FC2ブログ

何やってんだ!





試写会 :: 2010/02/11(Thu)

感想は、遠目だったけど、

本多小百合はカワイイ

これですな。で、何を見てきたかというと

バレンタインデー HPココ

ストーリーは、バレンタインデーに繰り広げられる
誰もが幸せになれるかも知れない様々な
ラブストーリーという展開でしょうか。

ここからは若干ネタバレが懸念されます。



で、映画の感想ですが、
アメリカという国のどうにも深い
事情というモノを感じてしまいましたな。
如何せん、話が多すぎる。
しかも、これらが雑多に入り込んでしまっている。
まぁ、話のカットインの方法は良く、どれも
ある程度整理されて頭の中に入ってくる。

しかし、スケベ心満載である。
まずはプロポーズに始まり
高校生は初体験を目論む
一夜のつきあいから始まる恋愛・・・
実際、映画にまでして製作する内容なのか、
2時間ドラマ枠で十分な内容かも知れない。

高校生、子供、老夫婦・・・

そして、

ホワイトアメリカンに始まり、黒人
イタリア系移民、ヒスパニック系
インド系移民・・・をはじめとするマイノリティ

極めつけは、ゲイである。

もうアメリカという国は、差別というモノを
意識しすぎて、配慮をトコトン行わないと
興行的に成功が保証されないのだろう。

差別のない世の中というのは
幻想でしか過ぎないのに。。。

そんな、表層しかない世の中を
実感させられる映画でしたな。


スポンサーサイト



  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<イケルモノ | top | 久しぶりに>>


comment

No title

そんな映画があったのかと今初めて
思い知らされましたけど
まぁ何と言いますか、アメリカも日本と同じなんだなぁと。

少しは無しは変わりますが
日本は「女性=優秀」であることを表現した
ドラマや映画が多すぎてうんざりです。
日本の何処にそんな会社や役所があるのかと
言いたくなりますよ。もうアホかと。
  1. 2010/02/11(Thu) 01:37:30 |
  2. URL |
  3. むしょく(´・ω・`) #-
  4. [ 編集 ]

まぁ・・・

> mushokuさん

  それは、そう言うことを殊更強調しないといけない
  という程度の事。
  そう言う解釈をしています。
  1. 2010/02/14(Sun) 10:23:35 |
  2. URL |
  3. yanchun #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yanchun.blog54.fc2.com/tb.php/1496-fd261d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)