何やってんだ!





タイミング :: 2014/01/31(Fri)

いつも思うことだが、測るのが下手だ。
1日違いで大違いと言うか。

勿体つける訳でもなく、誰がどう喜ぶか、
これを念頭に置くのだが、この目測を誤る。

さて、今回はどうだか。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

説得 :: 2014/01/30(Thu)

出来た訳ではなく。
如何に協力を取り付けるか。
最終的にはここに落ち着いたのではないか。
ここに至るまでには、流通の各階層での尽力が
そうさせてくれていると感謝の想いで一杯だ。

ただこのままゴールに辿り着くといいのだが。

同じ失敗はしない。

そう考えながら、なんかやらかしているんだな。

情けない。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

手ぶら :: 2014/01/29(Wed)

正に今回の出張は手ぶら。
好転させる材料は一切持っていない。
寧ろ悪化させるかもしれない。
ただ、誠心誠意同じことを説明、説得するだけである。

そして、そのあとを上手に付き合えるように
がんばるしかない。

勿体ないな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

目的 :: 2014/01/28(Tue)

なんだったんだろう?

年始から大騒ぎになっていた冷凍食品への農薬混入騒動。
容疑者が確保され、継続的に事情聴取、
ウラドリ捜査が行われているようだが、
今一つスッキリしない。

犯行の動機が弱すぎる。待遇に不満だった、
と言うことらしいが、それだけで無差別殺人にまで
発展しかねないことまでするのか、そして、
そうなった今、犯人には何のメリットが出てきたのだろうか。
何もない様な気がするのだが。

大幅賃金カット、待遇の劣化、今時まだまだある話。
我慢したいところである。

ただ、容疑者の趣味と言うか、お金を掛けて
いるものをみると、相当幼いと感じる。
風貌にまるで釣り合わない。

そう言うことなのかな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まだまだ :: 2014/01/27(Mon)

寒くなる。天気予報は明日から寒さが緩むと
話しているが、そんな実感は感じられない。
後1週間もすれば2月、如月。まだまだ寒くなる。
朝の光をこがれるばかり。

明るさに気分も心も暖をつれてきてほしい。

週はじめから軽い鬱
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

好きなこと :: 2014/01/24(Fri)

好きなだけ、トコトン自身が納得する迄追求する。
そんなことを生業にして生活する。

理想である。

しかし、現実はそんなわけないのであって、
生活のために正に生業をしている。
その理想、何より羨ましいのは、

自身の一生懸けて打ち込みたいもの、
使命としてさずけられたに違いないと思うことの
出来るものに出会うことが出来た、それが
最大の幸運ではないだろうか。

未だにそういうものに出会った実感のない
オラホはまだまだ背骨のしっかりしない
何ともいつまでも中途半端なままである。

何時になったらまともになるかな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

過剰なのか :: 2014/01/23(Thu)

とあるドラマが放送開始より話題騒然となっているようだ。
ネットニュースでは毎日の様に同行を掲載している。
オラホ自身は疲れそうなので、最初から視聴する
気も無く、未だに予想される全体像だけのところで
この話題に触れるのだが、総じて過剰な反応ではないのか。

制作者側の意図は恐らく、間違いなく今ある現実を
描き出して社会に訴えると言うところだろう。

しかし、その意図に対し所謂「人権派」なのか
「現場」と称する関係だけのものなのか、
よく解らない関係者が連日
「現実にいるその子が可哀想」だの
「自殺するかも」だの発言して「圧力」をかけている。

そう言う人達にいつも疑問を覚えるのだが、
放送されなければ、また表現を変えれば、
あなたがたの指摘する偏見などは無くなるのか?

寧ろこういう偏見が存在していることを知らしめる方が
余程意味があるように思うが。

スポンサーも降りていると言うことだが、
リスクが怖いんだろうな。

昔はもっとえげつない内容の話は幾らでもあったのに。

この動き余程怖い
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

選択 :: 2014/01/22(Wed)

そんな大袈裟な事でもないのだろうけれども
生活を送れば、某かの選択を迫られる事はよくあること。
話し方ひとつ、話すタイミング然り。
そんな些細な事一つ一つが重なって、
今を形成している訳で、その結果たる今を
変更しようとする際の膨大な労力や相当になる。
だから、今を甘んじて受け入れるのか、
変更を試みるのか。安きに流れれば、現状肯定すれば良い。
ただ、そのあり方も終わりないであろう
些細なストレスを継続的に受け止め続けなければならないが。

さて、どうしたものか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

進め進め :: 2014/01/21(Tue)

兎も角進め。

今取り組んでいる案件の状況だ。背景が大きすぎて
我々の立ち位置すら解らない。だから、
対応も先方の意に沿っているかも解らない。
しかもその事は客先には関係のないことで
正直、混乱ばかり。

落ち着こうにも落ち着きどころがない。

参ってしまう…こんなことばかり。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

思い込み :: 2014/01/20(Mon)

負けた。

正確に言うと、こっちは勝負すらさせてもらっていない。
そんな負け方だ。進捗確認、確かに通り一辺倒だったかも。
しかし、こんな結果なら、なぜ彼らは真面目に
回答してきたのだろうか?
相手の意を汲もうとしていなかったか?
相手の気を悪くさせるようなことをしたか?
完全に後手に回ったのか?

