何やってんだ!





もうこれは・・・ :: 2010/03/31(Wed)

自動車立国いやものづくりの国、

日本の凋落の幕開け

そのことが、はっきり具体化したニュースである。

東京モーターショー 記事ココ

これまでの幕張メッセから
都心の東京ビッグサイトに会場を
変更するという決定をした。
バブルの頃に、当時の晴海にあった
国際展示場から、日本コンベンションセンター、
所謂幕張メッセに移転して以来のことである。
この幕張メッセ、この東京モーターショーの為に
建造されたと言っても過言ではない。
その幕張メッセから移転をする・・・。

主催者は、これからもっと集客力を上げるために
交通の便がいい都心の展示会場に移転したと言っているが
実際、このビッグサイト、新橋からゆりかもめで約40分
臨海鉄道線を使っても大井町、新木場からでも約20分程度と
いずれも東京駅を起点にすれば、それほどべんりにはなっていない。
加えて、レセプション関係を行えるホテルも海浜幕張駅前の
ホテルの数と、国際展示場前の数では桁が違う。
そういう視点から見ても、集客力アップに直接繋がるものではない。

多分昨年の東京モーターショーでは
出展者で会場を埋めることが出来なかったのだろう。
そして、モーターショー終了後から,水面下では
既に始まっているエントリーと小間割で
何ともならなくなった・・・

これが、移転の本当の理由だろう。
出展者さえ集まれば、主催者は会場を変える必要なんて全く無い。
入場者の入場料なんて、全体の収益から言えばしれている。

もはや日本は魅力的な市場でも何でもない。

このことの恐ろしさ。
魅力のないところにヒト・モノ・カネは集まらない。
ただでさえ、世界と微妙にずれている我が国が
益々、これからは加速度的において行かれると言うことだ。

かつてから、幕張メッセを全館貸切使用するのは
この二年に一度の東京モーターショーと
毎年開催されるセミコンショーだけである。
その一つが無くなったと言うことは、このセミコンショーも
近い将来、幕張から撤退することは十分にあり得る。

この後、我が国は何でお金を稼げばいいのだろうか。

スポンサーサイト
  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

テレビでは・・・ :: 2010/03/30(Tue)

この映画を見てはいけなかった。
映画館で見るべきだった。
こんな感想を持ったのは初めてである。
どんなスケールのでかいと言う触れ込みの
ハリウッド映画も実はなんてこと無いと思っていた。
あのスターウォーズでさえ、映画館で見た後に
TV放送を見ても何とも感じなかった。
しかし、今日見たこの映画は後悔した。

地上波初 HPココ

感想は、なんて楽しい、なんてハートウォームな
なんて迫力のある、効果的なCG の使い方!!

とにかく面白かった。良かった。
実はこの映画、封切りを見損ね
名画座の三越映画劇場に来た時に
見に行こうと思っていたら、仕事が忙しく
結局ゆっくり見に行けず・・・今日迎えてしまった。

この映画、次は絶対映画館で見てみたい。
こんな気持ちにさせてくれた映画、ホント初めてだ。

映画の公式ページはココ

こんな素敵な作品をもっと見たい。
  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

納得出来ん! :: 2010/03/29(Mon)

勝てば良いというものではない(▼▼)

今日の試合は一体何だ!! スコアココ

正直、今日のゲームは何という締まりのない内容か。
途中で何度も帰ろうかと思う内容であった。
とにかく失策が多すぎ!

セサルお前だよ!!

サヨナラヒットを打ったから良いという話ではない。
我がドラゴンズは、守備を売り物にしているチーム
一体どれだけ、投手を困らせたらいいんだ。
今日のゲームは組立自体は広島の方が遙かに上だ。
中日のゲームメイクはまるでなってなっていない。
あれだけ打線がかみ合わないのも珍しい。

落合監督の選手起用も不思議なことだらけ。

なぜ新人を1番に起用しているのか。
なぜ4回裏に伊藤準規に代打を送ったのか。
なぜ9回裏の広島の満塁策の場面に大島のままだったのか。

この開幕戦を見ていると、今年のドラゴンズはもしかすると
シーズンオフがいち早く来るかもしれない。

不安要素が多すぎる。
  1. ドラゴンズ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今日こそ :: 2010/03/28(Sun)


勝って!
はや2戦目です。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

味の :: 2010/03/27(Sat)

無い、何ともダダ漏れのドラマ
そんな感想でしたな。

卒業式 HPココ

秋元康が、小遣い稼ぎになんかやっておいた。
そんな感じのストーリー。
要はロールプレイングゲームを実写化しただけ。
いや、かつてそういう映画があったような気がしたが
そっちの方が、多分もっとマシだったと想像できる。
しかも最終回の頭には、「学芸会でございます」的な
良いわけコメントともにお礼を展開するのだが、
こんなのも制作者の怠慢という印象。

垂れ流しに時間つぶしに見る分には
良かったが、ホント何の厚みも感じなかった。
友情が芽生えるまでの経過が何も
語られず、いきなりけんかの勝ち負けで
友情が発生する結果に至るのか???

