何やってんだ!





何処までも :: 2013/11/29(Fri)

日本国内なら日帰り出来ちゃうんじゃないか?
今の交通手段の発達ぶりは、凄いと思う。
今日の出張先は恐らく、空路に近しに陸路に遠し。
陸路で向かうのだが、新幹線の乗り継ぎである。

そう、この新幹線は日本を狭く近くしている。
採算性、ストロー現象等の問題点の指摘はあるものの
かつて田中角榮が日本全国に新幹線を走らせれば
東京も大阪も新潟も関係なくなると熱く語っていたが
その思いは利用すると実感する。

いつも一番自分にとってよい場所に住まわせてくれるのだから。

お金は掛かるけどね。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

話題 :: 2013/11/28(Thu)

あまり親しくない人との会話。
しかも相手とは損得抜きでの関係を構築しなくてはいけない。
そんな時に相手との距離を詰めてゆく会話とか行動
色々考えるのですが、いいアイディアが浮かばない。
きっと、自身へのお得感の無さと義務感が
より拍車をかけてアイディア出しを拒んでいるのだろう。

だったら、その努力を止めてしまえばいいと思うのだが
助平なんでしょうね。維持だけを考える。



スッキリしないねぇ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

パラダイム :: 2013/11/27(Wed)

こういう方をすると格好がいいんだけれども、
身近に言えば周囲の環境が変わると言うこと。
例えば上司が変わったり、社長が交代したり
客先も担当者が変わったり。この「枠組み」の
変化をどう考えるかが、所謂「センス」なんだろう。
そこは変かを求めない自分にお構い無く、そして
容赦なく向かってくるものでしかない。

そしてそれを上手く凌ぎつつ如何に自分の環境にするのか。

これもセンスなんだな。

そのセンス手に入れたい
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

同じ :: 2013/11/26(Tue)

失敗を繰り返す。
よく同じ失敗を繰り返す、と言われ落ち込む事も多いのですが
同じような失敗は多いけれども、同じ失敗は実はないのではないか。
屁理屈になるような議論ですが、かなり共感できるのではないかと。
物事に全く同じ場面が登場するのは相当稀で
或似た状況の中で、その失敗した局面との差異から
修正して対処する、その修正に経験がないことが
その失敗を呼んでいる、そう考えるのは
あまりにもご都合主義な話だろうか。
実際、余りにも前例から離れている事象が多い。

やはり、勝手か。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

おはようございます。 :: 2013/11/25(Mon)

今朝は風がかなりきついですね。ただ比較的暖かいのが救いです。
寒暖の差が激しいから、体調気を付けないと。
今日も頑張りましょう
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気づく :: 2013/11/22(Fri)

昨日は何年かぶりに四日市の駅前に出た。
普段は車で工場地帯を走るのみなので、
こう言った商業エリアに来るのは、下手をすると
10年近く訪れていなかったかもしれない。
感想はありきたり。十年一昔とは…。
この言葉の通り、駅前は結構再開発されていました。
まぁ、少し走ればいつもの風景に戻りましたが。

それでも変わることのできる力がこの街にはある、
他の地方都市は変わる力を持てず寂れてゆく
ケースが多いことを見ると、凄いのかなと思います。

再開発ばかりが良いわけではないのですが
それでも活力ですもんね。

景気が変わるともう一度変わるかな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

久しぶりに :: 2013/11/21(Thu)

今日の出張先は遠方ではないのですが、
それでも5年以上訪れていない場所。
最近、本当に縁がなかったものだから、
そこがどう変わったのか、楽しみと言うか
素直に知りたいと言う所です。

肝心の業務をまずはうまく処理しないと。

満足戴かないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

共感する :: 2013/11/20(Wed)

何事においても、こういうことが大事なんでしょうね。
自分以外の人と仲良くする、動いてもらう、
そうなるためには、内容を理解してもらう
そして共感してもらわないと、事はうまく運ばない
この事につきるのでしょうね。

なかなかうまくいかないけどその努力が実を結ぶ
そう信じて一生懸命伝えなくてはいけないんでしょうね。

さて、やりきれるかな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

習慣 :: 2013/11/19(Tue)

そういう風になると善いものとそうではないもの、
ありますね。例えば朝の早起き、これなんかは
きっと最も推奨される習慣のひとつでしょう。
しかし、この事で二度寝してしまったり、
昼間毎度の様に船を漕いでいたりすると、
果たしてこの習慣は善いものか、なんてなる訳です。

