何やってんだ!





政策的に :: 2015/09/30(Wed)

携帯電話の通信料を見直すよう動くと
総務大臣が方針を示した。我が国は通信費が高いと
公に認めたこととなる。電話事業者から言わせれば
世界的にみてそんなことはない、と主張しているが
それでも比較すれば一目瞭然で高水準の範疇に入る。

利用者側にたてば月々の家計支出における通信費の
占める割合は年々上昇し下がってはいない。

これらの症状は通信コンテンツの多様化と
これまでマスに無償で大量に提供されていた情報が
個々の端末に当にオンデマンドで提供されるように
なったからに他ならないのでなはないか。

さて、そんな環境下で通信費を下げる
政策で示されたからには許認可事業である電話会社は
何らかの手を打たされるだろう。利用者には歓迎だ。

その前にコンテンツ事業者の無駄に大きい情報量も
精査されたい。CMの問題もあるがあれに
喰われるパケットも半端ではない。

これらの見直しからでも通信料は確実に低くなる。

無理かな
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ショックといっても :: 2015/09/29(Tue)

ねぇ…。

世間では大物アーティストの結婚に、そんな声を
上げているようだが…ねぇ…。

最後の砦とか、明日から何を見たらいいのかとか
ロス、会社休むとか…。

サッパリ判らん! (アレ風に)

百歩譲って、少しでも彼女らがそういう
関係になりそうとか、近いところにいたとか、
それでもどうよ、と思うのは僻みなのか。

我々男共は伴侶のあの女優を奪われて、
チクショーとは思うが、それ以上でも、それ以下でもない。
単に羨ましく、自分もああなれるように
なりたいと願い努力するだけだ。

しかし、お二人には良かったですな。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋か :: 2015/09/28(Mon)

ここ数日、やはり彼岸を越えると朝夕の
寒暖差の大きさを実感する。日の無い時間帯の
朝の涼しさ、肌寒さと日中の相変わらずの暑さ

空気が澄んでいるだけ負担は軽いが、それでも
温度調節はつらい。これから寒さに向かって
日々進むのだが、日々物悲しくなって行くのかな。

白秋だな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ヤッパ無理だわね :: 2015/09/24(Thu)

昨夜、番狂わせをもう一度、とばかりに
日本中の期待を背負って挑んだサクラフィフティーン
前半はいい感じでしたが、後半自力の差が
出てしまったという感じでしょうか。

今回は元より我が国は中三日でのゲーム
対するスコットランドは初戦。明らかに
調整が出来ているのは相手なのは明らか。
そう考えるともっと差がついていてもおかしくなかった?
と、そう考えることにしよう。

しかし、これから我が国が世界一を目指すなら
この短い試合間隔であっても相手を凌ぐ
体力、耐久力が求められるという事を示唆する
いい試合だったということだ。

さて、次は10日後、スタミナ回復、奇跡の
2勝目を期待したい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大型連休 :: 2015/09/23(Wed)

5月のゴールデンウィークに対して、この9月は
シルバーウィークと呼び、世間は休日である。
わが社も世間並にお休みを戴きながら
最終日は流石に働けと、出勤日になっている。
実はこの時期の連休は企業活動には少々痛い。
決算期を迎える企業では最後の追い込み
数字を確定させるに色々な事を日々に増して
しなくてはならない。生産活動も必要だったりする。
そんなときの大型連休。稼働させるには
それなりの手当を何時にも増して出す必要がある。
結構負担なのだ。政府はここまで考えて
なかったんだろうな…。

さて、このシルバーウィーク。某公共放送でも
使用している。ゴールデンウィークとは大違いだ。
やはり5月に対する言葉とは言え、この言葉に
特定業界が絡んでいないことからか。

まあ、ご愛敬

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

復帰?流出? :: 2015/09/17(Thu)

