何やってんだ!





ミス :: 2013/01/31(Thu)

多いんですな。ミスが。
一寸したケアレスミスから、オオポカ迄。
毎日某かの間違いを犯してしまう。
注意力散漫、その典型と言うか。
見積書の項目を一つ勘定間違えたり、
客のリクエストを手配し忘れたり。

メモを書かない事がその原因と言うこともあるが
書いていてもしでかしている、そんなことすらあるから
質が非常に悪い。

対顧客に神経を使い、その上このポカに気を使う
この当たり前を実行していて、基本でズッコケ、
何をしているのか。

ポカヨケ何かいい方法ないかな。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

戦え! :: 2013/01/30(Wed)

独り善がりな思惑に端を発する工作
唯他人を貶めるだけの告発
成果が出ないように、遠ざけられる情報。

こんな理不尽には、絶対に負けない。
こういう害虫をさっさと駆除するべくたちむかうだけだ。

恥ずかしい話だ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

近いもの :: 2013/01/29(Tue)

今日は日頃は新幹線を使って伺っている得意先に
車で伺うことに。新幹線を使おうが、車で行こうが、
共に2時間強の場所である。言えば近いものである。

しかし、単独ではなく、お客さんをのせての移動、
これが猛烈に気を使うんだな。

近いけどね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

知らない内に :: 2013/01/28(Mon)

他人の恨みを買う。
恨む人には、それなりの事があったのだろうけれども
恨まれた方には、とんと見当がつかない事がある。
恨んだ方が悉く、「嘗てのあのさ怨み」なんて
申し立ててくれれば、対処もしやすいのだが、
概ねそんなことはなく、陰湿に影からよく判らない仕掛けで
そいつを貶めるべく行動をとる。
それが回りに与える影響なんて、関係ない。
そいつは、それが正義と信じて疑わないのだから。

馬鹿なことしてると思いつつ、彼に哀れみを以て接しよう。

ただ彼には、怨みが晴れたそのあと何をしたいのか
一度聞いてみたいと思うが、多分何もないか。

力見せたいだけだろうし。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

冬真っ盛り・・・ :: 2013/01/27(Sun)

連日寒いですね。名古屋は週末、
日中から吹雪いていました。 
今日は少し暖かくなったかと思えば
今夜から、また降るようです・・・。

夜景を豊にする程度の雪なら良いのですが。

来週末は節分、変わり目になってくれると良いな
とそんなことを考えます。
明日は月曜日、また仕事が始まります。
出張が多いのが気晴らしになってくれると
良いなぁ、なんて都合の良いことばかり考えます。

心も冬真っ盛りです。
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

一年たったか :: 2013/01/26(Sat)

今日は、年一回の集まりです。
世代を越えた有意義なお話が聞けるのを楽しみに
毎年参加するようになりました。
オラホもだんだん受けとる方から与える方へ
立場が変わりつつありますが、その立場にふさわしくなってきたか
と言うとまだまだだなぁと、恥ずかしさで一杯です。

何はともあれ、楽しもう
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2013/01/25(Fri)

何なんでしょうか。
人は敵を作らないと、自己を維持できないのでしょうか。
自分のポジションを確保するためには、必要なのか。
そうしなければならない程の何かがあるのか。
彼らには、そこにしか居場所がないのか?
そのターゲットになった相手は悲惨である。

隠蔽、抜け駆け、サボタージュ、そいつを潰すためには
何でもこいである。

まぁ、まだ殺されないけどね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

無理なんだろうけど :: 2013/01/24(Thu)

アルジェリアのプラントテロ事件、痛ましい報道が
連日なされている。社命で、そして自らの可能性に賭けた
その結果の状況として、端から見れば如何にも残念無念である。

この悲嘆に暮れている遺族に配慮し、政府、日揮は犠牲者の
実名発表を差し控えたわけだが、報道協定があったのだろう
翌日には、あの国賊左翼新聞が実名報道に踏み切った。

これにともない各社追随せざるを得ない事となった。
実名報道の是非は議論の別れるところで、
今回の当初発表しないと言う措置には疑問があるが、
それ以上にけしからんのは、あの新聞の協定破りである。

