何やってんだ!





無いな :: 2014/03/27(Thu)

そう言うことを受け入れる。
なかなか難しいが。決める側はきっと一時の事。
しかし、決められる方は一生の事。

苦しい選択でも無いだろう。

ただ、辛い。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

焦った :: 2014/03/26(Wed)

全てはそこに原因がありそうな一連の騒動。
華々しい成果発表の記者会見から2ヶ月、
毎日の様に彼女の成果を疑問視するだけではなく
そこに追い討ちをかけるような、共同研究者からの
告発めいた記者会見。彼に至っては、自分の非力を
まるで自覚していないかの発言だ。正義の学者なら、
発表前に潰すべき出会ったと思うが。
確かに今回の研究成果は、これまでの困難な
作業が恐ろしく簡略化出来たということで
世界に激震を走らせた。だから当初の批判は
この恐るべき発見を、日本に独占させてはならない
と言う世界、いやアメリカを中心とする国が
排除にかかったと見ていた。今から25年前
トロンと言う素晴らしい日本発のOSを
スーパー301条で不当に世界市場から排除した様に。

最近に至っては彼女の私生活、生い立ちに迄
踏み込んで報道がなされているようだが、
先の仮説にたったとき、実はこの研究が本物だった場合
今のマスコミの責任は国益を大きく損ねる
結果を招いたことになる。
この自覚を持つべきである。

ただ、今回は理研が焦った結果にも思うが。


この結果大事にするべきだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

46000 :: 2014/03/25(Tue)

この数字、先日実施された大阪市の次点の投票数だそうだ。

この候補者の名は「白票」。

投票率は確か25%程度。恐らく総投票数は
50万票ぐらいだろう。
この投票率の低さ、そしてそんな低い投票率の中、
わざわざ投票にまで出向いて投じられた約10%の「白票」、
この意味を総括する事が、今回の選挙戦の
正しい民意を理解する為に必要ではな
いか。

大阪都構想は非常に夢のある、そして無駄の無い
政策かもしれないが、民意はそこだけを争点にした
選挙には興味がなかった、大阪都構想は
大きなテーマではあるが、1エレメントでしかない、
そう言うことだ。それよりも大阪活性化の為に
都になる必要があれば賛成、そうで無いならどうでもいい、
それだけだったのでは。
熱意に誰もがいつでも応えてくれる訳ではない。

如実だったな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2014/03/24(Mon)

こう言うのはつけないと、お互いの成長はない。
どうしても同じようなものがあると、比べてしまう。
これは仕方がない。差をつけたものは、その差を
維持するべく、努力するし、またつけられたものは
追い付くべく努力する。そしてその結果に
成長を期待するのだが。ただこれは片方が
腐らない事が前提である。

腐った場合、さてどうなることやら。

くじけるな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

歴史的 :: 2014/03/19(Wed)

そう言う事態が今起ころうとしている。
かつて、世界史の授業で受けたあの半島の帰属が
変わろうとしている。
国境線が変わろうとしている。
第二次世界大戦後、その混乱期を終えた後
各国の独立、占領地の返還はあったものの、
領土拡張を認めることはなかった。
それが今回は起ころうとしている。
確かに住民投票の結果ということであるが。

この意味はものすごく大きい。

仮に今回の帰属が本当に民主的な結論であったとしても
世界はこの事を簡単には認められないだろう。
我が国にしても同様だ。

例えば現時点での係争地。竹島では、北方四島では
どうだろうか。今、不法占拠されている。
彼らの民主的な方法で、帰属が論じられたら、
その帰属はどうなるのか。
沖縄をはじめとする南の島々。
大陸の連中が大量移民してきたら、そしてその結果
住民投票したら…。

考えたらこれほど恐ろしい話はない。
ロシアにすれば100年前のトラウマからの解放に
なるかもしれないが。

小さい力無い国の悲哀である。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

駆け込み :: 2014/03/17(Mon)

あと少しで3月も終わり4月が来る。
新しい年度が始まる。即ち消費税も上がる。
そう言うことで街では増税前の何とかを
ガンガン打っている。中でも強烈だったのは
まとめ買いで更に値引、とか言う企画だ。
出掛けても商品棚には物はなく、
ただカラッボの什器が並んでいるだけ。
まるで災害の買い出しの後のようだ。
最後は商品の取り合いすら見られた。

