FC2ブログ

何やってんだ!





生活するな :: 2011/04/29(Fri)

そう言いたいのだろうか。

こういうコメントを書く人 記事ココ

確かに今回の地震では被災地
特に福島県、福島第一原発付近および
避難指定地域に指定された人たちに対し
その不幸、彼らの憤りには非常に共感をする。
また、これまでの一連の東京電力
政府、その他機関云々のアクションには
如何なものかと思う部分は多々ある。
オラホも憤りを感じる一人である。

しかし、社員一人一人には生活がある。

その一人一人も今回の賞与半額で
十分にその社会的償いに応えるものと思われる。
但し今回の夏のボーナスだけであれば
それは其れで如何なものかと思うが。
恐らく東京電力も今回限りの処置ではなく
復旧、復興の目処が立つまで続けるだろう。

賞与は、今では生活給の一つである。
確かに会社の業績によってその賞与が
全く出ない企業も数多くある。
しかし、賞与は極力支払われるものであると
少なくとも心ある経営者は考えるのが普通である。
そういうことを鑑みると
この記事のコメントの如何にも単細胞な
一連の発言に苛立ちを感じる。

で、お前らはどうなんだ、と

スポンサーサイト



  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:1