何やってんだ!





アホな… :: 2014/04/21(Mon)

青天の霹靂と言うか、ホンマにやったんだ、
そんな声が聞こえてきそうな、今回の中国政府による
タンカー差押え、政治判断が働くか、と思っていた向きも
あったのではないかと思われたが、寧ろ政治判断で
強制執行されたかもしれない。
中韓いずれの国もそうなのだが、かつて日本は
それぞれの国と基本条約、平和条約で戦時賠償は
放棄することになったはずである。しかも
それは条文に明記された事である。

それを反故にして、一企業に各々その責任を
追及する方法を条約の範囲にはないというのは
強引な、と言うか、勝手な解釈でしかなく
国家間の取引を崩壊させるものでしかない。

これではっきりしたのは、チャイナリスクは
確実に日本企業をターゲットにしたものだ。

我が国資本はかの国から一刻も早く引き上げるべきだ。
あの国は資本引き上げにもすぐ法規変更とかぬかして、
最後までたかるであろうが、それも一時的な損失
割りきるべきだ。我が国はレアアースの教訓を持っている。

ルールを勝手に変わると思っているイカれた連中と
無理して付き合う必要はない。

きっとダメになるのは向こうだ。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<責任転嫁 | top | 弱い>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2837-3489f93c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)