何やってんだ!





大晦日 :: 2009/12/31(Thu)

おおつごもり、いや おおみそかですな。

皆さん今年は如何でしたでしょうか。
オラホは、どうだったかなと言うところでしたが。

世間様を見渡しますと、世の理不尽さ、
というか、お金、とか損得というキーワードが
今年は目立ったような一年だと思いますね。
史上最悪の金融不安に始まった一年で
時の麻生政権のなりふり構わぬ景気高揚策
これ自体は、正解だったかな、と思います。

しかし、春先以降の民主党のアジといいますか
如何にも市民目線という名の「損得勘定」政策、
マクロで全体を何とかしようとする政策にたいして

個人個人へ給付する方式で、国民間に
「対象となる」「ならない」という「損得」が
前面に出る事になりました。
これは何を意味するのか。

国民間相互に不信感、不公平感を政府が植え付ける

こう言ったことになったような気がしますなぁ。
この国民相互の不信感の先に何があるのか。
一部独裁者による政権掌握が簡単になってくる
そう言う予兆ではないかと非常に危惧するわけですな。

国民の大いなるポピュリズムによる
期待感を背負って誕生した現政権ですが
既に大きく修正しようと動き始めています。
というか、先の政権時よりもラディカルな
方向に進みつつあるのではないか?
そんなことすら、考えてしまいます。

甘い言葉ばかりを語る人というのは
如何に危険か。
来年、我々は嫌と言うほど
身に染みる年になるのでしょうか。
そうならないことを心から祈るわけで。

来年こそ、良いお年を。

スポンサーサイト
  1. 祭り
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

こっちも :: 2009/12/30(Wed)

当然なんですが、準備万端ですよ。

genkan091230.jpg  お正月準備

玄関は毎度の通り、
何とも変化がないんですが。
玄関の中は
続きを読む
  1. 祭り
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

まぁ、一つの :: 2009/12/29(Tue)

お正月準備というヤツですなぁ。

西洋人の厳粛な日(日本人には?)に
続き今度は我が日本人にとって
一番おめでたい日が近づいているわけで
その為の模様替え。

来年はおめでたくなってくれると良いんですが。

  1. 祭り
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

年末 :: 2009/12/28(Mon)

28日が仕事納めの日という
企業さんも多いと思いますが、
オラホの会社では、
25日が仕事納め。
26,27日が土日の為に
例年より早い年末を迎えたのですが

26日から、年末工事

休みであっても、現場の職人さんは
働いてはるんですなぁ。
で、明日は、その進捗確認と
問題点の洗い出しと善後策の検討
それで、出張ですわ。

まぁ、普通に仕事をしている人も
多い中、休日出勤扱いというだけでも
有難く感じるべきでしょうか。

まぁ、大晦日に呼ばれないことを
祈るばかりなんですが。


  1. 転職したのだ!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

三分の理? :: 2009/12/27(Sun)

何でも「申告して」

自主的に処理した? 記事ココ

なるほど、これまでの分を
「自主的に申告して」納税した、
と誇らしげにマスコミにも語っていた。

何か違わないか?

過去に遡ってとか、
何か良いことをしたように
語っているけれども
何を言っているんだか。

要はこれまで脱税していたことを
美談のように語っているだけではないか。
国税当局は、こういう脱税の処理の仕方を
良しとするのだろうか。
良しとすれば、これから当該年度に
納税しなくとも、将来にわたって支払う
約束さえすれば、その罪を逃れられる、
こういう事を、三権の一角

行政府のトップがやるんだもの

もう一つ加えて情けないのは
野党の党首
何を緩いことを宣っているのか、
もっと騒ぎ立てるべきではないのか。
別にアジる事を推奨していないが
徹底的に事の本質をもって
非難するべきではないか。
全く何を上品に話しているのか。

これでは、政権を取り返す事なんて出来無いぞ

全く、どいつコイツも何という有様だ。
こんな事では、人心はますます
政治から離れていくんじゃないだろうか。
そして、その道徳心の低下が
ますます「何でもあり」の状況に
なるんじゃないだろうか。

そう、言葉さえ柔らかであれば。



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まただよ :: 2009/12/26(Sat)

毎度、酒を飲んでは失敗するんですが
昨晩もやってしまいました。

楽しかったんですが。。。

家に帰ったのは、
確か、3時を回っていたように思います。
で、

目が覚めても、真っ暗でした。
どうやら15時間くらい寝ていたようです。

全く、いい大人が。。。

  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

疲れる :: 2009/12/25(Fri)

