何やってんだ!





独身独歩 :: 2016/02/22(Mon)

そういう時期が近づいてきたという実感だ。
米国の大統領予備選、共和党はその候補
最右翼と思われた大統領一族の候補が
撤退を表明した。共和党に残った候補は
飛び道具を連発して関心だけ買うことに
懸命で、政治経験、外交経験の無いトリックスターと
地味で知名度が今一つの穏健派候補。
方や民主党は元大統領夫人とガリガリの穏健派
この勝負どちらも誰が勝手も既に東アジアなんて
どうでもいい地域になっている。即ち
そこを支那に任せてもなんて本気で考えかねない。

そうなった場合。愈々である。
我が国は丸裸であったことを実感する。

ただ真に独立国になるチャンスでもある。

愈々である。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<何年ぶりかな | top | 卑怯>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/3215-9547a11c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)