何やってんだ!





当たり前 :: 2015/01/27(Tue)

先日より話題の邦人人質事件であるが、
テロリスト達は某国の死刑囚の釈放にその要求を切り換えた。
その某国は中東の親日国、先日も我が国、首相も訪問したところだ。
さて、この要求に我が国政府はその働きかけを行うのだが、
国王は「応じるならわが国民の人質解放が先だ。」とのコメント。

当然の話だ

もし仮に我が国民との同時解放を水面下でしていても
そう答えるのが筋だ。自国民を差し置いて他国民の安全なんて
国民が許さない。国王自身の立場が危うくなる。

そう考えると彼等はもしかすると、この交渉でその死刑囚の釈放の
見返りにその国民の解放を約束しながら日本人を解放し、
某国の安定を弱体化させ、更なる支配下にする事を
目論んでいるのかもしれない。人質交換もそのバランスが求められる。

わが国民の人質にはその立場に同情するが、さて、何が出きるのか。

有効な実力を持てない国のせつなさである。

無事であります様に。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<たまらない | top | やはり>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/3000-1b0bcfab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)