何やってんだ!





恐ろしい :: 2014/06/30(Mon)

我が国民には殆ど関係なくなってしまったW杯。
テレビ番組編成も大きく変わったとか。
そのW杯、愈々決勝トーナメントに入り、
ニュース映像からも現地の盛り上がりが解る。
そんな中、南米勢同士の戦いとなってしまったブラジルーチリ戦。
最後まで一進一退の戦況。結局、PK戦まで縺れ
最後はなんとかブラジルが勝利して幕を引いた。
さてこれ、逆の結果だったらどうだったか。
ただでさえ、開催前から国内世論に色々あった事を踏まえると…。

あぁ、恐ろしい。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

段取りよく :: 2014/06/27(Fri)

仕事をこなして行く事。
仕事は段取り8分と言いますか、段取りさえ
ある程度できていれば良いわけではないのでしょうが
ここが悪いと後々までの影響が大きすぎる。

そして今、その煽りを食っていたりする。


あーあ、相変わらす間抜けだ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

前のみ :: 2014/06/24(Tue)

明日は既に消化試合ともいえるかもしれない戦いです。
相手強豪チームに二選級のメンバーを期待する始末。
相手は恐らく勝ちではなく、金に拘った試合をする。

自分達へのボーナスをいくらに吊り上げるのか、
その算段に終始するのではないか。相手は勝って
当たり前と思っている。さて、どうして一矢報いますか。

前進
あるのみです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

こなす :: 2014/06/23(Mon)

一つ一つ丁寧に。慌てる必要はない。
今、目の前には山のような困難が多々あるが、
その麓から一歩一歩片付ければいい。
いつか必ず無くなる。

だからやれ!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

なにもいうまい :: 2014/06/20(Fri)

ともかく勝利して欲しいですね。
祈りましょうか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

向かう先 :: 2014/06/18(Wed)

これが見通せない。こういうことが物凄く増えたというか
寧ろ実感する事が増えたというのが正しいか。
若い時、いや幼い時は、そこに確証なんかなくとも
見通せたと言うか、こういうことになるはずだ、
等と妄想に近い思いで動けたのに、今では
結果の担保ばかりを考える。なにもしないで。
結果の担保と言えば、聞こえはいいが
結果の先取りを考えているだけ。

格好よくないな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

主張 :: 2014/06/17(Tue)

様々な場面で登場するこれ。
的を得たものもあれば、見当違い甚だしいものまであるわけだが、
それらもよく考えれば、果たして押し通す必要があるものなのか…。
こういう視点にたつと意外な程、譲ってしまえば
簡単にみんながハッピーな結末を迎えられそうな
そんな局面が多いと思ったり。

足して2で割る。

全てこれだけで解決しないが、世の中の9割が解決しそう
そう思うことは幼すぎるのか。

日々を生活して少し感じたりして。

上手に過ごしたいな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

惜敗? :: 2014/06/16(Mon)

寧ろ完敗、といった印象だった、昨日の試合。
身体能力の差、とか言っていたが、そんなことを
言ってしまえば、「所詮クラスが違う」
そう言っているのと同じ。永久に世界一にはなれない。

さて、ここで議論したいのはそんなとこではない。
作戦面である。オラホにはそんな知見はないが、
単に印象だけの話をすれば、前々回のドイツ大会の様に
「走れていなかった。」ここまでは言い過ぎだが、
巧く走れていなかった。こういう方が正解か。
相手の方が俄然巧く走ってきたし、あの伝説の
カリスマが登場した途端、何かパワーアップしたものな。
そう考えると我が国は精神的支柱の長谷部を
下げたのタイミングは早すぎたのではなかったか。
すんだことに文句をいうのは、簡単なのでいえるのだが。

後2戦、最後まで日と一縷望みをもって応援しましょう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

開幕 :: 2014/06/13(Fri)

五輪と並ぶ世界スポーツイベント、世界杯が
今朝、始まりましたな。
この歴史ある大会を、かつて我が国では、
一部のコアなサッカーファンしか知らなかった。
それこそ国営放送のスポーツニュースの
1トピックスでしかなかった。

恐らくあの男の登場がなければ、未だに
そうだったかもしれない。あの男、そう

大空 翼

彼の登場が我が国、そして世界のサッカー界を変えた。
そして、それが日本らしい、と言うところか。

さて、我が代表はどこまで世界に通じるか。

健闘を祈りましょう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

人間なんて :: 2014/06/12(Thu)

