FC2ブログ

何やってんだ!





まぁ、気楽に・・・ :: 2008/09/10(Wed)

今回は、直近に読んだ本だけにしようかとも
思ったのですが、それだけではどうにも
解らない部分が出てくるので、2作品を
その最初の作品は、名作と言われる古典です。

karamazohu.jpg   新訳本です。

カラマーゾフの兄弟 (亀山 郁夫 訳)

ここ1~2年で結構販売数を伸ばしている
古典の新訳だそうです。噂では30万部を
越えるヒットになったそうです。

オラホがこの本に向き合うきっかけになったのは
某ブロガーの記事ではなく、 (今探したら、随分前だよ)
以前より愛読していた元外務省職員が絶賛していたこと。
ロシア人の宗教観が良く解るという氏の意見に
感化されたというところですな。

実際読んでいくと、物語のクライマックスに向けて
主人公を中心に、登場人物それぞれの道徳観、
キリスト教との関わり方などが展開され、
終局を迎えていく、そんな展開となっていますね。
その中で、「大審問官」という一つの山場を迎え、
この訳が絶賛の対象になっているようです。

キリスト教を軸とする道徳と
その対峙する価値観との葛藤

上記も大きなテーマなのですが、この事だけに思いを
ひたすら馳せて読んでいくと、正直疲れてしまいます。
(難しくて嫌になってしまう・・・?)
お勧めの読み方は、余り深く考えずに、

ミステリー小説の部分(?)に
重きを置いて読んでいく

この読み方が、結構楽しく読めていけるかと思いますな。
それと、お勧めの読み方をもう一つ。
まず最初に各巻の巻末に書かれている「読書ガイド」を読む。
これから読もうとする物語の理解をかなり助けてくれます。
第一巻を読むときには、知らずに読んでいたのですが、
二巻目以降は、この読み方をしたことで、随分と助かりました。

外国の、しかも古典で哲学書的な位置づけの本ですが
背景に深く踏み込まずに読んでも十分興味深い作品です。

で、もう一冊は

続きを読む
スポンサーサイト



  1. こんな本読んでます
  2. | trackback:0
  3. | comment:6