何やってんだ!





早い! :: 2012/09/30(Sun)

今、名古屋は台風が通過中・・・。
方々で避難準備情報なんか出ていたりしますが、
大型とは言え、特番が流れていない様ですから
深刻な状況ではないでしょう。そんなことを思うと

一日早いよなぁ~

明日だったら、電車もほどよく止まると
出勤せずに済むのだが・・・
子供みたいな事言いますが、それぐらい会社に行くのが
つらいですなぁ。

甘えているだけですが
スポンサーサイト
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

これも :: 2012/09/29(Sat)

9月最後の週末。早速、珍しく朝早く目覚めたので
いろいろと家事をこなして、どこか行楽にでも。。。

なんて事は無い。

今日は今から実家である。
何をしに行くかというと、年寄り二人はこの
台風が来ようかという時に、旅行。
で、実家で一人寂しく過ごしている(?)

猫の世話をしろと。

えぇ、全くオラホに懐こうとしない
あの猫の世話です。
えさをくれて、糞の始末をして・・・

でも懐かないあの猫です。

まぁ、これも親孝行だといいのですが。

  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

蜜の味 :: 2012/09/28(Fri)

よく言われるこの言葉。
他人の不幸と悪口である。

これを影に隠れて言ったり、したり、

えもいわれぬ味である。
しかし、その対岸にいるものは、堪ったものではない。
見えない中で、何されているか、判る訳もなく
焦燥感だけが増してゆく。

神経が細くなるばかり
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

安心感 :: 2012/09/27(Thu)

ここ何回か五輪が開催される度に話題になる父娘。
言わずと知れたレスリングの浜口父娘だが、
正直あれだけ時代がかったというか、大袈裟と言うか
本気なのかどうなのか解らないありようで
あれだけの露出に対して、あまり大きな非難の声は聞かれない。

善くも悪くも一本気な父親と素直な娘の会話に
最後は母親が絡んで、「バカ親父!」とたしなめる光景。

多分茶の間が安心する風景なんでしょうな。

演出なしだから余計に。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

真の歴史 :: 2012/09/26(Wed)

最近の領土に関する一連のニュースで、
中韓で一致して我が国の領土を奪取しよう
ということを決議したようだ。
過去より、捏造された歴史問題、靖国問題、そして領土。
全て言い掛かりでしかない問題を世界中に流布しては
我が国を貶める。その手法もよく似たものだ。
大陸の連中はこういうことしかしない。

また、面白いことに大陸では半島の方が追従していること。

結局、半島は大陸の属国と言う事なのだろう。
今、仮に上手くいったとしたら、
今度は彼らが征服される立場に立たされる
そんな危機感は微塵もないのだろう。
何故なら我々が屈することは、きっとないからだ。
あいつらは、他人の褌でしか相撲をとれないのだ。


ひどく言い過ぎか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

解らない! :: 2012/09/25(Tue)

今や、当たり前感のあるスマホ。
オラホもご多分に洩れず所有しているが、
最近、容量の不足を訴える様になってきた。
当方としてはその容量不足を解消したいのだが
その方法が解らない。アドバイスは不要なものは
捨てろと言うだけ。また、難儀なのは、その捨て方が解らない。誰か解りやすく教えて欲しいけど。

難しい…。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋が来た :: 2012/09/24(Mon)

最近は、朝晩の気温も下がり、昨日に至っては肌寒さも感じ
愈々秋が来たのかなと、今朝からは服装はクールビズを止めて
夏のスーツに衣替え。朝の通勤電車は若干汗ばむが
これ位が丁度いい。さて、日中最高気温は30℃超えを
予報していますが、着替えが早すぎたのか否か。

いずれにせよ、寒くなるけどね
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

理解できない :: 2012/09/23(Sun)

いくらなんでも、おかしいと思うでしょ

お誕生日会 記事ココ

学校の同級生とか、近所の幼なじみとか
そういうレベルでするモンでしょう。
所詮学生のするイベントなんて。

送られてきた方も自分とその相手の
関わり合いを考えたら誤送信だって
ある程度解るのではないか。
何十キロと離れているとか、
少なくとも、web上だけのつきあいとか。

