FC2ブログ

何やってんだ!





違和感 :: 2010/04/18(Sun)

何かある度に、と言うよりも
亡くなる度にと言う方がより適切か。
このマスコミの騒ぎ様

使命感の結晶 記事ココ

確かに、自らの職に誇りを持ち
使命感をもって取り組み続けた
彼の姿勢は美しい。
しかし、その取り上げ方、事後のあり方
これは、彼ではなく、周囲の連中の
如何にも「言論の・・・」とか
「政情不安な何かが・・・」的な
あたかも人間味を背景にした
自由主義をどうのこうのと言った表現の連続。

正直、気持ち悪いのである。

何故なら、それを伝えるマスコミ各局の連中は
東京の、もしくは現地とは名ばかりの安全を確保された
遠巻きに、勝ち馬に乗るだけの姿勢でいるだけで
結局、現地の迫力有る映像を取りに行かされる連中というのは
二次三次下請けの安い賃金で、ただ危険な目に遭う
そんな、何とも割の良さを感じない、ただ空虚な記事の文字
平面な言葉としか感じない。

オラホもその一人なんだろうけれども


スポンサーサイト



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0