FC2ブログ

何やってんだ!





便利ですな :: 2008/09/26(Fri)

携帯電話というものは。というよりむしろ

「ケータイ」 ・・・ か。

元々これは電話で、通話さえ出来れば
その役目と目的を達成していると思うが、
メールに始まり、i-mode、インターネット
カメラもつけば、TVも見られる。

そんな、ケータイで専ら読まれている
小説が受けている、ということである。
映画化され、TVドラマにもなった
「恋空」もそれらしい。

そんな中、今回小説家の瀬戸内寂静さんが
ペンネームを「ぱーぷる」として、今回
作品を発表しているらしい。

瀬戸内寂静さん ケータイ小説執筆 記事ココ

何でも、源氏物語をベースに展開しているとのことである。
このケータイ小説、作家が昔ながらの原稿用紙に文章を
綴ってゆくのではなく、携帯電話のメール機能を使って
書き込んでゆく(打ち込んでゆく(?))というのが、その方法らしい。
(今回の瀬戸内さんの場合は、流石にそれではどうにもならず
 原稿用紙に書いて、それを打ち込んでもらったらしいが)

ここで思うのは、小説というものをその構想であるとか、
コンテみたいなものを作成せず(やはり作成しているのか?)
ほぼぶっつけ本番とも思える状況で、作品を作っていると
思われることである。
実際打ち込んだ文章は、もし即アップロードされるのであれば
推敲とか行われることなく、公の場に登場するわけであるから
その度胸たるや、相当なものであり、天才なのか、ものすごい
鈍感なのか、当惑してしまう。

多分実際には、アップロードされる迄の間には
どこかのサーバに保存され、そこで何度となく
推敲をされていると思うが、それにしてもその
データを保持している状態もなんかの拍子に
どうにかならないのか?
等とどうでもいいことまで気になってしまう。

本が売れない、小説が売れないと言われて久しい昨今
市場を形成してゆく上での、一つの手法であると思うが、
その何というか、読み手として電子データ、というより
あの携帯電話の小さい画面の中で、数行(十数行)の
文章しか見えない中で、その作品を味わえることが
オラホには既に困難なのだろうなと、感じるのである。

さて、はじめてケータイ小説を執筆した瀬戸内さん
原稿用紙で書いた文章は、その表現などが
「古い!」と、相当担当者から修正されたらしい、
そんな様子が、ニュースで放映されていた。

対象読者層を考えれば、そうせざるを得ないのだろう


続きを読む
スポンサーサイト



  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:2