今朝のスポーツ新聞は既にストーブリーグに
入ってきている。我がドラコンズもベテランの
去就に注目が集まり、監督の現役、名外野手、
いまいち伸び悩んでしまったエース候補
そしてかつてのエース皆、身を引いて行く。
そんな中、巨人軍の助っ人投手がMLBへ戻るかも
そんなニュースが入ってきた。まぁ、日本で
好成績を出したものだから、それを評価しての事と
思われるが、また日本は第二のファームかと
イライラする。しかし、もっとイライラするのは
彼が帰ったら、あの美人の嫁まで帰っちゃう。

それが腹立たしい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いつから :: 2015/09/15(Tue)

左翼系の人達、今回の安保法案に反対している人達、
今回のデモを主催している人達というのは
自衛隊隊員の身を案じる、いや戦場に行かせない
と考え出したのだろう。元々彼らは自衛隊そのものの
存在を否定していたのではなかったか?
かつて社会民主党で弁護士上がりの
女性党首は
PKO法案の時「自衛隊は丸腰で行け、攻撃されたら
そのまま死ね。それが彼らの仕事だ」と左翼系
メディアの深夜討論番組で宣っていた程ではなかったか。

相変わらず、枝葉末節な議論に持ち込み
その論理は全体を見ず、混乱のみで終わらせる。
かつての素人政権が野党に戻って拍車がかかった。

本当にまともに廃案にしたいなら、議場で
安保法案の矛盾を論破せよ。

国会の外で陰口叩くな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

他に無いのか :: 2015/09/14(Mon)

連日トップニュースは洪水関連。

確かにニュースバリューの高い話題ではある。
しかも週末、政治・経済、動きは少ないかも知れない。
しかし、我々が知っておくべきことは他に
たくさんあるのではないか?

例えば、中国の調査船。

合意地点などお構い無しに、好きなところを
勝手なところを調査している。こんなときは
拿捕してしまってもいいのではないかとすら
思うが、あまり報じられていない。

なんか、送り手の思惑で知るべきことが
ものすごく狭められている、そんな思いにかられる。

まぁ、本当に知りたいことを得るには相当なコストを
要するということなのだろうが、しかし、
この数年、新聞、テレビと言ったメディアの
報道劣化はひどいと感じる。

気のせいか?

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

パリッと :: 2015/09/11(Fri)

久し振りにスーツ姿で出勤。周りははまだまだ
半袖だったりするけれども、ここ数日の夜更けは
若干肌寒い。まぁ街にはスーツ姿なんてざらにいる。

とは言えネクタイまでしているのはオラホだけ
周囲は奇異な目で眺める。むしろ気の毒そうか
しかし、あのクールビズという格好、なんか
馴染めない。自身がだらしないためか
どうにもだらしなく思ってしまう。
今やノータイでも座りの良さそうなシャツも
売られているがやはりタイを絞めてオン
そう切り換える。儀式なのか。

ふと季節の変わり目
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

目が向かない :: 2015/09/10(Thu)

毎朝見ている朝のワイド番組。ニュース芸能
盛り沢山に情報を伝えてくる。毎朝新聞を読みながら
その日をダイジェストで理解するには気楽でいい。
しかし、今朝はどうだ。ニュースの時間枠
全てが台風情報?大雨情報?
国内の政局は?経済情報は?海外は?

確か石破周辺でざわざわしているようだし
株価は猛烈な反発してたぞ。

世界では何が起きてた?

