FC2ブログ

何やってんだ!





老後の備え :: 2017/10/31(Tue)

かつてテレビを点ければ毎日出ていたタレントが
反社会的集団との付き合いを問われ姿を消した。
その彼が最近週刊誌のインタビューで話したこと。

金、筋肉、仲間、

これだけあれば人生の後半は困らない。

その通りだと思う。毎度、彼の洞察力には感服する。
そして、この3つなかなか得られないんだな。
始めることに「遅い」はない。そう信じて
今からまた、何かを準備しないと。

間に合うかな~。
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

書けないこと :: 2017/10/27(Fri)

そう言うことが増える。

良いことなのか、そうではないのか。
良いことじゃないんだよなあ。けれども
勿体つけてしまうんだよな。

みっともない。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

辞めない :: 2017/10/26(Thu)

当然だ。ここで辞められたら逃げ得だ。
最後まで彼女には、総括から将来来るであろう解党迄
彼女の名前でするべきだ。そして二度と
理念なき野望等持てないように。
昨日は「都政に集中します」とか言っていたらしいが
そんな事ができるのか。元々都政をろくにやってない。

上辺だけだろうな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

混ざると危険! :: 2017/10/25(Wed)

この間、急場凌ぎの互助団体として出来た
新党党首は野党再編には乗らない、と言った。
当たり前の話である。仲間はずれにされた相手と
再び合流なんてあり得ないと考えるのが普通。
置き去りにされた参議院は事が見えてからの批判、非難

どこを向いてもみっともないと言うか…。

一票を投じた人は何を思って投じたのか。

これもまた不思議。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ガラスの上は :: 2017/10/24(Tue)

鉄があったんだって。

ガラスって、ステンドグラスだった?
恐らく相当な曇りガラスだったんだな。
要は先が見通せなかった、それだけだ。
で、負けてこの後どうする?
その答えは聞かれない。
恐らく勝ってもなかっただろうな。

投票した人考えたか?
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

勝った? :: 2017/10/23(Mon)

昨日の総選挙。与党は現有議席を何とか持ちこたえた…。
その意味では大勝利であったのか。
当初台風の目と言われた希望は失速し
党首は公務と称して、台風への危機管理をすっぽかして
海外逃亡。残された家来衆の中には討ち死にしたものも。
(所詮、二回生の雑魚だったが)
高い金を払ってまで駆けつけた素人からは
巻き上げるだけ巻き上げ、その結果は頬かむり。

しかし、リベラルとかいう左翼勢力の伸長、
5年前のトラウマから、もう解放されたのか?
学ばない人はある一定数いるものだな。
さて、新党を応援した皆さん。今日すぐに
貴殿方の思いは裏切られますよ。

この予言は必ず当たります。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

雲行き :: 2017/10/20(Fri)

どうなるのだろうか。
週末、季節外れの台風が直撃すると言う。
そうなれば間違いなく投票率は下がる。
期待していた(されていない?)浮動票がどうなるか。

一気に不透明感を出したのではないか。

この天気、もしかしたら首相の読みを
大きく外させることにならないか。楽勝ムード

暗転しそうだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

踏んだのに :: 2017/10/18(Wed)

あからさまに路線変更って。

「選別」、「排除」をくぐり抜け、
選ばれたのでしょうに。
戦況不利と見るや否や、「やっぱり憲法改正反対 」
「安保法案廃案」とか、隠れキリシタンの方々は
もっと真剣に隠れてましたよ。命がけでしたから。
確かに前議員の方も落選だけはどうにも
避けなければならないのでしょうが。
でも見てる人は「なって、何したいの?」

単純に思いますね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

来日 :: 2017/10/17(Tue)

米国大統領が来月初旬に来るという。テーマは安保?
詳しい内容は理解できていないが、ゴルフを
する事になりそうなことだけは報道されている。
この報道、特に左巻きメディアはあれだけ
誹謗中傷に近いことをいいながら 、冷静に考えれば
次の首脳がゴルフ好きとは限るまい。

そう考えると、色々折り込み済と言うことか。

ま、わからんけど
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ともかく :: 2017/10/16(Mon)

政権交代と言うか、現職首相を辞任させたいらしい。
5、6チャンネルは。今朝の報道でもアンケート結果として
「続投望まない」が48%との活字。逆にいえは53%は
そうではないということにも思うけれども。

擦れっ枯らした手法で、政権を不当に攻撃する 。
そして自らの希望も負わせて希望に掛ける。

なんか、ね。ますますテレビ離れするね。

国民は意外に冷静かもよ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

21年ぶりだって :: 2017/10/12(Thu)

昨日の東京市場の終値が今年最高値、その価格は
なんと21年ぶりとか。21年前は1996年
バブルが弾けて復調基調になろうとした頃なのか。
随分昔の事ですっかり忘れた。思えば今から三年前、
株価は8000円まで下がっていた。お陰で
含み資産もそれにともなった伸長である。

今の政権のなりふり構わない経済政策の効果である。

さて、希望は何処にあるのか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

開戦 :: 2017/10/11(Wed)

というところでしょうか。
各党首都圏で人の集まる場所での第一声。
我が国宰相はなんと福島から。被災地でのスタート。
彼らの政策の継続性をアピールするには一番。

既に勝負は見えてきたか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

兄弟喧嘩 :: 2017/10/10(Tue)

そう銘打って放送された某局の某国の暗殺事件

そこに描かれていた殺された兄について
あたかも彼は国を豊かにしたいの救国の志を
持った好青年のように扱っていた。しかし、
彼の幼少の頃の育てられ方、玩具の数
それらを見ると相当に放蕩な生活をしたのではないか。
もし仮に海外生活のなかで、異変があったとしても
彼は独裁者の一族であって、国王ではない。
ましてや立憲君主主義の国でもない。

そこを踏まえずに「国民のために」と
言われても説得力がない。

そこを勘違いした内容だったな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

衝撃 :: 2017/10/06(Fri)

日系英国人が受賞した。5歳で両親とともに移住し
そのまま英国国籍を取得したとのこと。
名前、風貌全て日本人。アクセントも日本人の英語。

書かれた小説は全て英語。その著作は世に
ライトな感じのタイトルなのに、問いかける
内容は深刻。上っ面の印象だけれども
一度翻訳本しか読めないが手に取ってみたい。

春樹なんてどうでも良い。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

地獄の沙汰もなんとやら :: 2017/10/04(Wed)

まさにそれを地で行っている。ポスター撮影費用3万円
党首とツーショット更に3万円。おいおい
アイドルの握手会でもここまで露骨なことしないぜ。
供託金も自腹(仕方ないか)、その他諸々手弁当。
集める方と集まる方の何とも浅はかさが見える光景か。

かたや左派連中はこれまた旧党の財宝目当てに新党か。

そういえば、昔も社会党って、右派、左派に
別れていた時代があったな。

再現か
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

立憲って :: 2017/10/03(Tue)

意味を辞書等でしらへて調べていないから
なんとも言えないのであるが、この言葉

左翼?左巻き連中の為の呪文ですか?

立憲主義・・・

一度勉強しないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

次の次って :: 2017/10/02(Mon)

党首と現場、言っていることに齟齬ないかしら。

彼女は政権選択選挙と宣ったではないか。
で、その恐らく大番頭であるはずの元検事はこんな発言。
子番頭とも言える泥舟から逃げ出し第一号は
かつて、自身が猛反対した安保法案に大賛成。

三都物語という場では、出馬したら約束反故と
言われて眉間に皺を寄せる。

で次の次って…。

もうわけわからんね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0