先日降って湧いたように
新たな業務が加わったのだが
今日は、その業務の打合せでのこと。

ある物件に関して見積もりを
作成して欲しいとの依頼が
設計からあった。
売価見積を作成するに当たっては
当然設計原価見積もりが必要なのだが
それを作成している風もなく
急いでいるという割には、そのアクションもない。
結局問い詰めると、売価が決まってから
設計原価を考えるという。

まぁ、確かに売価に併せて
設計内容を考えるという手法もあるので
こういう手もありかと思い、作成にかかると
どうにも彼の言ってる話がつじつまが合わない。
再度、原価をイメージで良いから話してみろ、
と言うと話をする度に変化してゆく。

そう、結局の所何にも考えていなかったのだ。
たかが、一つの案件の原価で。

そこで彼に商売になるように原価作成を
させてのであるが、話をする度に
焦点をよそにそらすような話ばかりで
前に進まない。

結局、まともな仕事をさせるのに
一時間もかかってしまった。
全く、日本語が通じないんだな。
これから、毎回こんな調子なのか。。。
そう考えると先が思いやられる。

疲れそうだわ。。。

  1. 転職したのだ!
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

わざとかねぇ・・・ :: 2009/12/24(Thu)

オラホは俗に言う「メーカー」に勤めいている。
職種は営業職である。
顧客というのは、直接エンドユーザーに
販売するケースが多いのだが、
そのユーザーがデカかったりすると、
所謂代理店、商社を通すことも結構ある。
まぁ、代理店といっても親会社の
商社部門という性格が強いので、
身内企業も良いところである。

しかし、この商社の営業が使えない。

先日来契約関係の書類を
どうするのかで、我々、商社
エンドユーザー間で話をすることに
なったのだが、この商社のバカ

何もしないだけでなく、調整も何も出来ない。
ただ話を右から左するだけ。
そういう風だから、話を纏めるどころか
話をこじらせる方に作用している。
ここで、書きたいことは山ほどあるのだが
如何せん商道徳上、機密保持もあるので
これくらいしか言えないのだが

一体、彼は商社機能を何だと
考えているのだろうか。
というよりも、単純に間に入って
マージンを恵んで貰うのが、
仕事と勘違いしていないのだろうか。

全く、ストレスの溜まる仕事になりそうだ。

  1. ボヤいてんだよ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やっちゃった :: 2009/12/23(Wed)

昨日、妹に誘われ晩飯を食べに出掛けたンだけど。
寿司屋の経営する居酒屋で、かなりイケル。

魚が美味いのは、勿論
選定して出してくる酒も旨い。

散々、食べ飲み散らかして・・・

えぇ、結構なお勘定でした。
差し迫る年の瀬結構な散財です。

さて、年越せるのかいな。。。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

今頃・・・ :: 2009/12/22(Tue)

まぁ、この時期になると、いやいやではないが、
若干気持ち面倒くさい思いをしながらも
作成するのは、

年賀状

別に郵政省の指導通りの日に
年賀状を投函しないと、なんて
露にも思わないが、まぁ、元日に
着く方が気持ちいいわなぁ・・・
そんな程度で書き始める。

まずは、昨年にいただいた賀状
今年の喪中の寒中見舞いを確認。
そして、優先順位をつけてゆく。

その際に実施するのは
誰もがそうだろうけど、現住所の確認。
そんなある意味単純作業なんだが、
やはり引っ越しやら、職が変わったとか
みんなそれぞれ、変化があるモノだ。

そんな中、住所変更のあるハガキの中
まず、引っ越しすることはあり得ないだろう人が
引っ越しをしていた。だって彼は自営業だ。
事業に失敗したという話も聞いていない。
で、よくよく賀状の中身を確認したら

住所と共に家族も変わっていた。

えぇ、一年でものの見事に。
家族構成そのものが。
念のため一昨年の賀状を確認したら
旧住所。。。

しかし、オラホも今頃気づくか。

  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

結局は :: 2009/12/21(Mon)