オラホの方に理解力がないのか?

  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今年も :: 2010/03/26(Fri)


始まります。
さて幸先はどうでしょう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

当たり前に :: 2010/03/25(Thu)

いつも当たり前にあって、かといって
いよいよ切羽詰まった時にしか利用しない

そんなサービス 記事ココ

そう、言わば最後の砦のような気分で、
縋る思いで使うので、こういうサービスで、
こういうことが起こると非常に辛いんですな。
しかも、日頃は誰が常時使っているのか
よくわからなかったりするんですが・・・。

確か、この声を担当している声優さんも
一時話題になりましたか。
しかし、こういうことでしか話題にならない
このサービスなんですが、

ホント無くなると大弱りなんですな。


  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

大きく :: 2010/03/24(Wed)

見せたい。
これは誰もが持つ願望と言うことか。

昨日、久しぶりに女友達と飲んだんだけど、
話は、彼女の仕事のこと一点張り。
仕事が介護関係なのだそうだが
とにかく大変そう・・・と言うことは伝わった。
しかし、その話の内容がどうにも映像と浮かばず
こう、何というか平坦な話としか聞けなかった。
要は、大変な仕事をしている自分の自慢話、
そういう結論で片付けてしまいそうなことである。

コンパで女の子がつまらないと思う話の典型か。

オラホも話の組立には気をつけないと。



  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

世の中を :: 2010/03/23(Tue)

正しく知れと言いたい 記事ココ

本当です。その言葉、我が国の首相に
正しく理解してもらいたいと思いますな。
あなたのいつもいつも現実を見ない
あの浮世離れした発言、ただ国民には
バラマキをすれば良いかのような政策。
全く国民を馬鹿にしているとしか思えない。

挙げ句の果てには、国防の要となる幹部に
モチベーションを思い切り下げるこの演説。

真の国賊は政権の中枢にいる。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

めでたい :: 2010/03/22(Mon)

揃ってご卒業 記事ココ

一つ人生のステップを終えられて
眞子内親王、佳子内親王、
揃ってご卒業された訳だが。

眞子内親王には、なんと国際基督教大学に
ご進学されるという、神道の源流とも言うべき方が
異教徒の大学に進学されるという、
まぁ時代なのかしれませんが。
(ただ、その逆があり得るのかというと疑問だが)

そして、もうお二方ともお年頃に、もうまもなく
さしかかろうと言う時が近づきつつありますな。
今皇族男子というと、皇太子殿下、秋篠宮親王
そして、悠仁親王・・・。

所謂皇統問題が抜き差しならない状況に
来ていると言うことである。
下々の者がいうには、不遜に過ぎるが
このままだと、皇族が天然記念物のように
扱われかねないような、そんな危惧すら抱く。

いい解決方法があるといいのですが。
  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

変化のない・・・ :: 2010/03/21(Sun)

三連休の真っ最中というのに昨日は実家に帰り、
特に親の用事をこなしてくるでもなく、
帰宅したからと言って、何か家の用事をこなすこともなく
ただ、時間だけが過ぎていったこの二日間。
ただ、肩が痛いと思うだけで・・・。
さて、明日こそは、家の用事をこなさないと。

変に時間の使い方にこだわってしまう。

  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

15年間 :: 2010/03/20(Sat)

毎年この事件がくる度に思う

マスコミの無責任さ 記事ココ

今でこそ、このような感傷的な記事で
如何にあの事件が、残忍でその事件を
引き起こし「あるまげどん」を再現しようとした
あの狂気の教団のことを糾弾し続ける。
しかしである。

あの事件が起こるまでのマスコミは
一体何をしていたかというと、
あの教団について、綿密な取材もせず
ただ、黙殺を決め込むか、ひどいのは
擁護までしていたではないか。
あの事件の後、「ニュース編集長」といわれ、
「反骨のジャーナリスト」と呼ばれた
筑紫哲也氏は「TBSは死んだ」と宣ったが
オラホに言わせれば

