何やってんだ!





やはり :: 2015/01/26(Mon)

もう処刑されてしまったのか。
週末の夜、我が国に報じられた彼らのメッセージは
わが国民に絶望を言い渡した。
しかも、その責任は首相にあると。
同胞処刑のその声明を読まされている、
なお人質の身にあるジャーナリストはさぞ
苦しく、心細く、そして恐怖の底にいるのだろう。
自身の選んだ道とは言え、覚悟しているとは言え、だ。

ここで大事なのは、その責任は本人達だけではない。
ましてや首相、日本国政府にもない。
誘拐、不安定を作り出している彼等である。
そしてその不安定を歓迎している連中である。

素朴になぜこうなってしまうのだろう。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<当たり前 | top | ビジネス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2999-3bc8cc5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)