いやはや…。

まぁ、こういうときしか、こう言うセール打てないか。

しかし、凄いわ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

勝てない :: 2014/03/14(Fri)

今日は金曜日。明日はお休みを戴けそう。
今週は日曜日にほぼ徹夜に近い、仕事を処理したものだから
その疲れというか、影響をもろに受けて
始終ボーッとしている、集中力が維持できない
そんな日々である。割り切ってどこかで休みを
入れれば良かったのだが、それも叶わず今日も業務出来である。

何とか残件を片付けて、週末は静養したいなあ…。

明日も現場があるんだった。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あの日 :: 2014/03/11(Tue)

今日は、もうと言うべきか、まだと言うべきか。
3年経ちました。あの日は出張中でその出張先ですら
大きな、そしてゆっくりとした揺れを感じました。

その揺れの後、東北では凄いことになっている、
首都も大混乱。その続報が次々と。
その晩、ダイヤの乱れる中帰った、そんな記憶です。

翌日からはあの悲壮な映像の日々、流石に最後は
余程縁遠いと思っていたレンタルビデオ屋に
通うほどになっていた様に思います。
今、復興の槌音遠く、街が消失しつつあります。
高度な交通網の発達と共に一極集中は加速の一途。
荒れた土地は治安が悪化します。
そんなマイナスなサイクルが加速しないよう祈るばかりです。

今日は幸せを祈る日です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

こたえる :: 2014/03/10(Mon)

昨日は4時半に起床、6時に出発し9時には現地入り。
そこから休憩することなく昼食。そのあと休みなく
仕事が片付いたのは日付の変わる寸前。
そして、その足で家路について帰宅したのは4時前。
そして今、いつもの通勤時間に若干遅れて通勤中。

客のリクエストとは言え、この日程は強烈だ。
徹夜明けの今日、フルタイム勤務。
オラホぐらいの年齢には本当に堪える。
しかも雪の影響で、ダイヤ乱れてるし。

ついてない
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

世界の火薬庫 :: 2014/03/07(Fri)

学生時代、というより子供の頃か、歴史
近現代史の授業で教えられた場所。
そこが今、またキナ臭くなっている。

クリミヤ…。歴史上何度もその帰属を巡って争われ、
どれだけの血を吸ってきただろうか。
第二次世界大戦後冷戦時比較的安定を保っていたと
思われていたが、Berlinの壁崩壊後の
パラダイムの変更後、安定出はなく、微妙なバランスで
成り立っていただけだったのだろう。
そして今回、市民デモに端を発する一連の騒動で
旧政権は崩壊、今新政権はその主導権をどちらがとるのか
激しい覇権争いをしている。
ヨーロッパなのかロシアなのか。

どうもこの流れを見ると、某国の工作の臭いがするが。

また、荒れるのか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

巡り合わせ :: 2014/03/06(Thu)

そう考えましょう。

自分だけが悪い訳じゃない。
廻りとの組み合わせが、上手くいっていないだけだ。
結果がついてこないだけ。
結果の出ない努力はしたことにはならない、そういうことだ。

そう、巡り合わせ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2014/03/05(Wed)

昨夜から降り続き今朝、少しだけ降りが強くなった雨
この雨に打たれる度に、暖かくなってゆくような
気分になります。むしろそう思いたいと。

既に弥生3月。また新しい芽吹きの時が近づいています。

時がひとつ進みます。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

たった :: 2014/03/04(Tue)

あの事件から半年。
目撃者無し、手がかり無し、そんな状況から一転、
犯人逮捕に至った我が国の警察機構の素晴らしさに
我が国の治安維持を実感する。

捕まったのは高校卒業したての少年。

犯行動機は強盗目的。

この犯行の報酬は6000円。

たった6000円である。確かに10代の彼らには大金である。
しかし、大人のオラホたちにすれば、被害者の遺棄された
状況から別の目的であった方が余程説得力がある。

そんな邪推はさておき、我が国もいつからこんなに
安い金額目的でこんな事件が起こるように
なってしまったのか。

その事がとても悲しい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0