何やってんだ!





いいかた :: 2015/08/20(Thu)

今というか、ここ数ヵ月の話題となっているのが
現政権が推し進めている集団的自衛権を含め
より踏み込んで広範に自衛権を行使できるよう
法的バックボーンを構成しようとしている
所謂安保法案。大東亜戦争降服記念日を挟んで
先の戦争の悲惨さをこれでもかと拡散し
暗に今審議されている法案が戦争を明日にでも
起こそうとしているかのように画策しているといった
論調で批判している。そう「戦争法案」と言い換えて。

確かなことは

日本国民みんなは戦争なんてしたいと思っていない。
だからと言って戦争に備えなくてもいい
という話にならない、ということである。
こっちが素手だからと言って、相手も素手で来るとは
言ってない。だから我々は基本的には素手だけど
一応準備させてもらいますよ、ということ。

海外の反応と言うが、ある一定の支持を得ている。
批判している二つの国は、自国が不利になるから
批判しているだけだ。近隣諸国はその二か国だけではない。

国内で反対している連中は、社民党副党首の
元女弁護士が言った
「自衛官は丸腰で殺されるのが仕事」
という考えに賛成なのか。

よく考えるべきだ
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<わかっているけと | top | 何故か>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/3115-54d09511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)