日本なら、恐らく
「招待は有難いが生憎その日は
 所用があって、伺えない」程度の
返事で辞退するだろう。

出席しようとした有象無象の連中は
何を期待していたんだろうか。
彼女の家が資産家であって欲しいと期待して
何かの施しを期待したのか?
挙げ句は、街で大暴れ・・・

はしたない光景だな。

  1. 祭り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

:: 2012/09/22(Sat)

今日は、秋分の日。旗日でしたね。

我が家では、国旗を掲揚しました。
ご近所はどう受け止めて見えるか、解りませんが。




最近の小学生は,この歌知っているんでしょうか。
昔は、校歌、君が代の次に教えられた様な気がします。

素朴でいい歌だと思います。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

着実に :: 2012/09/21(Fri)

一つ一つ…。
これが、今一番心掛けないといけない。
そう、考えて行動しているのだが、
目の前の事柄をこなすのに精一杯。
課題は積み上がるばかりで、減ることは少なく、
納期ばかりが迫り来る。
人徳の有無なのか、面倒くさいのか、協力体制もなく、
黙々と自身で処理し続けるが、結果は積み残すだけで
また非難をあびる。

いつまでも悪い事ばかり続くことはない、

今日はこの言葉を信じますか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

戦え! :: 2012/09/20(Thu)

今、一番強く投げ掛けたい言葉ですな。
昨今の我が国を取り巻く様々な事象と、
自分の置かれている環境に。
不甲斐ない、情けない今の状態に。

奮い立て!
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

秋の :: 2012/09/19(Wed)

長雨と言うのでしょうか。
最近、雨降りが多い…というか、梅雨の末期の様な豪雨
そして、猛烈な湿気。下がらない気温。
若干の風が気を紛らわしてくれますが、
それでも過ごすにはしんどいですね。
こういう時期は気分も滅入りがち、
なんとかテンションをあげたいものです。

面白味を持って過ごさないと
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いい加減に :: 2012/09/18(Tue)

しておかないといけないのではないか。
この一連の尖閣諸島問題。
いよいよ中国人が大漁船団を編成して
我が国を侵略しに来るぞ!

今朝のニュース映像には、恐怖すら感じる。
今回、国有化した経緯は明らかにされていないが
相当な圧力が中国からあったとか。
その結果、都ではなく、国に救済を求めて売却したらしい。
国は全てを尽くして守らなくてはならない。

少なくとも、直ぐに声明をだすべきである。

超法規的措置により、侵入者には断固とした態度をとると。

民主政権の結果が、国民の生活を一番脅かすとは。

今世紀最高のブラックジョークだ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今日は祝日・・・? :: 2012/09/17(Mon)

敬老の日

所謂ハッピーマンデー法で、随分と前から
9月の第三月曜日を休日にしたのだが、
我が社は出勤日。有難味なんてものはない。

年長者を敬い、長寿を祝う日がこの日なのだが
元々の9月15日になったのは諸説有る様で
諸説有る様で、どうやら養老元年を制定した日が
この日だったとか。。。

で、我が家の年寄りであるが、不肖の息子、娘のおかげで 
孫を未だに持っていないため気は相変わらず若い。
それは其れで、有難いのであるが、その不肖の息子からすると

人間として最低のことも出来ていないのかと
反省する次第である。
最低の親孝行も出来ていないわけで・・・

情けない
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やったぁ :: 2012/09/16(Sun)

もう二度と実を点ける事は無いのかな・・・。
そう諦めていたのですが

DSC_0345-1.jpg  柚

庭に黄色のみがなる木を植えると良いと
鵜呑みして植えたは良いけれども、
ずーっと実を着ける事は無く時だけが
過ぎていったのですが。。。

久しぶりの感激です
  1. 祭り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

本物・・・? :: 2012/09/15(Sat)

先日大阪に行った時の、1ショット

DSC_0322-1.jpg  マクラーレンMP4/4

ゼッケンNo.14が、それを表しています。
亡き、A.セナが初めてマクラーレンの
ステアリングを握り、鈴鹿で劇的な
逆転劇を展開した、ホンダターボエンジンの
絶頂期のマシンです。

マクラーレンショップなので
展示されていてもおかしくないのですが。

本物なんですかね
  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

そんなこと言われても :: 2012/09/14(Fri)

済んでから言われる。
よくあること。実は、○○だったのではないか。
何故、そうしなかった?