特権的に情報を得ておいて、他社を出し抜く手法、
これは卑怯だ。他の独立系報道機関が記者クラブに入ることなく
独自のルートで得たものを報道する、この本来の報道姿勢から生まれたものなら
賞賛に値するが、彼らのは卑怯の一言、
いたずらに遺族を悲しませるだけだ。
只でさえ悲嘆にくれ、神仏も信じられない心境の彼らに
まさに傷口に塩を塗る行為だ。

早く潰れないかな、あの新聞
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

恥ずかしげもなく :: 2013/01/23(Wed)


昨日、久しぶりに卵巻きを無性に食べたくなって
作ってみたら、思いの外の出来の良さに撮ってしまいました。
まぁ、恥ずかしくもなく、と思われる方も多いと思いますが
嬉しさあまりの行動です。

ご容赦を

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

早く速く :: 2013/01/22(Tue)

キャプテンシステムから始まったパソコンの通信システム。
ダイヤルアップ、光通信と進化を続け速く大量のデータを
やり取り出来るようになったはずなのだが
それにともないデータ量の増加だけではなく
当然ユーザー数も爆発的に増加しているから
占有できる(感覚)の升は同じなのかもかれない。

インターネットでイライラするとき毎度自分を慰める想像である。

はぁあ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

幅かな :: 2013/01/21(Mon)

「滝川クリステルって、実物かなり綺麗なんだろうな。」
「そうですか?」
「常磐貴子って、実物は実際は可愛いよな。」
「そうですか?」
「壇蜜って、実物じつは清楚とか。」「そうですか?」
「そう思ったり、妄想しない?」
「私には、全部おばさんです。」

そうか、20前半のニィチャン達には30越えの
熟れた感じの女性は、既に「おばさん」なんだな。
確かに振り返ると、オラホもそうだったなと。

歳を重ねると、選択肢が増えると言うか、
年下の数が増えると言うか。

ただ、きれいと思えるものが増えてることは良いことかな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

何もなく :: 2013/01/20(Sun)

ただ時間だけが過ぎていった様な日曜日

たまには、こんな日も良いのか。。。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

早い… :: 2013/01/19(Sat)

今日は予定外の休日出勤。
何の事はない、納入した設備がまた不具合を起こしたのだ。
この不具合、前回と全く同じ症状で、しかも半年で再発だ。
当然ながらお客はカンカン、お詫びに伺うと言うことだ。

設備というのは面白いもので、手間のかからないものは
全く手間が掛からないが、今回のように面倒をかけられると
それはそれで、トコトンだ。

さぁて、朝から出張です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

命懸け :: 2013/01/18(Fri)

政情不安な国というのは、こう言うことが日常茶飯事
とまでは、言い過ぎかもしれないが、
多分小競り合い程度のことは、当たり前なのかもしれない。
今回のアフリカ北部で発生した石油プラントへの
襲撃事件も、成功はしなかったものの、
小規模のものは毎日のようにあったのだろうな
そんな想像すらしてしまう。

エネルギー権益は国家間の係争要因の主要な一つである。
反体制組織が手中にしようとアクティブに出るのも
充分考えられる事である。
恐らく企業側もカウンター要員を配置していたと思われるが
それが機能しきれなかったということだろう。

このニュースに触れて思うのは、この地での仕事は
究極の3Kだな、と言うことである。

軍人だけではないということだ、
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

18年 :: 2013/01/17(Thu)

もう、それだけの年数がってしまったのかと
時の流れの早さに驚愕します。
あの月曜日の朝、実家住まいだった頃、
家では朝、起床を迎える直前のいつもの定期便か、
と思っていた振動。ただ、何時もより若干長く
はっきりとしたものだったかな、程度の認識。
あの後の夜明け後の惨事は、皆さんの知るところだが
学生時代を過ごした街の破壊のされように呆然とした。

2年前の東日本大震災に、当時の記憶は、
彼方はるかに行かされ、押しやられたが、今でも鮮烈だ。

今日は、少し昔を思い出したいな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

着ぶくれ :: 2013/01/16(Wed)

冬の通勤電車は、皆さん厚着されるものだから、
同じような人数であっても、混雑感が増す印象をうけますな。
むしろこの厚着が車内の温度の維持に
役立っているのではないかとすら思いますね。

そんな中、デイバッグとか言うんですか、
昔はナップサックとか呼んでいたような
鞄を背負って乗り込んで、我が意を得たりとばかりに
そのままでいる人。後ろでは不要な出っ張りに
悪戦苦闘というか、鞄の角辺りが当たって痛かったり
していますが、お構い無し。
尤も、人の目は顔、即ち前方にしか向いていませんので、
推し測れと言うのが理不尽なのかもしれませんか、
振り返る気遣いぐらい欲しいものです。

