何やってんだ!





飲みすぎた後の :: 2015/11/30(Mon)

寒い朝。といっても、二日酔いでどうにも
ならない訳ではなく、軽く酒が残ったかなと
感じる程度である。これは昨夜のワインと相性が
偶然良かったお陰だろう。とは言え
眠っている間にアルコールを分解する事は
かなり大事で翌朝以降の行動に大きな影響を与える。
そう思うなら飲まなきゃ良いのに。

毎度鬱になる
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

悔しい :: 2015/11/27(Fri)

バックステージでそう語っていたとか。
いつもは愛想よく、殆んど関係のない我々の元に
顔を出してくれていた彼は楽屋に引きこもっていた。

確かに1曲めから調子の悪さは見ているこちらにも
伝わっていた。ステージ上でもテンションの
上がりきれない様子、来てくれている観客に
楽しんでもらえているのか、その不安感が
前に出ていた。そんな偉そうなことを素人が
身内に語っていたら、冒頭の通りである。
しかし、彼らにはスケジュールがある。
彼には早く癒してもらって次に備えて欲しいと
お祈りするばかり。だけど昨日は楽しかった。

身内の欲目である、か。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

一年ぶりか :: 2015/11/26(Thu)

今日は久しぶりに招待にあずかる。
最近は席がないばかりでなかなかよんでもらえなかった。
アルバムを買うまでもなく、当たり前の様に
行ってたのだが、そう思えば彼らも元々の
人気に帰っていったということか。

まぁ、今日は堪能しよう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

かかりきり :: 2015/11/25(Wed)

良くないことである。昨日1日はとあることに
そうなってしまった。他の業務は殆んど出来ず。
これからの月末に向けた追い込みもままならず。
さて、今日は本来業務に取り組めるのだろうか。
しっかりしないと。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

連休あけて :: 2015/11/24(Tue)

新嘗祭、勤労感謝の日も終わって少しは
癒されたのだろうかと、自身に言い聞かせ
また労働に入る。今週実施しなくては為らないこと
更に計画的に動かなくては為らないこと
丁寧に整理せねば。
まずは出張旅費精算からかな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

帰ってはいるけども :: 2015/11/20(Fri)

今週は帰宅したかと思えば、朝が目の前で
その迎えた朝から九州に飛び、打合せが遅くに
済んだと思えば、夜更け迄飲み会、そして
移動後の会議にその処理、そして帰宅したのは
日付も変わろうかという頃。そして今朝
また、
日中の業務をこなしてからの大阪出張。
なんか目まぐるしい。こんなに予定が
突っ込まれているのは久し振り。いやいや
名古屋近郊であれば日常であるのだが
遠いから堪えるんだな。

今週迄だ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

柔軟? :: 2015/11/18(Wed)

今朝はどんより、雨が降るとも降らぬとも。
そんな中気温はまだ、秋の走りのような暖かさ。
通勤電車のラッシュは、この暖かさと
今にも降りそうな湿気で蒸れている。
この季節外れに上がっている不快指数の中
某赤い電車の私鉄は空調を動かすこともなく
人々は汗だくになりながら我慢している。
駅について降りたあとは、その外気の思いの外の
寒さに風邪を引きそうになる。

そして乗り換えた旧国鉄。空調が効いている。
若干の寒さはご愛敬だが、快適だ。この後
電車をおりても気温差にやられることは少なそうだ。

恐らく赤い方は季節、月等て空調の運用を
決めているのではないだろうか。そう今は
空調を使えない時期やも知れない。では
旧国鉄はどうか。ただ気温で勝手にスイッチが
入るのかも知れない。そう考えるとどっちもどっちか。

ただ今は救われたことを感謝したい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

静養した翌朝は :: 2015/11/17(Tue)

ここのところ溜まりに溜まった疲れが出たというのか
体か昨日は朝から動かなかった。その為
日長1日、横になってやることも最低限。
食事と入浴程度ですごした。この事が今朝
効を奏してくれるといいのだが、まだ気持ち
ダルさ優勢というところ。ふと思う。
出社拒否とか、心的何とか等はこういった事が
切っ掛けなのかも知れない。これはほんの
少しの差なのだろう。この先の少しの矜持、
これが皆を働かせている。きっとそう言うことだ。