いよいよ。独身男には、一年の内で
最も辛いイベントが街中で起こるときですな。

えぇ、クリスマスですな。

いつものデパートも

こんなのが  DSC00471.jpg  

今年は、何でも有名アーティストがプロデュースしたとかで
地元FM局も一枚乗っかっての、代物だそうです。
で、その大物アーティストとは、

DSC00470.jpg  DREAMS COME TRUE

所謂、ドリカムですな。 

DSC00468.jpg  

最近20歳の嫁を貰ったこの人は
ココにゲストでお見えになったそうです。

で、この人は???  DSC00469.jpg  

まぁ、名古屋のアンダー40の人々は
皆さん、喜んでいるんでしょうなぁ。。。

で、全体を眺めていると・・・ DSC00467.jpg  

そう、結局は良くできたプロモーションですな。
  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

いきなり :: 2009/12/20(Sun)

なんですなぁ・・・。
昨日は名古屋も初雪だったそうで。
昨日の寒さが今日にも持ち越し。

寒くて、寒くて・・・。

外に出ようというか、いう気にもなりませんな。
部屋で縮こまってじっと過ごしてしまいます。
何かしないといけないな、とか
そう言えば今日は紳士服のバーゲンが
どっかでやっていたなとか思うんですが、
寒さが、外に行こうという気にさせてくれませんね。
イカンイカンと思うのですが・・・。

ここは一念発起して寒い中に
プールにでも行ってみましょうか。。。

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

住処 :: 2009/12/19(Sat)

年一回のことなんだけども
というか、年一回しかないから
物事が進まない。

何かといえば、マンションの
管理組合総会。
毎年修繕計画やら、管理委託業務やら
その他、諸々の話題をみんなで話し合うわけだが
どうにも、管理会社主導でどうにも
言いくるめられている気がしてならない。

そんなことを思いながら参加するのだが
アレですなぁ。勉強している人はいるもので
管理会社の提案するモノに丁寧に反論してゆく。

その対応に毎度感心する。

かえってオラホは、ただ聞くばかり。
何か意見を言わなければならない
ということは無いのだろうけれども
どうにも・・・。

やはり、自分の家のこと。
もう少し勉強するか・・・



  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

師走 :: 2009/12/18(Fri)

要は、年末せわしい感なんだけれども。

当社も年末年始案件の最終確認やら
年始以降の受注案件の確保やら、
更には忘年会まで絡んできて・・・

毎日正味ヘロヘロ・・

まぁ、仕事がある分良しとしますか。

  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

まぁ・・・ねぇ :: 2009/12/17(Thu)

商売だからねぇ・・・。

昨日久しぶりに、
綺麗なお姉ちゃんのいる店に
行ってきたんだけれども、
まぁ、ママの愛想の良いこと。
水曜日、平日の中日で忘年会も少なく、
その二次会というのも少なかったんでしょう。

前は、あれだけ適当にしてたのに。

需要と供給・・・
アダムスミスの見えざる手でしょうか。
違いますなぁ。

値段はしっかり上がっていたし。
  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

毎度 :: 2009/12/16(Wed)

いろんな構造物を見て思うのですが

例えば、こんなの


続きを読む
  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

初めて :: 2009/12/15(Tue)

では、無いんだけど、初めてでした。


続きを読む
  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

よくわからないが :: 2009/12/14(Mon)

今、NHKの年末一番の気合いの入った作品

坂の上の雲 HPココ

作者の所謂「司馬史観」に貫かれた作品で、
一部にそのバイアスが見受けられる場面も
あるらしいのだが、楽しみにしている。
(実は原作を放送日までに読もうと思いながら
 読めずじまいで恥ずかしいのだが)
で、まぁ今日もその放送を見たのだが、

何故か涙が出てきた。

いや、何故ではない。この歴史ドラマを見るとき、
過去の日本人の「御国のため」、「日本も一等国に」
という、熱い思いが全面に出ている様と
今の政治状況のあまりに対照的な姿に
得も言われない不安と、先人の命をかけた
我が国建設の姿に対する冒涜に自然と
その情けなさに目頭が熱くなったのだと思う。

ホンマ、先人の苦労を思いながら
今の政治家は見ているのか?

