FC2ブログ

何やってんだ!





今回の :: 2010/04/19(Mon)

シリーズはどうなるのか。
昨年の放送開始時には、
まともな歴史感覚を持つ層から
猛烈な非難、批判を受けた

この番組 HPココ

今回は、ハルビン事件をテーマにした。
番組の構成は、当時の歴史背景から
日本側の立場、半島側の立場を描いていたが
どうにも釈然としないのは、何故あそこまで
彼を英雄視するような描写をするのかが理解できない。
これは、申し訳ないが、今彼を英雄として祭り上げている
半島の方々の考え方にも理解が出来ない。

細かい点を言えば、本当に彼は
半島の知識層の出であったのか。
少なくとも、ここ数年前までは、そんな話は
近現代史でありながら、出てきていないことである。
更に不思議なのは、英雄であるはずの彼の子孫は
今アメリカ在住である。このことが何を意味するのか。
尤もオラホなんかは歴史を丁寧に
勉強をしてきた訳ではないので、その点はオラホの
下世話な言わば下品な勘ぐりだという非難は受けるが。
オラホの釈然としない決定的な理由は、

彼の行動の結果、
歴史は日韓併合を積極的に招いた

このことである。この視点だけで見れば
彼は、母国を植民地にしてしまう結果を招いた
張本人である。愛国の志士でも何でもない。
ただのおっちょこちょいである。

こう考えるのはおかしいのか?


スポンサーサイト



  1. 「市民」叩き
  2. | trackback:0
  3. | comment:2