何やってんだ!





政治色 :: 2017/02/28(Tue)

昨日海の向こうの娯楽産業に栄える街は
自国映画の互助会祭典に酔いしれていたが
そこでは今の政権に対する批判発言が相次いだ。
かの国ではそれが美徳のようであるが
我が国ではそんなことをしようものなら
仕事を選べる立場になければ、すぐさま
仕事が無くなる。娯楽に政治を入れ込むことには
強烈に抵抗があるためだ。戦前の云々からの
作られたトラウマによるものだ。

さて、これらの発言の数々。本当にみんなが
そう思っていたなら、何故彼は今大統領なのだろう?
はたまた、彼らは自分達の影響力で世論を
変えようと画策しているのか。だとしたら
それはある意味恐ろしい事ではないか。


思い上がったものだ。

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

祭だ :: 2017/02/24(Fri)

先日、我々の廻りで一大ニュース。
田舎の小さな学校では凄いことだ。
我が母校OGが朝の連続テレビ小説の脚本を
書くことになった、それだけのことだ。
とクールに書いているが、オラホ自身もお祭り状態。

舞台も我が母校所在県だという。きっと
我が母校周辺が舞台にならないかと、
期待も膨らむ。あの懐かしい景色が蘇らないかと
嫌でも思ってしまう。再来年、気が早いかもだが待ち遠しい。


次は半沢か。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

早い :: 2017/02/23(Thu)

最近、天気の崩れというのか、雨が多い。
2月なんて雪はあっても雨は少ない印象。

もうそろそろ一雨毎に…という季節に入る頃
とは思うけれども、それでも変わり目が
二週間は早い、早すぎる。異常気象?

世間はそんなに騒いでいないから普通なのか。

勘違いだといいけど
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

魔が差す :: 2017/02/21(Tue)

今朝は九州出張。大分に昼一番。飛行機かと思えば、
新幹線で十分に間に合う検索結果。
我が国の先人は素晴らしい財産を我々に
残してくれたと心から感謝してしまう。

そんなことに感謝していたら、中央線はいきなり
遅れの案内。折角一本前倒しにしていたのに。

まあ、乗ろうと思っていた電車に、遅れても
乗れると慢心した結果ではあるが。

興ざめだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

訳がわかりません :: 2017/02/20(Mon)

人の気持ちなんて。空気を読むとか、ムードとか。
明確に文章で伝えてよ。 理解出来ない人なのだから。

そんなこと、わかるでしょ…。

いや、解らないし。

そう言いながら、雰囲気で伝えようとしている。

賢くないな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

外野 :: 2017/02/17(Fri)

所詮回りは、ああせよ、こうせよと宣うだけ。
その為には何もしない。敢えて言えば

「策を授ける」

要は自分で汗をかく気などまるでない。
一番気楽な評論家である。酷いのは組織のした
判断の結果を個人の資質の問題に置き換える。
最低、最悪だ。こんな仕打ちしかできないなら
組織で安心して働く事は出来ない。

排除出来ないのか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

会社の答え :: 2017/02/14(Tue)

どうにもならない状況において、最終的には
個人の裁量を越える判断…。これが会社としての
判断であるが、その招いた結果を個人の技量に
矮小化し非難する。自身の立場を高め、
相手を叩き落とす最も効果的な手法である。

それは自身、若しくは出てこられてはまずい
相手にこそ効果的であるのだが、それを
格下の社員に執拗にする。その役員の器量の小ささに
驚きを感じる。まさかとは思うが、オラホに
恐れをなしての攻撃か?

しかし、問題の根本は会社がした判断の
結果に対する責任を個人に押し付ける、
それを了と考える役員にこそ大きな問題だ。

それを取締役会はどう考えているのか。

正義には最後に勝ってもらいたい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

物要り :: 2017/02/13(Mon)

よく解らないけれども、年始からなにかと物要り。
お金が正に溶けるかの様に消えて行く。
贅沢をしているつもりはないのだけれども消えている。
貯蓄もできているわけではなし。

もう一度、何に使ったか復習から始めるか。

しかし、貧乏だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日は休日 :: 2017/02/10(Fri)

今日は会社行事の関係でお休み。福利厚生の一環。
その代わり別の日には出勤していたわけで
羨ましがられルいわれはない。

そんな今日、休む予定が急遽、担当者が
事故に会ってしまい、不肖オラホがピンチヒッターで
出張することに。まぁ、平日なのに休日出勤手当がでて
遅出早帰りが出来るからラッキーなのか。

