何やってんだ!





小変更 :: 2013/09/30(Mon)

今週から所謂下期意識に切り替わる人が多いと思われますが
それを意識させるのがTVの改編でしょうか。
毎朝見ている番組も少しリニューアルされたり。
1月、4月、10月。
いいタイミングで何かを見直す切っ掛けがあります。

自身を点検しますか。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

速い? :: 2013/09/27(Fri)

今週は台風が横をすり抜けた途端に涼しさ倍増、
昨夜は結構キツイ風が吹きわたり、今朝は肌寒い。

数日前迄のほぼ熱帯夜状態からは、すっかり
様相が変化してしまった。
急激な季節の変化、このまま冬まで舵をきって
一気に突き進むのではないかと思うぐらい。

夏の疲れが一気に来そうです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

非常識…? :: 2013/09/26(Thu)

半島では訳のわからない法案が国会に提出されたと言う。
旭日旗の使用禁止である。詳細は不明だが、
記事を読む限り、かの国の中で掲揚は勿論
人目に触れる事は違法となりそうだ。
何でもかつての日本の軍国主義の象徴だそうだ。

呆れてものが言えない、とはこの事だ。

旭日旗は、日章旗と共に明治以降日本が国際舞台に
登場以来、使用されている伝統のある我が国を象徴する
重要なアイテムのひとつである。
その国際社会で尊重されているものを排斥しようとする
かの国の民度の低さ、国際常識の欠片の無さを
(新日鐵訴訟で既に明らかか)
示す典型的なものなのだろう。

かの国には「表現の自由」と言う基本的人権は無さそうだ。

実際、彼らも困らないのだろうか。
彼らの大好きな某新聞社の社章しかりだ。
そう、唯一良いことがあった。

かの国の人前で旭日旗が焼かれることは無くなりそうだ。

かの国には「恥ずかしい」と言う言葉は無いようだ。

みっともない
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

割りきる :: 2013/09/25(Wed)

と言うのか、諦めてしまっていると言うのか。
何かに向かって突き進む姿は、その過程、みっともない
外観になりながらも、その闘志溢れる姿に
感動とか心動かす何かがあるのだが、その対極にある
割りきった、諦めきった姿は、余りにも
言いたくはないが醜く、哀れである。

そんな姿を目にして、自身を奮い立たせる。何とかしないと。

まぁ端から見てだが。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

自制 :: 2013/09/24(Tue)

たまにやってしまう暴飲暴食。
しかもここに寝不足が加わる。
どうなるか。急性アルコール中毒。
深刻ではないにしろ、本人は相当辛い思いをする。
いつまでたってもやらかす。恥ずかしいと言うより
情けないという方が正しい言い方。

解っちゃいるけどなんとやら。
心配してくれる人がいるうちが華だけど。

自立しないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

忙中… :: 2013/09/20(Fri)

は閑あり、こういう言葉がある。
意味については深く考える事もなく、
毎日を過ごしていたりする。
それで冒頭の言葉を実感する所があるのか、
きっとあるのだろうけれど、それはto doを
思いきり忘れてしまって、ポカンとしている
それだけだろう。
今日も残務の消化からスタートだ。

どうやったらこなせるかな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

選ばれた人 :: 2013/09/19(Thu)

エリートと言うのか、はたまたスターと言えばいいのか。
人より抜きん出ると言うのは、必ず何かがある。
コツコツ積み上げた結果だったかも知れないし
いきなりのひらめきなのかもかれない。

けど、それを活かすのは、突き詰めると
それまでの経験なのかなと。
場数の多い少ないではなく、なんと言うか
納得できる集中力を使って導いた結果の数なのかなと。

生きてきた長さじゃないな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

実感 :: 2013/09/18(Wed)

朝晩の空気は冷気を帯び、日中は軽さを導き
真夏はもう過ぎ去ったのだな、と印象付ける毎日。
ただ、最高気温の高さが秋を感じさせないだけだ。
しかし、日射しは季節の経過を残酷に正しく伝える。
毎朝の事、新聞を大体似た様な時間にひろげる。
冬場は暗い中電気の明かりのもと、夏場は朝の日射しのもと
新聞を読み進めてゆく。では、春先と秋口はと言うと
いつも読む新聞に日射しが入り込みなかなか
読み進めることができず、自分の姿勢をいろいろ変える。

こんなことが、季節の経過を容赦なく伝える。
そして、ふとこれまでの時間を問いかける。
時間が余っているのか?