全て終わったあとに、文句のように言う経験者たち。

今さら…。ねぇ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

暑い…? :: 2012/09/13(Thu)

今朝のニュースの話題は、未だに続く真夏日の暑さと
昨日観測された富士山の初冠雪であった。
昨日も平野部では、相変わらず
最高気温が34℃を示しながらである。
気候がおかしいのではないか、と言われて久しいが、
今回のケースもそうなのか…?
今日も予想最高気温は35℃前後とか。一体どうなっているのだか。

確かに今週辺りは、朝晩半袖では肌寒く感じることも出てきたが。

疲れと相まって体を壊しそうだ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

週の真ん中 :: 2012/09/12(Wed)

モッコリ水曜日! (かなり古いか)

毎週思うのだが、なんとなく通勤電車が空いている。
毎朝乗り込むのにも、若干難儀しているのだが、
何故か水曜日には、そんな印象が薄い。
比較的すんなり乗車出来たりする。
乗っている乗客の層はあまり変わらない感じだが。

思い付くところと言えば、流通をはじめとする
サービス産業に定休日が多いと言う程度か。

有り難いことだけれど。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

敏感? :: 2012/09/11(Tue)

単に神経質なのか。募るフラストレーション、イライラ感。
朝から、汗、二日酔いの匂いが、混ざりあい
えもいわれぬ不快な匂いを形成し、
タバコをふかした臭いが、追い討ちをかける。
ここのところ、体調が思わしくないだけに
既にリバースしそうなほど、気持ちが悪い。
いつからこんなに繊細になったのか。
もとから神経質か
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やりかねない・・・? :: 2012/09/10(Mon)

新聞社をはじめマスコミは社会の公器である。
こんな事を信じている人は、もはや少数であろうと思うが、
実際にこんな記事が出てくると、それなりにインパクトがある。

社是である 記事ココ

やはり、こういうことをする新聞社だったんだな、
あの新聞社は。かつての地上の楽園報道、
従軍慰安婦報道・・・
いずれも「捏造」と言っても過言ではなく、
むしろ、何処の国の新聞社かも解らない。
更に質の悪いのは、

「日本のクオリティペーパー」

と未だに持ちあげている知識人の多いことである。
この新聞社はこの「進歩的知識人」のおかげで
生き延びてきたのである。
というか、嘘がまかり通ってきたのである。

反戦、反原発・・・何でも右側には猛烈な攻撃を
与え続けるが、同じ事をしている左側には賞賛する。

更に肝心なことは、この新聞は
かつての大東亜戦争を賞賛、煽りまくっていた
この歴史的な事実を確認するべきである。
大本営発表による報道規制・・・荒れも嘘である。

あれ以上に派手に書いていたのがこの新聞社だ。

早くなくならないかな、




  1. 「市民」叩き
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まだあるんだ :: 2012/09/09(Sun)

この間の大阪出張の時、
若干時間に余裕があったので
御堂筋をブラブラしていたら、
こんなお店を発見

DSC_0320-1.jpg  ハードロック・カフェ

大阪には、まだあるんですね。

名古屋店は、昨年閉店してしまいました。
街の力というか、そういうものが
未だに名古屋は大阪に追いつくことはない
一例だなぁ、なんて思ってしまう。
たかがハードロックカフェ・・では有るけれども
かつての名古屋店よりより遙かに綺麗だし。

こんな事から力は解るんですな

  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ゆっくりできない :: 2012/09/08(Sat)

昨日は夜遅くまで出先で呑んだものだから、今朝は朝寝坊~
なんて、そうは問屋が卸してくれず、
朝からバタバタ!