講習会に参加出来なかったのは痛いか。

まあ、頑張ろう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

経営する :: 2017/02/09(Thu)

昨日マーケティングに関し、社長と議論。
小さい会社ならでは出来る事である。
テーマはある商品のマーケットをどう理解するか、
集約すれば、そういうことたが、正直、
オラホの分析は、この商品は既に終わっていて
如何に終末を迎えさせればいいのか、
それだけではないのかと考えている。
他に売るべき、売れる製品は多々あるわけで
それが無くとも会社は困らず、しかも
利益確保は確実。この製品は後からの
利益回収は不可能で、しかも赤字続き。
静かに幕を閉じるのが正解だと、考えている。

そこで余剰となった人員。

今、幸いに他の仕事がある訳で、良いんじゃないの?

これでは経営が、と言うことか。
しかしそう思えるのであれば、親会社から
事業譲渡もないし、はたまた独立できる。

その考えではダメか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

変える。変わる。 :: 2017/02/08(Wed)

我が勤務先は某製鉄会社の子会社。役員なんてものは
親会社から落下傘で降りてくるもの。
しかも、というか当然ながら、サラリーマンなので
任期はほぼ決まっている。よく言えば
公務員で事務次官相当、長くてもせいぜい5年迄。
今の社長は年齢的にも後1年半出来るのか、
そういうところなのだか、やたら変革に燃えている。

何か爪痕を残したいのか?

最近は組織の改編に熱心だ。その変えたいと
願う組織は過去に何度もやっては失敗してきた
部署を更に復活させようというもの。
何故過去に失敗してきたかは、知らないが
必ず失敗してきたようで、結局元に戻した
のが現在の姿だ。経営者はきっと何かを
予見、心配しての策とは思うが、一体
何故そこまでしたいのか。その熱意は…。

だって、後一年よ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どっちが正しいのか :: 2017/02/07(Tue)

今、ある商談が佳境を迎えている。
金額そのものは大した事もないが、シェアを考えると
やはり全力で獲得したい案件である。
本体で少々の粗利益赤字でも、後々の保守を考えれば
確保することには大きな意味がある。
しかも客先は素直に信じれば、当社を採用したがっている。
けれども、イニシャルが結構離れている。
ランコス評価をすれば、優位は解りきっているが
それでも…というやつである。

さて、この局面、どう、社内を纏めるか。

そういうの下手だしな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

漠然と… :: 2017/02/03(Fri)

しなくてはいけないことが多いが、そのことも処理切れない。
自分勝手な判断で仕事を中断している。
どちらも自身の責任にあるのだが。いつまで経っても
情けないこの有り様。こう言うことが自身の
成長を妨げているのだろう。

ルールに基づいて粛々と事を進める。
それだけの事を何故出来ないのか。

みっともない
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どっちが正しいのか :: 2017/02/02(Thu)

先日、部下が所謂「鬱」という診断で静養に入った。
医者の診断が出てしまったので、会社としては
そうせざるを得ない。当の本人はやる気がない
訳では全く無いように見え、特に落ち込みを
見せているわけではない。

上司として彼のフォローをしなくてはならないけれども
彼が休み際に見せた「静養を終えて出社する時の
事を考える方が鬱になる」という言葉の方が
心配である。確かに彼の仕事量は多く、
また、難儀な客も多い。上層部に訴えても
なかなか人が少ないことに、進まない。
彼には、静養中仕事の事は一切忘れろ
と、伝えてはいるが、本人の性格を考えると
気が気ではないだろう。そう考えると
静養をさせることが彼の精神衛生上いいのか。悪いのか。

まずは如何に負荷を下げるかの対策の方が
先ではなかったか。

悩ましい
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

下ろす :: 2017/02/01(Wed)

何がメリットなのか、理解出来ない。
自身の仕事に直接的、もしかしたら間接的にも
関わることはないだろうと思われるのに。
目障りだから、とかいう理由なのか、
体よく言えば、全体の士気にかかわる、とか
言うのかもしれないが。ともかく、排除したがる。

蟻の理論は比較的有名と思われるが、
集団が形成されると必ずそこにはいろいろな
働き方を行うものがいる。その色々な
働きを許容と言うか取り込むのが、 社会なのでは、
そういう想いに至る。SNSしかり、許せない
とヒステリックになる人が増えた?
目立ち、社会が幼稚になってきたのかな。

ともかく小さい
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0