やはり偏っているのか。オラホは。








  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

誰か・・・ :: 2009/12/13(Sun)

民主党の方、教えて下さい。
日本人にどんなメリットがあるのか。
日本国民」の誰もが納得する言葉で。

お宅の親分の言ってること 記事ココ

そう、お得意の簡単な言葉で。

もうそろそろ、物理的な排除も本気で
選択肢に入ってくるんじゃないか。

  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

いよいよ :: 2009/12/12(Sat)

世界地図から、そして世界史からも

我が国が無くなる? 記事ココ

これが、「友愛」とやらの本当の姿だ。
中国様にご機嫌を取るためなら何でもやる。
しかも、我が国は
正味元首である「天皇陛下」が
お出ましになり、しかもその相手は、
次期最有力候補かも知れないが、
国家元首でもない「副主席」である。

外交バランスもへったくれもない

これでは、我が国は中国の属国である。
大東亜戦争で米国に敗れた以来の
国家的屈辱である。更に質が悪いのは、
それを嬉々として仕掛けているバカが
政治指導者である事ということだ。

今から10年ほど前に某国で
中国の政治指導者が
「30年後には日本という国は
 世界地図から無くなっている」
こう発言して物議を醸したが
今や、それがいよいよ現実味を帯びてきた。
独裁者と、売国奴が国家運営している。
そう思うと、悲しくなってくる。

衆愚政治の末路を歴史ではなく
現実に経験するとは。。。

  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

何かねぇ :: 2009/12/11(Fri)

昨日は、いつもの飲み友達と
久しぶりにやったんだけど

なんですかね

大して飲んだつもりはなかったんですが
立派な二日酔いです。
確かに昨日は飲む前、ちょっと眠気が
あったんで、それが影響したのでしょうか…

しかし朝からしんどいわ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

あの・・・ :: 2009/12/10(Thu)

正直、余計なお世話だと、
思うんじゃないでしょうか。

選ばれた人は 記事ココ

それぞれ、いろんな事情があるでしょうし
もしかしたら、それで良いと達観している
人もいるかもしれないし。。。

それこそ、頑張っても出来ない人もいる。
そう、オラホみたいな人もいるのだ。
「抱かれたい芸能人」「抱かれたくない芸能人」も
そうなんだけれども、正直、
それを順位立てたからと言って、どうでしょう。
オラホ達の人生にどういった影響があるのだろう。

ホンマ、どうにもしょうもない内容ですな。

しかし、未だに坂田師匠入りまっか。
  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

全てが材料 :: 2009/12/09(Wed)

そう言うことなんでしょうね。

内々定だって 記事ココ

かつて、女子アナウンサーというのは
今ほどその就職に高倍率とか、注目されることって
少なかったように思うが、多分今は故頼近美津子さんが
NHKからフジに引き抜きにあった頃から始まり
オラホ達が就職試験を受けようかという頃の
「八木亜希子」「有賀さつき」「河野景子」のフジ三人娘とか
「永井美奈子」なんかが出だした頃から大きくクローズアップ
されてきたんじゃないかな。
今では、何でも「ミス慶応」が女子アナの登竜門なんて
訳の解らない事態が発生してしまい、そして
あの平井理央以来の彼女の内々定・・・。

もう「ミス○○」では、なんのインパクトも無いという事なのか。
それとも、アイドルもその収入面とか、社会的ステータスとか
そう言うモノを深く考えると、最後は安定した『会社員』を
指向すると言うことなのか。。。

彼女は彼女なりに努力して、今の内々定を
勝ち取ったのだろうと思う。しかし。。。
まぁ、最後は話題になればいいという
各方面の姿勢に一番問題がありそうだけど。

  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

解るんだけど :: 2009/12/08(Tue)

事情は。

確かに予算も無いのでしょうが、
ぶっ壊れている設備を中途半端にしか
修理しないと言うことは、より大きな事故を
生む原因になるんだな。これが。

こういう説明を淡々とさせていただいたんだが
なかなかご理解を得られない。説明が下手なのか。
しかし、なぁ・・・、こっちは休日潰して対応したのになぁ・・・。
しかも夜遅くまで、善後策を検討しての回答なんだけど。

今日も出張先の電話口で、電波状況の悪い中
途切れ途切れの説明なので、より心証を悪くしたかも。
最後には、声を張り上げていたかも知れませんし。

とっとと、工場で火災でも起こせば身に染みて
理解するかも知れませんが、判っていて
そんな対応をするのは、これも又商道徳に
反するような気がしますし・・・。

まぁ、ダメ元で明日もう一度説明に行きますか。


  1. 転職したのだ!
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

行きがかり :: 2009/12/07(Mon)

