何やってんだ!





墜落 :: 2015/07/28(Tue)

我が国には町の真ん中に飛行場が思いの外存在する、
そんなことを再認識させてくれた今回の事故。

滑走路の先は民家。

民家が後に出来たというのが恐らく正解と思われるが
落下物になりうるものが、毎日あれだけ
飛び交っているというのはなかなかだ。

恐らくこういう立地の飛行場は大阪八尾、小牧、広島…。
結構あるんだよな。

セスナ用、ヘリ用という需要の多さが
そこに存在させているのだろうけど。
原因の究明が待たれるが、対策でするもので
あって欲しいと思う、
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

無駄遣い :: 2015/07/27(Mon)

毎年、そう思いながらやり過ごすお笑いだけの27時間TV

今年も放映されていたようだが、この番組の意義は
未だに良く分からない。なんのためだろう?

ただこういう日があってもいいのでは、

という程度なのだろうか。

毎年スポンサーがつくのがこれまた不思議だ。
みんな消化すべき予算があったということか。

ホントその程度に思う。不思議だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新たな材料 :: 2015/07/24(Fri)

今朝の新聞1面の片隅に載っていた「和解」の記事。
某財閥系企業と現地従業員(恐らく遺族)との間で
成立したようだ。

現地は支那、当時は大東亜戦争中

そう、戦後決着のついたはずの案件での
再提訴の結末である。

こんなことをしていては未来永劫「たかられる」。

何回補償金を払わなくてはならないのか。

しかも裁判は現地中国

どうしようもない。

こんな国々とは、世界世論に訴え国交を切る位の
覚悟をもって毅然とした態度をとるべきだ。

やつらにたからせてはいけない。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

けじめ :: 2015/07/22(Wed)

いきなり過去三代に渡って経営トップが辞任する
(過去二代が未だに在籍していたことも驚きだが)
まぁ、有り体に言えば粉飾決算の責任を取った。

チャレンジの強要という、簡単に言えばパワハラを
押し通し続けた結果ということらしいが。

世界企業である彼らがそんなことをすれば
国内外から標的にされる格好の材料と思わなかったのか?
この会社、過去にはグレープ会社の機械メーカが
ココム違反で検挙され、産業スパイと言われて
海外で捕まった経験を持っていたのではないか。

脇が甘すぎる。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

よくない :: 2015/07/21(Tue)

別の時間帯に放送されたダイジェスト版を見たが
今話題の安保法案に関する説明、用いられた
モデルというか、例え話と言うか、あれでは
アメリカの手先になりますと言う印象を与える。
友人、隣人の例えだろうけどいただけない。
アメリカ人が日本人のために血を流すとは思えないように
我々日本人もきっとアメリカ人のためだけに血を流せない。

本質はそうではなくて、積極的に参加して行くことの
意義を高らかと説明すべきだった。

官邸の連中が稚拙すぎる。

あれでは野党に付け入る隙を与えておるだけだ。

慎重に大胆に
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ストレス :: 2015/07/20(Mon)

さぞかし発散されたのだろうか。

名古屋市郊外で起きた自治会長殺人事件。
犯人は高校生、その理由はストレスが溜まっていたから。
強盗をするつもりが抵抗されたのでメッタ刺しにしたという。

本当か?

凶悪な犯人像を浮かべるが、本当は気弱さ故の
暴行ではないのか。どちらにせよストレス発散の
対象にされた方はたまったものではない。

真相を知りたい。


  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

強行 :: 2015/07/17(Fri)

こうすることを日本のとある場所では猛烈に非難する。
野党、新聞はじめ各マスコミ
片方では取り組んた時間数でそうではないという。
最後の野党反対演説を行ったものを読んだが
これも究極はどこまで反対なのか良く分からない。

で採決のときは反対と採決を非難しながら退場。

場の外からこれまた非難する。

民主主義というのは最後は多数決で決めること
そう理解しているが、我が国国会では
その最後の多数決を採ることを「強行」というのは何故?

こんな疑問を呈することに誰がこたえられるのか。

根拠ないイメージ戦術でしかないのだ。

正しく批判し議論をしなかった罰だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いきなり :: 2015/07/13(Mon)

とんでもない暑さがやって来た!

