何やってんだ!





訓練って :: 2017/08/31(Thu)

これまでは実験と名乗って撃ちまくっていた花火。
全般我が国上空を通過させた打ち上げは

「訓練」

即ちいつでも実行するべく、その精度を上げる
ということであり、継続的に行うということだ。

他人に断り無く、その人の土地でドンパチ。

いつでも災難は降りて来そうだ。

これで真剣に先制的防御の議論まで可能になりそうだ。
その意味では三代目に感謝しなければ。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

キリトリ :: 2017/08/30(Wed)

また、財務大臣の発言を切り取って、
不謹慎となじっている。
かつては「ナチスの手口」をキリトリ
その趣旨をねじ曲げて報道し顰蹙を買ったのではないか。
そして今回は「ヒトラーの動機」だけを切り取って
ナチス称賛だと喚く。話の趣旨は
「ヒトラーが政治家を志した動機はドイツの繁栄
だったのだが、彼がしたことの結果は
人類史上最悪だった。政治家は動機が正しくとも
結果が問われる仕事である。」
こういったものだ。

頗る当たり前の発言である。いい加減
ごり押し報道を止めないか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

リアルに迫ってきた :: 2017/08/29(Tue)

今朝程それを感じた人達は多かったのではないか。
テレビ画面が一瞬にして暗転し、無機質な文字の
羅列とそれを囲む赤い線。緊張感を嫌でも持たせる。

そして、その矛先は最短距離なのだろう
東北、北海道エリア。何とも言えない思い。

憲法9条を信じた結果だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

クオリティ :: 2017/08/28(Mon)

おかしなもので業界によって、その求める
その高さがこれ程違うものかと思うものである。
工業製品ではあり得ない位の低さでも通るものがある。

サービス業のそれだな。

そこからは深く言うまい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ナイナイ :: 2017/08/23(Wed)

そう信じたいが、報道は煽りまくっている。
大袈裟なというか、緊張感を走らせたいはずなのに
その緊張感は殆ど伝わって来ていない。

いつもの煽動か。体制維持のためか。

わが国の報道は最近の天気が重要話題だ。

結局このままですむのか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

休止って :: 2017/08/22(Tue)

また、シンガポール沖で衝突事故を起こしたとか。
それでまた、兵士が何人か行方不明。
その結果、総点検、再教育(?)で展開を一時やめると。

今、まさに一色触発の危機に際して、全艦隊一時休止。

何、やってんだ!

本当に叫びたくなる。しかし、穿った見方をしたら
これで、彼らに隙を見せられる?チャンスを待っている?

解りやす過ぎる。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

カマしあいなのか :: 2017/08/21(Mon)

半島情勢は日々猫の目のように変わり、
緩急の変化は毎日、関係ニュースに釘付けである。
先週の株式相場もそれに倣って芳しくない。
やむを得ないことか。そんな中、円高が進んだ。

かつては国際関係に緊張が走ればドルは上がり
いわゆる「有事のドル」だったのだが、
今はそうでもなくなったのか、それとも
市場は楽観視しているのか。今週、定常の訓練を
米韓で実施する。半島はどう反応するのか。

9条の力の見せ所か。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

政治色満載 :: 2017/08/17(Thu)

そう、言いたくなってしまう。

先日から延期になっていた婚約内定の会見が
来月に決まった。皇統離脱は必至。
また、貴重な血統が野に下られる。
皇族はその存在そのものが尊く、無私の心で存在している。
こんなことを書けば相当片寄っているといわれるが
事実、彼らに近代的な「人権」があるとは思えない。
中にはその宿命を恨んでいる人もいてもおかしくない。

この女性皇族問題。皇位継承は唯一彼らの自由に
できないのか。あらゆる法にがんじがらめに
されながらわが国、世界の安寧だけを望まれている
尊い方々の今後、我々俗人が決められることではないと思う。

これ、本当に政治色強く感じるのだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

零だったって :: 2017/08/16(Wed)

今年の敗戦記念日。
慰霊祭には大勢の人が参列し、不戦の 誓いを立てた。
方やその為に犠牲になった兵士たちへの参拝に
今年は閣僚が誰一人訪れなかった。救国の英雄達が
真に評価されるのはいつの日なのか。心が痛む。

半島の挑発のお陰で、憲法9条がどれ程戦争回避に
役に立たないかよく判ったと思うが、
護憲派の連中は一刻も早く半島に行って
「憲法9条に反するから日本にミサイルを撃つな!」
と説得してきてもらいたいものだ。

以下に彼らが無責任かよくわかる。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日か? :: 2017/08/15(Tue)

今日は色々なことを記念し祈念する。
我が国は敗戦記念日。我が国のために
尊い命を投げ出してくださった方々への慰霊の日だ。
その他諸外国では戦勝であったり、解放であったり。
我々とすれば彼らの解放のために戦争をして、
負けたら、その味方であったはずの彼らから
「戦勝」と言われてしまうのは相当辛いが。
その記念日に向け、半島は先般から賑やかだ。

打つと宣言し、打ったらどうするとか。

ただ、はっきりしたのは、我が国憲法の限界が
はっきりしたことである。解釈の限界に、
運用の限界に。

戦争をしたいなどと言うのは、本当に少ない。
少なくとも戦争を持ち出すのは、そうしないと
自らが生き残れないと脅迫されているから。

皆、外交努力をしている。

もう少し我々は現実的冷静に判断するべきだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どんどん :: 2017/08/10(Thu)

近くなっていく。

歳を重ねると言うことは、そういうことなのだろう。
先日、妹婿のお義父様が亡くなれた。
妹にすれば義理とはいえ、親である。
幸いにして我が親は夫婦共に健在。
伯父、伯母は鬼籍となったが。
考えれば身近な人が次々と去って行く。
人、というか、生き物はそうなのだろうが、
この摂理に抗うことは叶わないのか。

苦悶である。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

恒例…!? :: 2017/08/07(Mon)

半分付き合いと言っても良いくらい、そんな気分。
上司の都合に付き合って出張。確かに今回は
出向く価値があるのかも知れないのではあるが。

今日、現地は停滞台風が鎮座している。
たどり着けるのか、帰って来られるのか…。

冒険だな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0