実際、この投稿も日々のどうでもいいことを
書き連ね、自身の溜飲を下げるだけの行為も
ストレス解消には良いのかもしれませんが
目にする人には如何なものかと。

あ、誰も目にしていないか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

アクシデント :: 2013/11/18(Mon)

今朝いつも通りに駅に着くと、いつも通り電車も
ホームに滑り込む。そしていつも通りに
電車に乗り込み出版を待つが扉は閉まらない。
何かあった様だ。朝の時間のこう言ったことは堪える。

約10分後に発車したが、このあとの乗り換えに
どれだけ影響があるのか、軒並み遅れるかと
半ば諦めつつ、この後のスケジュールを思いながら
今日は乗り換えの度にダッシュするのか。

いい歳して子供みたいな事である。

でも、イラチだもんな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

立回り :: 2013/11/15(Fri)

損な役回りといいますか、何故か厄災みたいなものが
その人に集中するかのように廻ってくる
そういう風景をよく見ますね。
と言うか、そういう想いをすることが多い
そう感じる人、多いんじゃないでしょうか。
かく言うオラホも感じている訳で。
ただそういうのを端から見ると、もっとやり方が
あるんじゃないかなと。
また、悪循環に入ってしまっているなぁ、と。
そしてその原因はその人の風格なんでしょうな。

相応しい行動…それをもっと追求すること
これが大事なんでしょうね。

しかし、下手くそだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

寒い :: 2013/11/13(Wed)

毎年、毎回なのに慣れませんね、冬の訪れ。
いきなりやって来て、そのまま居座る、
そんな感じではないでしょうか。
なんというか、その徐々に諭すかのように
やって来る事は出来ないものかと。

ただ、そんな冬の訪れ方も最近は、ある意味
こういうサイクルが全ての事に当てはまるのかな
そんな妄想に耽ったりします。

全てがいきなり、みたいな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

猛烈 :: 2013/11/12(Tue)

先日から連日報道されているフィリピンの台風
今朝の日本の冷え込み。
どちらも強烈な印象ですね。

両者を並べて評するのは、不遜やも知れませんが、
台風にせよ、寒波にせよ、ある程度の予報が
されていましたが、どちらもやって来てから
泥縄ではないですが、自然相手になると
こうも無抵抗なのか、と呆然とするしかないのかと感じます。

それでも日常は続く訳で、
ひたすらに前に進むしかないのですな。

なんか鼓舞しないと
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いきなり :: 2013/11/11(Mon)

やって来そうですね。冬。
長い長い夏がやっと終わったのが、前月下旬。
秋が来たなぁ、なんて思っていたのも束の間、
今朝は真冬並みの気圧配置と寒気、
北海道では吹雪いているとか。

急激な 環境変化は身体に猛烈なストレス
こんなとき、気の緩みから風邪を拾ったりして。

周囲環境もさることながら、自身も気を付けないと。
しかし、まだ暖房準備出来てないし。

寒いんだろうな、今晩
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

どうかなぁ :: 2013/11/07(Thu)

毎度、いやでもやってくるこの日。
成長したのかな、止まってしまったのかな、
それとも退化しちゃったのかな。

そんなことを考える。

今のオラホを考えると他の人はどうなのかな、
そう考えてゆくと本当に成長していないというか
厚みが全然増していないというか。
最近言い聞かせることが増えた。

「いい歳なんだから」と。

「それなりの責任を背負っているのかい?」とか。

まるで情けない言葉である。
人に厳しく自分に甘い。自分のことしか観ていない。
これでは益々駄目でしかない。
ちゃんと通過しないといけないんじゃないのかい。

いつまでもこのままじゃないんだよ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

常識 :: 2013/11/01(Fri)

昨日ある新人参議院国会議員の園遊会での
行動が大問題になっている。
誰もがコメントしているように世が世なら死刑であろう。

ここで問題になっているのは、やんごとなき今上陛下に
政治的メッセージを渡すことで政治利用をした
ということらしい。

しかし、この事件はとても興味深い事件である。

現在の我が国の日本国憲法では、天皇は象徴であり、
憲法に定められた国事行為のみを行うにとどまっている。
要は政治的な大権は持ち得ていない。

ここでかの国会議員は左翼系と思われる。
恐らく若い頃なんてへっちゃらで皇室否定なんかの
話をしていても不思議ではない。

そんな彼でも国の一大事となれば、国会議員の
自分の持つ力で相当な事ができるはずなのに陛下に頼る 。

如何に我が国の戴く陛下が国民の精神的支柱と
なっているのかを物語るものである。
それだけにこのようなことは常識的にも憚られる事であり
するなら命をかけるべきなのだ 。

彼にそこまで覚悟はあったのか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0