何やってんだ!





負ける :: 2012/01/12(Thu)

誰もが、理不尽な訴えだと解っていても、
強引な話だとしても、

 

彼が出る所に出たら負ける。

 

先日の話の続きだが、後日談が出てきた。
彼は職場の先輩達と飲んだ時、

遅くなる前に、再三帰宅を促されていたらしい。

しかし、彼は大丈夫ですと、相当遅く迄飲んだ挙げ句に、

翌日大遅刻をしでかした。
それでも上司に連絡し、頑張って
出来る最短の時間で
来れば良いものを、報告をしたこと良い事に
ゆっくり夕方に
申し訳程度に来たから、
彼の上司がキレたらしい。

 

もう出社に及ばず、と。

 

これは、立派な解雇通告である。

確かに勤務態度に、これまでも全く問題が無かったかと言えば、
無いわけではなく、仕事をするということの
認識に欠けている面もあったが、
無断欠勤を重ねていた訳でもない。

就業に著しく差し障ることもしていない。

会社は、彼には根気強く、
教育を重ねる義務のある範囲なのだ。

 

加えてその後、彼が辞意を会社に伝えるその前日、

またも飲み会があったらしく、その場では
もう、来るな!の
連呼だったとか。

しかも、その場には、総務担当者もおり、

冗談なのか、手続きは心配いらない、
私がやっておく迄の
発言をしていたらしい。
ここまで来るとイジメにあっていると、

彼がそれこそ「人権派」売りにしている
弁護士を使って訴えられたら、
会社はそれなりの対応を迫られかねない。

ただ、会社が運がいいのは、

 

彼には、そこまでの知恵が無いことだ

 

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<何とか | top | 仕方ない・・・か>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/2201-402c4c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)