そんな感じですな。今回の暑さは台風の影響で
梅雨前線が北に持ち上がったということだが
このまま持ち去ってくれたら梅雨明け…。
まだそうはならないようだ。台風が過ぎ去ったら
まだ前線は降りてくるらしい。5月の頃の
太平洋高気圧はどうしたのかと思いたくなる。

これではまだまだ寒暖の差が大きそうだ。

早くはっきりして欲しいものだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

イチビリ :: 2015/07/10(Fri)

毎度してしまうな。夜明けと共に来る憂鬱。
飲むのは独りに限る。つくづく思う。

今朝もしんどいわ

さて、本番恙無く。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

暴落 :: 2015/07/09(Thu)

この表現が正しいのか、折り込み済みでこの程度なのか。
先週末の神話の国の財政破綻危機に加えて
統制経済としか思えない独裁国家の株式暴落
そして最大市場のマーケット停止。

悪い材料が集まりすぎた感がある。

東京市場では海外事情で振り回されている。
小さな島国だから仕方ないと言えばそれまてであるが
鉄火場というのはそう言うものか。

こういうときこそいいかいものが出来るといいが。

そう考えよう
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

よかれと :: 2015/07/08(Wed)

有り難い話である。昨晩、残業中に電話。
あと一時間程度で旅先から帰ってくる
お土産あるから取りに来なさいと。
しかも中身はなまもの。日持ちはしない。
待ったなしである。やりかけの残業もそのままに
オフィスをでて待ち合わせの場所まで。
土産を受け取り最寄りの駅まで見送る。
手荷物を持っていったが、渡したそのあと
とても大変そうにもって行く。

危うく実家まで付き添いそうになる。

歳いったなぁ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

何とかでいいのか :: 2015/07/06(Mon)

半島の妨害によって、その登録も延期、中止が
危ぶまれた世界遺産登録。昨夜遅くに
登録される事が決まったようだ。
しかし、その解説にはかつての大戦時にあった
と一方的な言い掛かりをのんでだ。こんな登録の
され方なら別に拘らなくとも良かったのではないか。
歴史を直視しないのは、彼らであって我等ではない。

ましてやアウシュビッツとはまるで違う。
あそこは人種の抹殺を企て実行した場所ではない。
丁寧に反論し彼等に言いがかりはよせと、
毅然というべきだ。正直うんざり。

何はともあれ、我が国の坂ノ上に上ろうとした
あの時代の施設が登録される。特に反射炉。

昔からすごいんだな
1度目てみたい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あとひとつ :: 2015/07/03(Fri)

昨日はあれだけ押されながら、数少ないチャンスを生かして
確実に得点をした彼女たちに軍配があがった。
必死のプレーの結果、オウンゴールしてしまった
彼女には残念と同情の念を禁じ得ないが
これもゲームということなのだろう。
我が国とて同じような事が起こっていたかもしれない。
運命、タイミングのいたずらである。

さて、決勝戦

またもやアメリカとの対決

いい勝負をしているようだが、あの体格差
みんなふっとんでしまうんじゃないか?

頑張って欲しい、それだけです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

インパクト :: 2015/07/02(Thu)

そう言うものは確かにあったかもしれない。
しかし、その訴えたかったものと、その行動に
釣り合いは取れていたのか?

先日の新幹線放火事件、自殺した老人は
その理由を年金の少なさを嘆いた。
そしてその嘆きを新幹線を止め、巻き添えをうみ
死者、重軽傷者を生んだ。

彼にはそこまでのことだったかもしれない。

端からみれば正味いい迷惑行為、いや、
まさしく犯罪でしかない。

糾弾されるべきだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

良心の乗り物 :: 2015/07/01(Wed)

これまできっとそういうことだったのかな。
しみじみと思わされた事件である。
新幹線では基本的に手荷物検査なんて行わない。

フリーパスだ。

これは新幹線、特に東海道新幹線なんて
首都圏の通勤時間帯並みの間隔での運行がなされており
ここに手荷物検査をいれるということは、
山手線の駅に検査場を設ける勢いに等しい。
そのような運用にあっては、利用者も分単位で
数千人が出入りする訳でここに検査をどう運用するのか、
大きな利用者負担としてのし掛かる。
飛行機並みに出来るのか…。
まだまだ利用者の良心頼みにならざるを得ないだろう。

我が国の誇りある乗り物よ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0