ただでさえ、ストレスのたまりやすい場所です。

気づいてくれないかな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

人の数 :: 2013/01/15(Tue)

年末年始休暇後の三連休。
先週の初出に対するいいウォーミングアップという感じで
この休日は非常に有難い。
そんな中、昨日は我が町では大雨になったが
関東地方では大雪に見舞われ、報道特番まで編成される程の
大混乱ぶりで、交通網は著しく機能低下を引き起こし
航空、電車、果てはバスまで動かない、
自然災害時のお決まり(そこまで言うと失礼か)の
風景が流れていた。幸い祝日だったお陰であまり大袈裟にならなかった
ということだろう。

しかし、毎度首都圏でこの事がプライムニュースで
しかもかなりの時間を割いて、全国に垂れ流すというのは…

ヤッパ人が多いということだな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

毎度思うけど :: 2013/01/14(Mon)

今年も迎えた成人式。方や例年通りというか、
オーソドックスな講演会付きの式もあれば
どっかの敢えて言うけど馬鹿みたいに
キャラクターショーで盛り上がる式もある。

毎年けしからんと思うのは、
そのキャラクターショーで盛り上がる
千葉県浦安市の成人式である。

このテーマパークの入場料が
市の税金を投入されていると言うことである。
その市の税金というのは、一部地方交付税も
投入されているわけで、即ち国税が一部使われている
そういうことである。

かなり強引な議論であるが、私の税金を
こんな下らないことに使わないで欲しい。

ミッキーは我が国に責任を持たない
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

戦の後 :: 2013/01/13(Sun)

友人が来た加減で、いつも土曜日に行っている
美容室を日曜日に変更した。

土曜日と違い、ゆっくりしたムード
三連休の中日と言うこともあるのだろうか
客足も少なそうである。。。

と思っていたら、大間違い。

この街では、成人式は月曜日の成人の日ではなく
日曜日に、実施する様である。
自動車部品メーカが多いことによる措置だそうだ。
(自動車部品メーカは週休二日を徹底するから
 月曜日は出勤日という所も多い)

その兼ね合いで、成人式のお客さんが
オラホ達が来店するまでの間に済んでしまっている。。。

そういうことなのだ。
だから、戦の後の様なけだるさだったんだな。

緩い空気だった。
  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

幸せ??? :: 2013/01/12(Sat)

先日のこと

「今度の土曜日暇かい?」

との友人からの電話。
何でも娘が名古屋でアイドルのコンサートに行くから
それに付き添いでついてくると言う。
しかも早朝から。彼の家は北陸。
遠路はるばる出張ってくる。
娘さんは高校生。確かにアイドルに夢中になる歳だ。
娘さんをコンサートに送り届けてから
(何でもアイドルグッズを購入するのに午前中で
 既に1kmぐらい並んで、並び初めて2時間経ってから
 購入できたらしいが。。。)
彼のぼやきに耳を傾ける。

その娘のアイドルの話であるとか、
番組の録画をしてないと怒られるとか。。。

まぁ、聞いていて楽しいぼやきである。
息子がグレたとか、家出したとか,難しい話ではない。
学費が大変とか、アイドル馬鹿で困るとか言うレベルで
息子さん、娘さんが健康で、仮に裕福でないにしても
彼の家庭環境の良さが響いてくる。

まぁ、言うと幸せなぼやきである。



  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

乗り倒し :: 2013/01/11(Fri)

今週は、初出の新年第一週目と言うこともあり
具体的な商談というよりも、挨拶回りが主な仕事。
その為オフィスで腰を据えてする業務よりも
出歩く事のウェイトが圧倒的に大きい
(本来、営業とはこう言うものだが)
でもって、移動するわけだが、遠方が今回は多く、
新幹線で毎日移動である。東京、大阪、果ては九州手前まで

日本の新幹線技術に感謝しながらの生活である。
正味今週は「乗り倒し」である。

マイレージがあればなあ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まさかの :: 2013/01/10(Thu)


今朝、庭に出てみると、なんと2個目の柚子の実がなっていました。
毎日眺めていたはずなんですか、今回は昨年一つ実を採ったものだから
もう2個目は無いだろうと思い込んでいた事もあり
今頃になっての発見です。

