FC2ブログ

何やってんだ!





「やらせ」「議論」 :: 2006/11/09(Thu)

今日の政治の話題二つ


タウンミーティング中止 教育改革以外も調査へ


野党が外相罷免を要求


どうも、おかしいなぁと思うのは私だけなのか。


タウンミーティングでは「やらせ」があったと、野党が猛抗議。
このままでは中止の勢いである。
新聞他、報道の詳細を良く吟味したわけではないが、
どうやら、ある筋書きに則った質問をし、回答がされていたことが問題であったようだ。
・・・ 多分、結論もそこに導かれる様になっていたとでも言うのかな。


おかしい。不思議だ。


そんなことを野党の代議士先生が宣うのは、そんな資格があるのか?と
純粋に感じるのである。
だって、野党の先生方、国会質疑はどうなんですか?
事前に政府・与党と綿密に打合せされてるんじゃないですか。
少なくとも質問事項は事前打合せの対象だったと思いますが。


これ、立派な「やらせ」と言うんじゃないでしょうか。


遙か昔の国会では乱闘まで打合せされてたとか。


また、タウンミーティングのような場では、
ある程度、事前打合せがなされていないと、質疑応答なんて成立しないと思いますよ。
だって、ある程度発言する人がいないと、ホントの素人さんも発言しづらいでしょうから。
実際、仕込まれたサクラのような人に釣られて質問した人も多いと想いますよ。


一概に悪いと思えないんだけど。




麻生外務大臣の「核武装に関する議論の容認」問題。


一体、何で広く議論されることが、不謹慎なのだろう?
議論の結果
「やっぱり、核武装はダメだよね。」となるかも知れないし、
「ヤッパ、もっとかないと。」という結論になるかも知れない。


こんな事は、いずれも最終的には国民の意思に基づくのである。


日本は民主主義国家では無かったのか?
何で議論すること、公で議論することが不謹慎なのか?


本当に不思議だ!


非核三原則、という過去の遺産にしがみつくのは、憲法9条と同様
左翼の連中の妄想でしかないとはっきりする日が目前に迫っているのだ。
とはいうものの、我が国が「持ちたい」と言っても、持たせてくれないだろうけどね。


政治、国際状況・・・こんなモノは人が生きている限り、変化してゆくモノである。


その、大原則を前に冷静に考えるときが来たと思うのである。


そして、その変化が全く武器を持たなくて良いんだと結論に至ることの出来る
世界が、本当に来るのであれば、それはそれで、理想的な結末ではないか。


ただ、そう思うだけである。


スポンサーサイト



  1. 「市民」叩き
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<この柔道着は | top | 今ダウンタウンDXを>>


comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/10(Fri) 17:41:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/11(Sat) 16:38:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/184-1b0e37de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)