何やってんだ!





応じる :: 2015/01/22(Thu)

そうなってしまうのか。

もしそうであっても、表向きは非難を続ける
そういった対応になるのではないか。
恐らく世界中(英米だが)から非難を浴びるだろうが
軍備、諜報機関を持たない、我が国は情けなくとも
「交渉」で解決せざるをえない。
安保が働くか…。
かなり能天気でナイーブな考えだ。
左巻きの連中はどう考える。ここはやはり自己責任と言うのか。
自らの人権主義を捨てて。

みっともなくとも、国家は国民を守る。
その原則を粛々と遂行するのみ。

なんとか。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ビジネス | top | 対岸の火事>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2997-d8de3bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)