そう、行きがかりでこんな所に
行くことになりました。

frag1091206.jpg  大漁旗です。

いったい何の催しかと言いますと、

この人のコンサートでした。 リンクココ

会場入口には、 frag2091206.jpg  こんなのも

また、hana091206.jpg  著名人のお祝いの花も

多くありましたね。何でも10周年だそうです。
オラホが何故こんな所に来ることになってしまったか
といいますと、最近親父がいろんな懸賞に
応募するのが、マイブームでして、今回も
その懸賞に当たったので、行ってこいと。

オラホ的には、嫌々ではなく、実は彼女
プロフィールを見ていただくと解るように、

我が校OGなんですな。

しかも彼女法学部で、民訴ゼミだったという
事でしたから、多分W教授の所だと思います。
(オラホは、政治学のF教授でしたが)
尚更親近感を持って、拝見しました。
とは言え、「進学理由は家から通えたから」
まぁ、学力の問題もありますが、
彼女の実家は相当裕福だったのだろうと
想像できますね。だって学の近所って
芦屋の足下にも及びませんが
結構な住宅地ですからねぇ。。。。

確か、4部構成だったと思いますが
彼女の持ち歌をはじめ、昭和の名曲や
ヅカジェンヌの皆さんのダンス
なかなか、面白い構成だったと思います。

そうそう、会場には名古屋のマスコミ関係者も
かなりいたようです。
たしか某放送局のアナウンサーや
演歌番組をやっているタレントもいたようですし。

しかし、ファンというのは凄いですね。
名古屋の公演に、地元神戸からも
バスを仕立てて、ツアーも入っていました。
それ以外にも、彼女全国漁協の関係の
仕事をしているらしく、その関係者と
覚しき方も見えましたね。

最初から、最後までファンの熱狂的な
応援といいますか、掛け声で
かなり盛り上がったコンサートでは
無かったでしょうか。

たまには演歌のコンサートも良いようです。

  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ヘロヘロ :: 2009/12/06(Sun)

昨日は美容院(オラホは散髪屋ではない)に
出掛けようとしたその時、業務用の携帯が鳴り出して…
設備の調子が悪いと言う。
電話ではラチが開きそうなかったので
結局現地調査に出掛けたら、
ものの見事に電気がNG!
この後は会社に出掛けては、職人衆の段取りやら
部品の手配やら〓

家に帰り着いたのは、夜9時
通常勤務時よりも遅い帰宅です。

今週末は予定ガチャ狂いです。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

我が国は :: 2009/12/05(Sat)

独立国であって、何処の国の属国でもなければ
植民地でもない。当たり前の話である。

しかし、戦略的外交姿勢は必要であり
属国に等しい事象も受け入れなければ
ならないことはある。

例えば米軍基地もその一つである。

自衛軍を建前上持たず、核武装も出来ず
ましてや自前の情報収集組織もお粗末。
しかも島国という地理的優位性だけで
やっと独立を保ているんじゃないか、
とすら思われるこの国の周りには
海底資源を横取りしてゆく国家や
歴史的にもつじつまの合わない話を
でっち上げては、領土を主張し不法占拠を
続ける国家があちらこちらにある
この現状で、我が国の政府は

この体たらくである 記事ココ

このままでは、今の首相は
日本史だけではなく世界史にも
名前を残しそうだ。

世界一の政治音痴として。



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

出張なんて・・・その2 :: 2009/12/04(Fri)

 そう、久しぶりの神戸だったんです。
ちょっと時間の隙間が出来たので

motoyamast091127.jpg  途中下車しました。

久しぶりなので、とにかく変わりまくっていました。

street1_091127.jpg  この道や

こんな場所も street2_091127.jpg

あの頃立っていたギルバートもいません。

しかし、この川は相変わらずで river091127.jpg

tao071127.jpg  この道のどこかの店は

元中日?、西武?阪神?楽天の田尾さん行きつけだったりします。
学生時代阪神の現役だった頃、たまに見かけたりして。

校舎も 1goukann091127.jpg  変わっていないなぁ、

なんて、思って見たのもつかの間 konanfiber091127.jpg

学生時代には理学部と語学教室のあった場所は
今や最先端研究所の様相になっていました。

class091127.jpg  しかも学生は真面目に沢山出席してるし。

オラホの学生時代には、こんなに出席率の高い授業は
数少ない人気講座しかなかったんですが。。。
というか、出席を取る教授の授業しかでなかったし。
加えて出席しても寝てたりしてたんですが、今の学生は
熱心なんですね。というか教授も熱心だったりするんでしょうな。

