何やってんだ!





自由… :: 2015/02/09(Mon)

とあるジャーナリストと名乗る人物が、
今一番話題となっている場所に取材に行きたいと
渡航計画を行ったら政府より渡航延期の申し入れ
だけではなく強行の恐れがあるので旅券を返納せよとの命令。

この事が移動の自由を阻害しているとの
ジャーナリストの主張である。
彼の仕事を全うしようとすれば、行かないと、と言うところか。

確かに…。

これは難しい問題だ。先の人質事件で
我が国は既に二人の犠牲者を出している。
しかも、捕まれば救出できる可能性は極めて低い。
そして高額な身代金。
政府の行動は理解できる。どんなことであれ
自国民が危険にさらされたなら救出し、
安全を確保するのが政府の義務である。

その点にたてば必ず危険、退避勧告を出そうか
と言う場所への渡航を許可できるわけがない。

しかも、日本国の旅券は世界各国ほぼフリーパス
こんな宝物を持ったお人好しが行こうものなら
当にカモネギだろう。

彼は命を懸けて何をしに行くのか。

そこに共感がなかったのだろう。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<大物 | top | イメージ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/3009-33f96ccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)