何やってんだ!





大人の対応 :: 2015/09/04(Fri)

所謂歴史問題が取り沙汰される時、とくに半島から
赤い資本、独裁国家が取り上げるとき
我が国は沈黙と共にやり過ごす方向にある。

ま言わしておけばよい 。
真実は皆が知っている。

大人の対応である。加えて左巻きマスコミも
彼らの主張を増幅、わめきたてる。

しかし、その大人の対応はもうやめてもいいのではないか。
かの国々は嘘も百回言えば本当になると心から信じている。
しかもその嘘を既成事実化するための工作もぬかりない。

しかも真実を知っている人は確実に減っている。

そんな環境下、何時までも黙っていては黙認していると
とられかねない。

この手の話が出た時には、都度
「彼らは先勝国でも敗戦国でもない第三国だ」

そう訴えるべきである。しかも半島は
植民地ではなく、同胞であった。今の中共は
大東亜戦争後に出来た国家であると正しい
歴史を都度述べるべきである。謝りにたいして
相手の顔を立てる必要はない。

我が国はもう少しプロパガンダを活用するべきだ。

このままでは嘘に負ける。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<安保反対 | top | 傲慢不遜>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/3122-14bcc741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)