西の方角に黄色い実のなる木は縁起がいいと言われます。

こいつは春からなんとやらですな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

空気が変わる :: 2013/01/09(Wed)

変わったと言うのが正しいでしょうか。毎朝の通勤風景。
オラホ自身は毎日、変わらない電車に乗車し
同じ様に通勤している訳だが、通勤電車の混雑が
恐ろしい程余裕のあるものになっている。
企業は既に何処も初出を迎え、
学校は何れも冬休みを終えたはずだが。
高校生辺りはもう自由登校にでもなっているのだろうか。

このまま4月を迎える迄こんな空気だろうか。

しかし、オラホは相変わらずだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

勝てる :: 2013/01/08(Tue)

勝負しかしてはいけない。
鉄則ですな。歳を重ねる度にその思いは強くなって行きます。
負けることで失うものが、段々増えて行く、と言うか
そういう思い込み、みたいなものが大きくなっていることは
意識しているのかもしれません。
例えば、スマホの画面、保護シールの一部に空気が入ってしまいました。
この空気を抜く為に塵を取り除こうとして捲ったら…。

もっと悲惨なことに。

勝負かけたのが失敗でした。
当面みっともない携帯の状況です。

あぁ、小さい
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まったりとした :: 2013/01/07(Mon)

例年新年の初出と言えば、会社で社長の新年訓示を聞いた後
挨拶回りだの、通常業務だのをこなすのだが
今年は納期の兼ね合いから、
そして新年早々の伯母の不幸もあり、
いきなり出張の体をとった。
名阪間を毎日往復することを思えば効率的、と言うところだが、
それにしても若干時間をもてあまし気味。

新年、こういう贅沢な出張もたまにはありか、

そう自分に言い聞かせる
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

最後のお別れ :: 2013/01/06(Sun)

可愛がってくれていた伯母と最後のお別れをした。
粛々と進む式、流れる読経、脇では幼子の泣いたり、笑ったりの声。
子供に、孫に、曾孫にまで恵まれた伯母である。
振り返ると、我が両親には、未だ孫の顔どころか
新しい家族も増えていない。

親不孝な我が身の肩身の狭さを感じる。

婚活ですか、根性いれないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

一つ減る :: 2013/01/05(Sat)

身内が一人なくなる。
言えば、縁が切れるわけではないが、
疎遠になることは、間違いない。
これまでのつきあいが複雑であれば尚更だ。
そう考えると、身内のいる縁ある場所へ
向かう理由と言うか、きっかけが一つずつ減って行く。

寂しくなって行くなぁ、とふと思う。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

かなわん :: 2013/01/04(Fri)

昨日伯母が亡くなってからと言うもの
明日の通夜、明後日の葬儀に向け
いろいろな準備に追われる。
白無地のシャツ、弔事用のカフス
包む香典、明日の電車の切符、
宿泊場所の確保・・・。
挙げ句には、袱紗の場所が判らない。

慶事なら時間をかけていろいろ準備できるが
弔事はいきなりだから、そういう訳にもいかず・・・
あ~頭が痛いし、面倒くさい。

だから、みんな死ぬな!!

  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新年早々 :: 2013/01/03(Thu)

伯母が亡くなった。
子供の頃からかわいがってくれた人だ。
勝ち気な性格が災いして、親戚内でも
トラブルの絶えない、と言うと言い過ぎか、
ともかく、気の強い方だったので、
ウチの母親なんかは良くぼやいていた。

そんな伯母の晩年は、年寄りによく見られる
心の病に侵され、最後に会った時には
オラホの顔を見ても何の反応もなかった。

そして、昨年末には年越しが困難かも知れないと
言われて心の準備をしていたが、いざとなると
様々な思惑と混乱が渦巻いて、悲しみに暮れることもない。

日程を聞くと、伯母との最後の対面は
明後日になりそうだ。

淋しさを実感するのはその時かな。
  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

お正月 :: 2013/01/02(Wed)

新年も二日目。初詣に出掛けるも早々に済ませ、
妹夫婦の帰省を待つのだが、こちらの都合と、
先方の都合、それぞれ思惑が異なる訳で
これが要らぬ不満とイライラを募らせることに。

各々が善かれ、と言うか、勝手に考えるものだから
余計に揉めそうな...。

正月早々気を揉むことばかりである。
しかし早く来ないかな。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