最近、世界に目がいかない若者が増えたというが
こういった身の回りのことしか伝えなくなった
マスコミのありかたも大きい気がするな。

このままでは世間がどんどん狭くなる
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

相変わらす :: 2015/09/09(Wed)

街頭演説という手段、国会審議にはなんら影響を
与えない方法で世論を工作している野党。
先の総選挙で充分テーマとして取り上げた上で
過半数をとった与党。どちらか政権運営
政策実行に正統性があるのか、冷静になれば
わかりきっているのに、左巻きマスコミを
巻き込んで、如何にも悪いことを進めていると
喧伝している。かつての与野党構造が受け継がれている。

政策には、というか物事には必ず表裏がある。
長所があればそれが仇になり短所となりうる。
左巻き連中は短所のみをあげつらい、
「そしてどうする」という提示をすることなく
済ませて行く。我が国民は、その体質をもった政党が
政権をとった暗黒の三年間を忘れてしまったのか。

彼らはけちをつけるとこはできても、
その先をする気はない。卑怯そのものだ。
煽るだけ煽って「後は自己責任」と宣い逃げるぞ。

そう、だから責任を持てる判断が必要なのだ。

騙されるな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

挑む :: 2015/09/08(Tue)

無投票は良くないと、その言葉を旗印に
日本初の女性宰相を目指す岐阜の姫が画策している。
裏にはまだ隠然と力を持っていたんだと
驚かされたかつての派閥の長が糸をひいている様子だ。
しかし、彼女かつての郵政選挙では反主流派になり
公認を得られず選挙をし、その後はないと
思われていたが。

恐らく彼女も次、もしくはその次を考えてるのだろう。

かつての大副総裁以来の岐阜の大物となるのか。


見ものだ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

安保反対 :: 2015/09/07(Mon)

昔懐かしいニュース映像が流れる。かつて
盛り上がった国会周辺の景色。それを再びと
画策している輩はきっとほくそ笑んでいるのだろう。

かつてのあの運動、実は米ソ冷戦の最中
東側の工作員によって巧妙に仕掛けられたもの。
今回も恐らく工作しているものはいるはずだ。

まぁ中韓、朝鮮のから工作員が青い学生と
議論なんてものを交わし、このままでは、
なんて燃料をぶちこみ、組織化の手伝いでもすれば
一丁上がりだ。後はどこかのタイミングで
暴徒化するよう仕掛けるだけ。彼らにすれば
チョロいものだろう。きっと本件では
公安も既にアクションしているのだろうけど
具体的にはこれからだろう。

さて、結末は?
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大人の対応 :: 2015/09/04(Fri)

所謂歴史問題が取り沙汰される時、とくに半島から
赤い資本、独裁国家が取り上げるとき
我が国は沈黙と共にやり過ごす方向にある。

ま言わしておけばよい 。
真実は皆が知っている。

大人の対応である。加えて左巻きマスコミも
彼らの主張を増幅、わめきたてる。

しかし、その大人の対応はもうやめてもいいのではないか。
かの国々は嘘も百回言えば本当になると心から信じている。
しかもその嘘を既成事実化するための工作もぬかりない。

しかも真実を知っている人は確実に減っている。

そんな環境下、何時までも黙っていては黙認していると
とられかねない。

この手の話が出た時には、都度
「彼らは先勝国でも敗戦国でもない第三国だ」

そう訴えるべきである。しかも半島は
植民地ではなく、同胞であった。今の中共は
大東亜戦争後に出来た国家であると正しい
歴史を都度述べるべきである。謝りにたいして
相手の顔を立てる必要はない。

我が国はもう少しプロパガンダを活用するべきだ。

このままでは嘘に負ける。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

傲慢不遜 :: 2015/09/03(Thu)

かの半島の南側の国は国家としての外交とか
そういった躾が出来ていないというか、
呆れるばかりだ。
昨日「宗主国」を訪れたその元首が、いきなりその
「宗主国」と共に我が国と三か国会談で合意したと
しかも来月下旬から再来月上旬の間とか。

我が国の宰相はお前達ほど暇ではないぞ。
馬鹿にするのもいい加減にせい。

しかも我が国には彼らに時間をわざわざ割くべき
案件があるわけでもない。勝手なことを言い過ぎだ。

政府は大人の対応をしたようだが、いい加減
彼らに恥をかかせてもいいのではないか。

彼らは増長しすぎだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0