お前も同じ

彼も済んだ後で非難しているだけで
そんなことは誰でも出来る。
彼の報道姿勢は結局其れでしかない。

あの狂気の教団に正面に向き合っていた
連中は、生死をかけて取り組んだあげく
社会へ情報発信の機会すら与えられなかったのではないか。
済んだことに批評をするのは簡単。
ホントこういう感想しか持てなかった。
多分この頃からだろうな。

急にニュース番組すらつまらなくなってきたのは。

  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

あれはひどい :: 2010/03/19(Fri)

先日の会社での旅行会の写真が出来てきた。

ひどい (XoX)

この一言である。泥酔していました。
しかも一人だけ。場を無茶苦茶にしています。
誰かというと、オラホです。あまりの地酒のおいしさに
さんざん飲んでいたので、その後のことは覚えていませんが
その記憶の無い部分を写真が再現してくれていました。

明日から出社拒否症になりそうです。
  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

馬鹿みたい :: 2010/03/18(Thu)

ちょっとアイデア出しに困ってしまって
ほんの少し遊んでみるかと、
パソコンに初期設定されているゲームをすると

気がつけば2時間経っている。

しかもその間食事をすることすら
後回しになっていたりする。
巷では街角でDSとか言うのとか
Wiiとかみんな黙々と遊んでいるのを
まぁ、どうかねぇ~なんて感じで
冷ややかに見ていたが、単純なゲームで
この有様である。10や20の子供が
一生懸命になるのも無理はない、というところか。

しかし、この全く生産性のないことに
人を引き込んでいくこのゲーム・・・

蔓延し続けるこの国の将来に
やはり生産はなくなるのだろうか。

益々鬱になる。

  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

きしょい :: 2010/03/17(Wed)

関西の子なら判る言葉と思われるが、
今日本で一番似合う人物は彼ではないか。

率直に反省 記事ココ

この記事や、関連記事をいろいろ読むが
本当にこの人は、人付き合いをしたことがあるのか?
今のあの強烈な嫁とは、真剣に恋愛したのか?
なんか、政治家の能力とか、学歴の良さとか、
そういうレベルの問題ではなくて、

人間としての能力はどうよ?

こんな気にさせられる。というか、情けない。

私はこんなに好きなのに、あの人は私を信じてくれない・・・。

何だこの言いぐさは。勘違い女のメンタリティどころか
ある意味、某半島の独裁者のメンタリティと同じ、
いや、あっちの方はある意味戦術としてしているだけに
あちらの方が、上かもしれない。

ホンマ、こんな奴と政党に政権を任せるのは止めないか。

  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ラッブリー :: 2010/03/16(Tue)

バップリー・レ~ッツ・

どぴゅ~ん

考えようによっては、強烈なこのフレーズを
言い続けてきた

彼女、引退するそうです。 リンクココ

思えば、土曜のお昼のニュースの後
(ラブリパブリはここ)

超浮きまくりキャラで、地元のお店の情報を
伝えてきた彼女、東京に出てからは
結局メジャーになることもなく
パチンコ屋のCM番組や
あげくにプロレスなんかもやって
頑張っていたようですが、どうも
結婚を機会に契約を満了させるようです。
あの主婦向け番組には全く馴染まない
ハイテンションな彼女が、あと数ヶ月かと思うと
それはそれで、少し寂しい思いをしますね。

まぁ、お幸せに・・・

  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

お土産 :: 2010/03/15(Mon)

会社の旅行部で輪島に行ってきたんですが、
感想は・・・ともかく酒・・・日本酒が旨かったですな。

食べ物も旨かった。しかし・・・田舎でした。
何もなかったですな。ホント食べ物だけでした。
切籠会館とか言う、如何にも政府のお金が
たくさん投入されたであろう、施設。
オラホたちだけが入場者でした。
ココで感じたことと言いますと・・・

能登は切籠と輪島大士だけか?

それ位、それだけがクローズアップされていましたな。
皇族の行啓もこれでもかと強調されていましたが、
結局それしかなかったと言うことでしょうか。
とはいえ、何か輪島に来て良いものを・・・を思い
これを購入しました。

2010_0314_211019-DSC00101.jpg  漆器の丸盆です。

前々から、一つ良いお盆を持ちたいなと
思っていましたので、良い機会ですので
ちょっと勇気を出してみました。
蒔絵の本格的なものから言えば
10分の1の価格ですが、まぁ、お値打ちかと。

酒と肴をのせても良い感じでしょうな。





  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今朝は :: 2010/03/14(Sun)


グロッキーになりながら
こんなところに来ていますが
生物が多いので、買い物に若干難儀しました。
ここいらの名物は、何でしょうか?