アミノ酸とカルシウム、そして微弱な電気で構成されているだけ

そういうことらしい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

それぞれ :: 2014/06/11(Wed)

今、置かれている環境。
自分だけが特別ではなく、それぞれにそれぞれの
事情が存在し、その事情に悩み苦しんでいる。

そんな中でみんなそれぞれ解決して行くんだな。

さて、オラホあるのかな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

破壊力 :: 2014/06/10(Tue)

ネームバリューという点で、インパクト
と言った方が正しいのかもしれない。
かつてギターを掻き鳴らす事が大好きだった少年が
運良くギターを弾く事を職業にし、それだけで
生活できるようになった。

そして方々から彼の技術は必要とされ、
色々露出も増えた。

回りの我々はいつまでも心配で、彼の応援のつもりで
CDの一枚でも買ってやってほしい等と言うのだが
最近は本当に様子が一変した。

解る人には失神する程らしい。

迂闊に連れて歩けなくなった。

イメージあるしね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

一般化 :: 2014/06/09(Mon)

こういう表現が正しいのか、よくわからないけれど、
先週末はさぞかし盛り上がったのでしょうね、

総選挙

元々の意味から考えれば、かなり違うとは思いますが
しかも投票権はCDの購入者のみとなれば、
近代史に出てくる一定額の納税者のみに選挙権のあった
帝国議会議員選挙に近い?
そんな気すらしますが。

そんなことはさておき、今回のこのイベント、
CDは何枚売れたのでしょうか。
ランクインした得票数は80位の子で1万票、
既にこの時点で80万枚からの販売数が、
ゆうに想定されます。恐らくこの倍は少なくとも
販売されているのではないでしょうか。
そしてランキング発表の日。会場は56000人の入場。
チケットは8800円とか。
これだけからても弾き出される数字は30億から。
計算間違いしてるかな?

恐ろしいビッグビジネスです。

最初は7人の観客からと言われますが、
この物語を書く、かの氏はやはり天才と言うのでしょうね。

どういうアンテナを張って、得た情報を
どう加工するのか。

ここなのでしょうね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やってたのね :: 2014/06/06(Fri)

昨日ニュースをみていたら、我が国首相の外遊の話題。
ブリュッセルにいるそうだが、その目的は…。

G7首脳会議らしい。あぁ、昔サミットとか言っていた
会議のことかと理解したのだが、かつては国際
ニュースの花形というか、一大イベントだったと
思われたが、その扱われ方といい、影響力といい
いつの頃からか、おそらく沖縄サミットからだろう
その催しが形骸化していったと言う印象だ。
実際あれ以降、各国は自国の事情を優先した
行動しかとらずある意味会議の体すらなさなくなった
そんな雰囲気だ。
嘗ては各国首脳が経済的難局に立ち向かうべく
経済政策のみに特化、意見交換をし、それこそ
気体感溢れる合同記者会見があったのだが
今はさみしい限りだ。

今一度華やかな場に帰って来てほしいものだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

見えない :: 2014/06/05(Thu)

結論とか落とし所とか、交渉事等にはつきものというか
そのものを構築するために行うのであるが
始めから出ている結論の、ある意味確認しか出来ない、
断ることしか出来ない、そんなことのために
わざわざ出向かなければならない、この辛さ。

相手の望む場所へは1ミリも動かないんだけど。

憂鬱だ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

前提条件 :: 2014/06/04(Wed)

色々物事を考えるとき、明言まではしないが、
暗黙に某かの前提条件が設定されている。
簡単な加減乗除ですら、公理が前提である。
我々はその前提に則って物事を展開するよう
考えを進め、ある結論に至る訳だが、
もし仮にこの前提が違うとしたら…。

ここからの推察、ある意味妄想はかなりの可能性を持って
拡がりを見せる。結論も様々な事が出てくる。

そして、最後にどの条件に照らし合わせて判断するか。

ここが醍醐味だ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

振り分け :: 2014/06/03(Tue)

何処にどれだけのウエイトを置くか。
考えて行動しているようで、実はそうではない
結果である事が多い。仕事なんて必ずプライオリティを
つけているはずなのだが、終わってみれば
その日に起こった事をひたすらこなして時間が
過ぎていたなんてざらではないだろうか。

さて、日々の生活ではどうだろうか。
最近は歳を重ねたせいか、食事の量をある程度
計画性を持って摂らないと翌日の生活に影響する、
そんなことを実感する。そして、これまた
そう思いつつ、無計画に口に運ぶ。

そして無駄な疲労感に襲われる。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0