そんな、変わらないものを求めていたのに
変わりまくっているこの街周辺に驚きながら
変わらないものが少しだけでもあったことに
ホッとしたんですが、いよいよ時間もなく
電車に乗ろうとホームに立ったとき

konanhighball091127.jpg  このお店「甲南ハイボール」

このお店が何事もなく存在していたことに
ものすごく感動してしまいました。
今でも学生共は、この店で暴れているんでしょうか。
恥ずかしい過去も含めて、いろいろ思い出してしまいました。

ホントちょっとしたセンチメンタルジャーニーでした。



  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

もう、ダメ :: 2009/12/03(Thu)

そんな感じがしますね。
どうなんでしょうか。
全て出尽くしてしまったんでしょうか。
今の音楽業界というのは。

今日も音楽特番 (HPココ)

ただ点けている感じで見ていましたが、
今の音楽は、ヒップホップ系か
むやみに声を張り上げるだけの歌
更には、過去の作品のオンパレード

確かに、オラホぐらいの世代には
堪らない曲がガンガン来ていて
口ずさんだりもしましたが、
今の10代20代は音楽番組に興味ないのでしょうか。
昔はこの時間帯のこの音楽番組は
決まってターゲットは
10代後半から20代前半の女性
そんな印象でした。

それが何時の頃からか
多分「R35」がヒットする前からでしょうか。
オラホの子供の頃であれば
間違いなく懐メロ番組であろうという
番組が結構良い感じに放送されていたりする。

これはこの頃(80年代)の音楽が良かった

そんな、単純な理由ではないのだろう。
今の若者人口の減少が視聴率に
確実に効いてきていると言うことなのか。
それとも、先に書いたとおりに音楽にすら
若いこは興味を持たなくなっていると言うことなのか。

理解不能な世界がそこにあったりするわけで

更に突っ込んで考えれば、
バブル全盛の頃に始まりバブル崩壊を経て、
今まで続く不況の中、
そう、バブルの頃の主力の消費する層が
今の60歳にさしかかろうかという
団塊の世代とその子供世代が主軸だったわけだが
未だに脈々とその層に消費を頼らないとならない
という経済環境の延長線上に、こういった
番組造りをさせるのか・・・。
そんなことまで想像してしまう。
まぁ、そんなことは置いておいて

森高はおばさんになっても綺麗だ。

これが今日一番の感想だな。
しかし、懐かしのガールズバンド

渡瀬真希ちゃん、NOKKO・・・

何も言うまい。ただ悲しい気持ちになった。
あれほど、時の残酷さを見せつけなくても・・・
  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

出張なんて言いながら :: 2009/12/02(Wed)

こんな所へ行ってきました。

porttower091127.jpg    

さてここは、何処なんでしょうか。

神戸です。 kobeport1_091127.jpg   

ここまで見せれば十分解りますか。

商談までに時間が若干あったので
久しぶりの神戸なので、ふらついてしまいました。
というか、神戸市内の学校に通いながら
こっちの方には殆ど来たことが無かったりします。
ですので

正味、観光客です!!

で、ここはどこかといいますと、 title1129.jpg

モザイクとか言うところで、オラホが学生の頃には
こんな施設はありませんでしたね。
というか、このエリア自体が、工業地帯でこんな
オサレな場所なんて、ありませんでしたな。

mozaik091127.jpg  こんなのがあったり。

ということで、土地勘のある方なら、
オラホはここから歩いていける
企業さんで商談をこなしたんですな。

さて、帰り道は、正直歩いて帰るには
しんどかったので、タクシーを使いましたが
その道すがら、いよいよルミナリエ神戸の
準備が整いあるという印象でしたな。
(写真は上手く撮れませんでした。)
でもって、

sanomiyast091127.jpg  ここも大きく変わっていました。

学生の頃は、ここからバスに乗って
スキー教習に行ったものです。
(この教習のお陰で、体育は常に優でした)

普通はこう言うので時の流れを
感じるのでしょうが、ことこの神戸を
訪れるときには、あの震災を思い出すんですな。
オラホも学生時代の友人を失っています。

知っている三ノ宮が無くなっているんですね。

  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