まあ塗り物ですかね。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

今年は :: 2010/03/13(Sat)

金沢からだそうです。

会社の旅行会

今や毎月出張に出掛けていると言うのに。
今回は能登半島の先まで行くらしい。
ガイドさんがべっぴんさんなのがテンションを
あげてくれます。

さてどうなりますか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

当たり前 :: 2010/03/12(Fri)

当たり前にそこにいる。

このことが如何に幸せなことなのか。
はたまた不幸なことなのか。
その当たり前に存在していたものが
次々と無くなってゆく・・・。

最近はそういうことの方が増えてきた。
先日も、親戚の、まぁ、オラホから言えば
親父の従兄弟なのだが、おじさんが亡くなった。

気の良いおじさんだった。

それこそ、何時が最後に会ったときだったか
忘れてしまったぐらいの、多分5年ほど前が
最後だったのだろう。。。

これから、こういうことがますます増える
悲しみとその何というか、人としての
終末に向けた準備期間に入るのだろうか。

ただ、オラホにはその覚悟なんて出来る
自信なんて全く無いけれども。




  1. 何とかならないか
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

これは :: 2010/03/11(Thu)

驚いた!

事実婚 記事ココ

人間関係って意外なんですなぁ・・・
名古屋にしかいないと思っていたのに。

いや、恋愛って何でもありですなぁ。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

あのね :: 2010/03/10(Wed)

もうみんなだまされないと思うよ。

第二弾!! 記事ココ

宣伝効果の高い事業を
正義の味方のような「格好をして」
それこそ、弱いものいじめをして、
少しだけ削って、また参議院銀選挙に向けた
バラマキ資金に使う。。。

もうみんな判ってきています。
結局赤字国債の増発、増税のエクスキューズの
材料にするために、頑張って削っている振りをしていることを。

もう、猿芝居は止めにしな。

  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

正直 :: 2010/03/09(Tue)

どうでもいい話題なんだけど
まぁ、タイタニックの時もそうでしたでしょ。

勝ち負け??? 記事ココ

何でも、対抗馬の映画が圧倒的に
数多く受賞したそうだけど、
このアカデミー賞、一体何を基準に
賞を選定しているのか、今以て不明な点が
多すぎる賞の一つじゃないのか。
まぁ、会員の投票結果によるそうだけれども、
そのアカデミー委員というのは、映画人。

そう、同業者なんですね。

そういうことを斟酌すれば、
昨年の公開以来、史上最高の売上高を更新し
続けている作品に賞を与える必要なんて、殆ど無くて
そこそこ良い作品なんだけど、売上げを伸ばしてあげたい
作品に賞を与えて、入場者数に弾みをつけてあげる方が

商売として、一番理に適っていますな

実際、この賞は昔からそういう傾向にあるのは、
知る人には広く知られている事実で、今回も
この事例が適用されて、みんなが投票した、
ただそれだけのこと。そう考えるのが今回の結果を
読み解くにあたって一番正しい見方でしょうな。

そう、所詮はショービジネスなんですよ。



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

難しい :: 2010/03/08(Mon)

知り合いのお嬢さんが、この春入学される。
本校は、星ヶ丘の駅前、まぁ、うちの近所の
女子大と並ぶお嬢学校である。

日頃から、お世話になっている人なので
何かお祝いを、と思い、買い物に出かけた。

わ、わからん?!

今日日の若い娘の好みそうで且つ
実用的でさらにお祝いに相応しいものが。

栄の街の小物を扱っている店を
片っ端から歩いたが、かわいらしさ
お洒落っぽさ・・・どれもピンとくるものがない。
困って百貨店の店員さんに聞いてみると

「今は、アナスイとか、サバンサタバサとか
 定番はバーバリーですかね・・・」

そうらしい。アナスイもサバンサタバサも
どうも何というか悪趣味という印象なのだが
今時の女の子はこういうのがいいらしい。
こういうレクチャーを受けたのだが、
結局のところ、納得がいかず一旦帰宅しようかと
思っていたところに・・・

キタムラである。

オラホの年くらいだと、浜トラの代名詞のような
ブランドだが、どうかと思い、店員さんに
購買年齢層を聞くと、親子で購入される層が
結構多いという。ジェネレーションギャップを
感じさせるかもしれないが、思い切ってそれにした。
まぁ、失敗してもキタムラなら、奥さんが使うだろう。

それが伝統あるブランドの強みなのだから。




  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

教育的配慮 :: 2010/03/07(Sun)

こんな言葉があるのだが、
今回のケースは、どうなのか?

