何やってんだ!





不可解? :: 2012/09/05(Wed)

今朝のトップニュースは、尖閣諸島の政府への売却合意だろう。
東京都、日本政府共に購入に精力的であった。
日本政府の方は、東京都に先んじらた事で、
その遅れを挽回するべく必死だったのだろう。
どんな手、強迫を使ったのか判らないが、
面子のみを優先させ、無理矢理合意に取り付けた
のではないだろうか。

かつて地権者の方は、堂々と人前で、
「今の政府は信用できない。政権交代後に国については考える。」
こう明言していたのである。

これまでの尖閣諸島への政府のコミット、こういう背景から、
未だに売却合意の成立にしっくり来ない。
こういう違和感、そして何より不安感を募らせている
国民は多いのではないだろうか。
政府より、一地方公共団体の方が頼りがいがある、
この現実が情けないのであるが。

この国の政府は誰の為にある?
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<気がつかない | top | 新学期>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2439-9101e1a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)