時間の使い方を知らないのか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

山場? :: 2013/09/17(Tue)

一体、いつが勝負所なのか。
このタイミングを見極めるのは非常に難しい。
相手が今勝負していますよ、なんて教えてくれれば未だしも
こういう駆け引きをしている場面でお人好しなんていない訳で。
そこの見極めですね。
恥ずかしながら、未だにこういうの下手くそ。
多角的に分析できないと言うか。
むしろ相手からはこっちの考えが手に取るように
ばれてしまっている口。所謂顔に何でも書いている、
馬鹿丸出しと言うところ。

さて、今日もプレゼン。また、馬鹿丸出しに
ならないように注意しないと。

しかし、下手くそ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今度は :: 2013/09/13(Fri)

間違いない!
そういうことになるのか。トルコで発生した日本人強盗殺人事件。
当初逮捕された容疑者は、被害女性の面通しが決め手と
報じられていて、はて慣れ親しまない外国人の顔判別つくのかな?
そう思っていたが、今朝の別の容疑者逮捕との続報
そして証拠品の発見やはっきりとした動機が
決め手となった様だ。
今回は先般の意識朦朧とした被害者の主観に依らない判断と
「一応」思われるので間違いないと推察されよう。

しかし、誤認逮捕された方は既に釈放されたとのことだが
謝罪その他のフォローはあったのかな?

余計な心配か?
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

仮説 :: 2013/09/12(Thu)

仮設かもしれない。
自らとは言え一旦放棄した市場に再参入しようとすると
過去からその時までの財産も手放したのも同然
この埋蔵金の発掘作業から始めないといけない。
しかもそれは徳川並の伝説に近いところから
(そこまで酷くないか)
宝探しを行うに等しい。そしてその道筋を
今から引くわけだが…。

強引な想定から始める。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

凱旋 :: 2013/09/11(Wed)

昨日、一昨日と東京五輪誘致の立役者達が帰国、
特に昨日の成田空港、東京都庁は正に凱旋に相応しい
都民、国民の祝福と歓喜の嵐で本当に良かったと思う所である。

結果が勝利したことによる今回の風景、
嬉しく羨ましい光景だ。

翻ってわが社は同じく勝利し、今回受注した訳だが
そのコスト我々にとって非常に高いハードルである。
しかもこのハードルが他社ではあまり高くないらしい。

まずはこのギャップを埋める作業から
スタートしなくてはならない。

この環境、勝ったのに空気は重い。

これも実力だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

読み違え :: 2013/09/10(Tue)

こんなことは日常茶飯事、こんなことでは駄目なのだが
以前から予定されていたにも関わらず、
出張準備室の時間配分を読み違え、
今朝は起床時間を読み違え、
朝の家事の時間を読み違え、

その結果、乗るべき電車の時間に間に合うかハラハラし
その上今日の商談の補足資料を忘れている。

全てが片手落ち

なんか嫌になってしまう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

決まったな :: 2013/09/09(Mon)

東京五輪。これから7年後の夏にやってくる。
元を正せば、前東京都知事の石原慎太郎が
日本に再び自信と夢と希望を、と始めたこの活動。
実って本当によかった。

そして何より政府、特に財務省関係者。
これで少々消費税が上がっても、
景気減速の材料にはならない。

かつてバブル真っ盛りの中、消費税を導入した環境に似ている
気分は五輪成功に向け何がなんでもものは動く。

そうもう決まったのだ、おそらく。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

意思統一 :: 2013/09/06(Fri)

この事が物事をそれなりの人数で推進して行くには
必要なことであるのは間違いないのであるが
その為の道具として会議等を用いディスカッションし
方向を定めてゆく。またこの会議をスムースに進めるため、
この目的のためには、そう、資料が必要になる。

そしてこの資料作りが曲者。

特に得られている情報量が少ないものを如何にも
説得できるかの様な話にしたてなくてはいけない。

まあ、叩かれて終いだろうけど。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あがらない :: 2013/09/05(Thu)

いい歳したオヤジの言うことばではないか、
本音は本当に全くと言っていいほど、あがらない。
仕事、業務、経営なんてものは、常に計画され
予定し、その内容を粛々とこなせばいいはずで
そこに精神的なファクターなんて排除されていて
しかるべしなのだが…。

恥ずかしい、責任感~いろんなものに対する
それが欠けているんだろうな。

いい歳して。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

持たざるもの :: 2013/09/03(Tue)

対人関係に於て力関係を決定するのは
常にこのキーワードに由来すると言っても
過言ではないだろう。
ライバルとの競争の中、一歩前に出るには
ライバルの動向に関する情報量、売り込み先相手との
濃密な関係を築いている期間、量…。
これらが不足する時、どうなるか。

全て言いなりにならざるを得ない。
まだまだソースの少なさ、蓄積量の少なさ
こう言ったものが、露骨に商談の潮流に悪影響を与えている。
一度手放したノウハウ、再構築には恐ろしいほどの
手間、暇、金がかかると言うことだ。
さて、次はどうなるか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0