FC2ブログ

何やってんだ!





活発化? :: 2009/06/29(Mon)

してきていますね。

「そう遠くない日」に向けて

今日も車で走っていたら、地元選出の衆議院議員が
車が猛烈なスピードで走り去ってゆくばかりの道端で
気のない演説を繰り返していた。
次はコイツには投票しないでおこう・・・
なんて思いつつ、街に出かけたら、街宣車の声

北朝鮮には毅然たる態度で臨みます。

景気対策を徹底して、景気回復を実現します。

・・・

なんて、一々有難い政策を掲げている
演説が展開されていた。この魅力的な発言は・・・
最近立ち上がった、某政党の演説であった。
話している内容は共感を得るものばかりである。
その何というか、ばらまき政策とか
市民のための、とか、そういう左翼系とは
全く違う形の心地よい言葉の連続である。

このまま、この政策を訴え続ければ
もしかすると、この政党が一番共感を
得るのではないか、そんな気がするのである。

安全保障に踏み込み、景気対策を語り
いずれもその手法はナショナリズムを
ちょっとくすぐりながら、である。

あたかも絶賛している様に
聞こえるかも知れないが、
決してそういうわけではない。
むしろ逆である。

なんであれ、どういう手法であれ
心地よい言葉しか語らない連中というのは
必ず、その裏に何かを隠し持っている。

ここから先は、大きく偏見に基づくが、
多分、この政党が政権を取ったら
そうだな、ナショナリズムに訴えた
過激な政策に向かうのではないだろうか。
かつて、ヨーロッパに存在した帝国のように。

スポンサーサイト



  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2