気がつけば、実家にこの時間。

なんだかなあ。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いい格好しい :: 2012/09/07(Fri)

先日から、業務の消化が上手く行かず、連日の深残業。
正直、今日は朝からヘロヘロ。
まともに仕事出来るかな、などと弱音を吐きまくる訳だが
今日はそういうわけにも行かない。

いい格好しいの本領を発揮する日である。

しかし、大丈夫かいな
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気がつかない :: 2012/09/06(Thu)

仕方ないですな。自分の意識していないことが、
実は他人に大きな影響を与えていたりしてることがあるなんて。
これが、自分のその立ち振舞いが周囲に良い印象を
与えるものであればいいのですか、その逆の場合には
その本人を含めみんなが不幸になる。
例えば香水だったり、体臭だったり。
そう今、まさにその不幸な境地の真ん中にいます。
不潔感満載です。しかも…。

遺憾ですな。こんな事書くの
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

不可解? :: 2012/09/05(Wed)

今朝のトップニュースは、尖閣諸島の政府への売却合意だろう。
東京都、日本政府共に購入に精力的であった。
日本政府の方は、東京都に先んじらた事で、
その遅れを挽回するべく必死だったのだろう。
どんな手、強迫を使ったのか判らないが、
面子のみを優先させ、無理矢理合意に取り付けた
のではないだろうか。

かつて地権者の方は、堂々と人前で、
「今の政府は信用できない。政権交代後に国については考える。」
こう明言していたのである。

これまでの尖閣諸島への政府のコミット、こういう背景から、
未だに売却合意の成立にしっくり来ない。
こういう違和感、そして何より不安感を募らせている
国民は多いのではないだろうか。
政府より、一地方公共団体の方が頼りがいがある、
この現実が情けないのであるが。

この国の政府は誰の為にある?
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新学期 :: 2012/09/04(Tue)

昨日の月曜日は、車で得意先に直行したので気がつかなかったが
今朝、通勤電車に乗り込んで判った。
そうか、昨日から新学期だったんだと。
社会人以上に無駄に大きく、そして重いカバン。
それも手に持つ訳ではなく、車輌の真ん中、
足元が不透明な場所に無造作に置き、
乗り込む乗客は、次々とつまづいてゆく。

また、車内が落ち着くまでストレスフルな環境だ。

学生には免許が要るんじゃないか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

パートナー :: 2012/09/03(Mon)

先日海外での紛争に巻き込まれ
日本人ジャーナリストが亡くなった。
正直個人的には好みのタイプの女性だ。
亡くなった方が美女だったと言うことで
それも併せて悲しかったのだが、
ここで気になった単語は

「パートナーの佐藤さん」

パートナー? ???

よく解らない。通信社の社員の話であれば
社長とか、同僚とか、部下とか言うのに

パートナー・・・?

どういう関係なのか??? よく解らない。
どうも要は、籍を入れていない事実婚の
関係の様である。ならば、件の佐藤さんは

内縁関係の夫

こういうことなんだな。
ならば、そういう表現をした方が
一般に理解を得られようものなのに。

パートナー・・・

如何にも人様には触れられたくない関係を
そのような表現でごまかしているんじゃないのか?
報道なのに正しく伝わってないのじゃないの???

考え過ぎか
  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

言うな :: 2012/09/02(Sun)

今日は休日客先の保守工事。

夏も終わりなのだが、その猛烈な暑さに
朝起き上がるのもつらい。。。
日頃デスクワークしかしていないせいだろうか
外に出るのが、ものすごくつらい。

しかし、そこをメインフィールドに
働いている同僚がいる。

彼らを前にそんなことを言ってはいけない。

しかし、つらい
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ロッテの何とか :: 2012/09/01(Sat)

DSC_0311-1.jpg  50分♪

噛むとニャンニャン、ニャンニャ・ニャンニャニャン♪

DSC_0308-1.jpg  噛む~と

ニャンニャン、ニャンニャニャン DSC_0306-1.jpg 

勿論、佐藤健も、渡辺直美もいませんが
CMのような風景もありません。

当たり前に事ですが・・・
  
  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0