何やってんだ!





よく言った!! :: 2013/04/25(Thu)

こう言う感想を持った国民も多かったのではないでしょうか。
昨日の国会参議院予算委員会。
根拠の定かではない新聞記事(どこの新聞だか)を引用しては
今回の靖国参拝を避難する民主党の恒例の攻撃に対し
「英霊に感謝する行為、国の誇りを守る行為は国益」
との態度を明確にし、この靖国問題はある時突然に始まった
との「正確な歴史問題」を語ったこと。
長年この日を待っていた人も多かったでしょう。
首相の前回とは、外観とは、違う力強い姿勢に国民は安心します。

世の中には、右傾化だ、軍国主義化だと、
騒ぐ「市民」共が多いようですが、
「国民」は、タカ派の政治家は戦争を起こさない事を
知っています。戦争を起こさないために充分な備えをしているのだと。

景気回復を本格化して、長期安定政権になることを祈るばかりです。

一度、挫折を味わった人は強い。

そういうことを実感します。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<連休明け | top | 創る>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2644-f9e862c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)