さて、今日からまたパリパリ働きましょう。

パリパリ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

恐ろしく早い :: 2015/11/13(Fri)

日々が過ぎている。しかもそこに充実感はない。
あっという間という表現があたる。
雑務というか、計画的な行動が取れない。
尤も計画がないから、そこに修正もなく
ただ進んでしまっている。そういうことだ。

いい歳をして全く、自身に呆れる。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

決められない :: 2015/11/12(Thu)

いろんなこと。回りを評価を気に病みすぎ。

高々忘年会。何処でも良いではないか。
そうなのだ。何処でもいいのだ。

今日には何とかしよう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

敬称 :: 2015/11/11(Wed)

最近の敬称で頗る違和感を感じる言葉。

「皇后様」「皇太子様」

所謂皇族に対する敬称なのだが、これは
マスコミが勘違いした表現であろう。

正しくは「天皇陛下」、「皇后陛下」であり、
「皇太子殿下」、「皇太子妃殿下」、「秋篠宮殿下」
なのである。こう書くと今はネット右翼とか
言われるのか、よくわからないが、子供の頃は
この表現、至って普通であった。現に外国の王族
例えは英国女王には「女王陛下」と表現している。
マスコミの勝手さ、である。

そして臣下たる総理大臣以下国務大臣は「閣下」なのだ。
これは国家元首たる大統領ですら「閣下」である。

ここも最近聞かなくなった表現だ。
強いて言えば
芸名で「デーモン小暮閣下」か。

しかし、彼は誰の臣下なのか、それとも
民主的に選出されたのか。若干の疑問が浮かぶ。

誰か教えて
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

個人攻撃 :: 2015/11/10(Tue)

自分の思い通りにならないと個人名を挙げて
その個人の反対によって事がたち行かなくなったと非難する。
やり方が幼稚だ。反対する側には反対するだけの
理屈を以て反対している。尤もその反対理由に
合理性の欠片も無ければ反対する側の非は
明らかではあるが。更にそのやり方の汚さは
その合理的な話は無しに「反対」の事実だけを
切り取って話をする。全く質の悪さこの上ない。
こんなやつが経営陣の中にいる。

みっともない。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

これから当面 :: 2015/11/09(Mon)

怒濤の出張漬け。
日替わりで方々に行くことになりそうだ。
手始めは今日の大阪日帰り出張。午後に出掛けて
深夜に帰宅。そして翌朝の会議に備える。

その後県内で数ヵ所動き…。

考えるのやめよ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まとめる :: 2015/11/06(Fri)

これ、難しいですね。話が複雑になって
しまっているものを解きほぐし、そして
改めて皆が納得するようにしてゆく。
それは当に利害の調整である。これがなかなか
共感を得ないんだよなぁ。

時間切れ直前、どうしたものか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

健康診断 :: 2015/11/05(Thu)

この歳になると某かガタがきている。
元々のつくりがよろしくないだけに猛烈だ。
常に眠気を感じ、昼間等は仮眠を摂らないと
午後に業務がこなせないくらい。

内臓も酷使しすぎているし。
気がつけば死んでいるかも。

あ~あ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:1

文化の日 :: 2015/11/03(Tue)

今日は祝日。世間は休日なのですが、当社は稼働日、
働く日です。こういう日は溜まった見積の処理やら
溜まった不要の書類を捨てるに丁度いいはずなのですが
多分、社内の何かに引っ掻き回されるのかなと思う。
自分の失敗をよう処理できずにこっちに投げる技術者、
売りっぱなしで回収の出来ない営業。
現場のことを判断できない監督。

こんな案件たちを片付けることに終始するのか。

無視出来れば良いけどね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

衣替え :: 2015/11/02(Mon)

今頃、という感があるが、肌寒さに堪えてからの入れ替え。
引き出しの薄手の衣料から厚手のシャツ
ロングTシャツ、セーターに入れ替える。
ネック、マフラー 等を押し込む。
タンスはすぐに一杯になってしまう、
多分捨てられない服もそのままに入れている
せいでもあるのだが。捨てられない服。
贈ってくれた相手はもうとっくに捨てた
と思っているだろうし、もう確認する術も
ないのだが、こういうのをきっちり捨て去らないと。

この作業、いつも悩ましく進んでゆく。

なにいってるのか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0