登校拒否 記事ココ

何でも、学校にやんちゃな子供がいて、
それが全体に悪影響を与えているとか。
そんなものは、どこの学校にもいるし
また、社会に出れば、尚のこと山ほどいる。
特に、皇族の方々には、そんな人々にも
慈愛の心を以て接するという教育を受けられている、
もしくはこれから育まれるようになるのであろう。
こんなことを、一市井のオラホが言うことも
烏滸がましいが、学習院は過敏に記者会見にまで
及ぶのではなく、まずはその子供を諭すことが
大事なのではないだろうか。

そして、愛子様には欠席するのではなく
そういう環境であっても出席して
辛抱すると言うことを学んで頂きたいのだが。

正直、程度の低い問題と思う
とまで言うのは、言い過ぎなのだろうか。



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

もう :: 2010/03/06(Sat)

陽気もよくなってきて一部の品種の桜は
咲き始めたりして、そんな気分に誘われて
ちょっと模様替えです。

ちょっぴりいい気分になるといいな。
  1. メンテナンス
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

旧知 :: 2010/03/05(Fri)

10年ぶりだろうか。

大学時代の友人に会ってきた。
彼も時間が無いであろうが
何とか時間の都合をしてくれた。

お互いの近況と、お互い結婚して
しかも離婚して・・・
みっともない話をして。
しかも学生時代に通っていた
バーにも繰り出し・・・

2時間程度のことだったが結構
濃い時間を過ごした。

帰りは終電を乗り継いだが
眠り続けて・・・
最寄りの駅では乗り過ごした。

ただただ、愉快な夜だった。



  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まだ :: 2010/03/04(Thu)

バブルが弾けていないのだろうな。

政治家の頭の中は 記事ココ

未だに、今の日本人が世界と比較して
働きすぎていると信じているようだ。
実は、もうそんなことはないのに。
中国や、韓国はもちろんのこと、
アメリカ人や、あのバカンスを楽しむ
ヨーロッパの連中だって、よく働いている。

よくわからない「平均値」で測りすぎではないか?

我が国のGDPの中心にある産業の
労働者の層と、正しく測るべきではないか?

恐らく、日本が主力とする世界と鎬を削るような
産業の層の連中は、間違いなく日本人以上に
働いていると思うけれど。

あの馬鹿政権も、もうそろそろバラマキの
限界に国民は辟易していることに気づくべきじゃないか。




  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

忙殺 :: 2010/03/03(Wed)

そんな言葉が、今のオラホにはあっているかも。
別に忙しいことを自慢しているわけではなく、
むしろぼやいているのが本音である。

普通一般に企業さんは、3月末決算に向けて
最後の追い込みというところなのでしょうが、
オラホのところは、むしろ其れは既に将棋で言えば
詰めろの状態で、今は5月連休工事の受注追い込みと
日程調整真っ盛りである。

今年はそれに加えて、受注システムの大幅な入れ替えで
不慣れな作業が続いて・・・。
昨日はこの職について危うく初めて午前様まで
事務所にいそうになってしまった。

今日は、朝から、鈴鹿でクレーム混じりの商談です。

ホント、会社に置き手紙しそう・・・。


  1. 転職したのだ!
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

三月朔日 :: 2010/03/02(Tue)

今日から三月で、まぁ、暦の上では
既に春真っ盛りというところなんでしょうか。

というのが、いつもの三月初旬。
要は、あまり暖かくならないで
相変わらず、肌寒い日々が続いているという
そんな、雰囲気が当たり前だったのだけれども
今年は、ホント、馬鹿みたいに暖かい。

今日は、コートを脱いで出勤しようかと
思うほどの暖かさである。
実際、コートのボタンは外し
ただ、羽織っているだけでの格好で
通勤時間を過ごしたが、違和感はない。
街の桜の木も、蕾が出始めているのか?
と思うほどの膨らみを見せ始めている。
こんな調子だと、寒の戻りはあるのだろうか?

個人的には、このまま過ごしやすい日が続くと
それは其れで嬉しかったりするのだが。

ただ、この陽気に彼女でも出来るともっといいんだけど。



  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