FC2ブログ

何やってんだ!





過程かな :: 2013/07/05(Fri)

我が国では、国政選挙の告示がなされ選挙戦に突入した。
今回はかれこれ20近くは経過したであろう

衆参のねじれが解消されるのか否かが大きな焦点と思われる。

快進撃、イケイケの現政権に、疑問、不安を感じる層が
どれだけ出るのか、また、その不安の受け皿になる
勢力がいるのか否かがキーポイントだろう。

海外に目を向ければ、ネットを発端とした、として
盛り上がりを見せた「アラブの春」のエジプト。
あの盛り上がりの後に「民主的な」選挙によって選ばれた
イスラム勢力によって樹立された政権は
その後、イスラム原理主義に基づく法改正を続けた為に
かつてより独裁色を強め、その結果は
軍介入による「クーデター」と言う、「暴力的な」手法で
かつての秩序を取り戻そうとする皮肉な現実が展開されている。

今回のエジプトケースには、エジプト国内事情以外の
要素も絡んで、今回の展開になったとも言えるが。

「民主主義は面倒臭いが、いま人類が考えつく最善の方法」
そう語ったが、まさにそう言うときなのだろう。

最大多数の最大幸福

なかなか難しい
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0