悩ましいばかりだ。

やはりオラホにセンスがないのが一番の問題か。

鬱になりそう、
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

思いを汲む :: 2014/01/17(Fri)

長い時間が経過し、関係者の数もだんだん減って行く
あの恐ろしい、日本初の無差別テロとも言える
あの事件の実行犯のひとりの裁判が始まった。
しかも裁判員裁判だという。犯した罪がシンプル
と言うことなのか、争点がはっきりしている
と言うことなのか、そうなった経緯は不勉強だが。

さて、その裁判の場で被害者家族が自身の
肉親を失ってからの日々の長さと、かの被告人の
逃亡生活の日々の長さを比べて、その辛さを語った。
そして、その思いが被告人に届けば変わる
かもしれないと、性善説に立った会見がなされた。

思いをくんでほしいと。

その被害者家族の態度は確かに賞賛されるべき
ものだと思うが、果たしてそれが届くのか。

長い逃亡生活、これは被告人は恐らく自身が
拘束されたら二度とシャバでは生活出来ない
そういう恐れだけでなされた事だ。
ましてや、被害者家族の言う通りに全てを話しても
その状況が改善される訳でもない。
そうなるとどうなのか。

恐らく思いははるか彼方に、とならざるを得ないだろう。

裁判の展開が気になるところだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

楽観的に :: 2014/01/16(Thu)

たち振る舞うこと。
なかなか難しいことである。何もなく振る舞えば
ただの馬鹿でしかない。
では、何処まで準備すればそうなれるのか。
これも際限のない話である。つまりは何処までも
不安、悲観は続いて行くのである。
ただ、裏付けのある虚勢を張るだけだ。

前に出ないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まだまだ :: 2014/01/15(Wed)

冬至を過ぎ年が改まってゆくものの、朝自宅を
出る頃は暗く、夜明けの来る時間が早くなって行くには
時間が掛かりそうですね。

そんな暗闇の中、自宅を出て行く時、
その日の過ごし方を思い描きつつ出掛けるものの
行き当たりばったりの行動しか結果として
出力されない、そんな自身に呆れる。
毎日縷々としてしか生活していない証拠だなと
自嘲してしまう。

なんか、しっかりしないと
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気にしないと :: 2014/01/14(Tue)

毎朝、パリッとアイロンのかかったシャツを着て
ネクタイを締め出掛ける訳だが、そのシャツに染みが…。
それだけでその日一日が調子悪くなりそうで、
そのシャツは新しいものに着替える訳だが、
やむを得ない事情でそのままなければならない場合もある。
しかし、その場合しかもオラホのような人生も
そこそこ過ごしてきたであろうと想像される男が
そんな風ではみっともない、なんて思われないか、
それだけで一日ソワソワ。

やはりシャツひとつだが、納得した状態なものを身につけたい。

なりからだな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

月給取り :: 2014/01/13(Mon)

最近でこそ、いやここ数十年使われなくなった
言葉かもしれない。
その意味と言えばこの場の通りで、毎月決まった
給料を貰ってくる仕事。則ち会社員であるとか、
公務員を指している。
月給なんて当たり前なのだが、それがわざわざ
「月給取り」という言葉として存在すること、
これはかつて、戦前(この表現も古いか)、
日本の給与制度は、日給、週給が当たり前の時代で
月給なんてものはほとんどなかった。
第一月給なんて言ったらそれまでの生活も大変。
そう、月給をとれる人なんて元からある程度の
生活水準を持ち毎月安定して働ける力のある人。
則ちエリートと言うことだった。

そして今、非正規雇用が多い中、今度は正社員という
言葉がそれに変わりつつあるのか。

格差…でもないだろうに
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

寒っ :: 2014/01/10(Fri)

今朝は今季最大の寒気団が日本列島を覆っているそうで
各地氷点下超の最低気温。
寒さ対策に少しでも足しにならないかと、
スリーピースを着てみたが、まるで効果無し。
新年から一日も落ち着いていない煽りからか
えもいわれぬ倦怠感が続くし…。
この寒さがかこの感覚を増長させるし。
ホントゆっくりしたいんだけどなぁ。
そんなことをぼやきつつ、今日が終われば、明日はお休み。

でも、ゆっくり出来ないんだよな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ルーティング :: 2014/01/09(Thu)

毎日の事、しかも必ず必要と思われること。
こういうのはちゃんと頭の中に置いて確実に
こなすべきなのだが、必ずと言って良いほど
1つ忘れている。それが欠けているがために
何も出来ない程の事態には至らないが
それでも猛烈な不便となる。こういった事態を避けるには
前もった余裕ある準備、マストリストの作成なのだろうが
日常生活迄これを展開するとなると、正直辛い。
とは言え何か良いアイデアあればいいのだが。

意識的だけでのりきれるか?
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やはり :: 2014/01/08(Wed)

帰らぬ人になってしまったか。
昨年の入籍のニュースを聞いて、いよいよ本当の意味で
身辺整理を始めたのかな、と嫌な予感を感じていたが
その通りとなってしまった。
昨年の春、一時復帰したのは、そういう意味では
方々の関係者に対し、一旦義理を果たした格好になった。

彼は、当時誰も手を突っ込みたがなかった
政治問題、しかも全面保守、(右寄り)を打ち出した
番組作り、中途半端な左翼がした顔で扱っていた
差別問題も関係者を呼び出したり、タブー、
というよりも「過剰な自主規制」を解除してきた。
かつてより議論が難しくなっているテーマにも
「東京以外」だから出来るとの姿勢は多くの共感を得たと思われる。

政界特に現総理は彼に大きく支えられた一人ではないだろうか。

年始早々の訃報に、合掌
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あけおめ :: 2014/01/07(Tue)

今頃、今更である。

最近は本当に気の向いた時にしか更新しないし
しかも格段に内容の薄いものになってしまっているので、
何時フェードアウトしても良いかなと思いつつ続けている。
既に何らかで続けて行くことが目的になっている。
ネット上のごみを生産しているだけだが
もう少しこのまま、このペースでやって行こうかと。

今年も宜しく
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0