト



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<Reflesh?! | top | 決着?>>


comment

生まれてこの方、ビデオは所有したことがありません。
操作したこともないような。。。

DVDはあるなぁ。
いやでも、PCについてます。
肝心なソフトはもってないけど。
  1. 2008/02/18(Mon) 11:21:17 |
  2. URL |
  3. 他力くん #-
  4. [ 編集 ]

ベータマックスも良かったのでしょうが
当時のビデオ・ホーム・システム(VHS)は
今でも史上最強ですよね。
その名の通り、かなり安いお金で映画を家で見れますから。
なによりもDVDとかブルーレイとかHDDには無い
微妙な調整がリモコンで簡単に出来ますし。
  1. 2008/02/18(Mon) 13:10:23 |
  2. URL |
  3. むしょく(´・ω・`) #-
  4. [ 編集 ]

嘘をおっしゃい!

> 他力くん
  
  それでも借りたことはあるでしょ「H」なの!
  1. 2008/02/18(Mon) 21:33:03 |
  2. URL |
  3. yanchun #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

実は、その

> mushokuさん
 
  このビデオというものを手に入れたのは
  VHSに統一されてから、更に5~6年経ってから
  なものですから、実はどうかよくわかりません。
  
  しかし、ベータは良いというのは、もはや伝説になっていますが。

  1. 2008/02/18(Mon) 21:35:03 |
  2. URL |
  3. yanchun #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/760-272f17fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)