FC2ブログ

何やってんだ!





帰ってこれたけどね :: 2008/08/29(Fri)

さて、昨夜は、

nagaregawa080827.jpg  呑んだわさ♪

丁度、宿が広島一の繁華街の中にあったので、
(まぁ、取ってくれた人が気を利かせてくれたのですが)
華やかというか、賑やかな中で、・・・

広島焼きを食べました。

(お約束ですか ^^; )
お好み村があるそうですが、
仕事終わりが遅かったこともあり
近くのお好み焼き屋さんで済ませました。
その後は、・・・。
要は呑みに行っただけですが。

で、今日は二日目。
朝から現場で作業をこなし、
昼休みに時間があったので、
広島の観光ポイントと言えば、

atomicdome080827.jpg  原爆ドームですね。

あの9.11以来、ワールドトレードセンターも
「グラウンド・ゼロ」とアメリカは呼び始めましたが、
本当の「グラウンド・ゼロ」の意味を確認して
欲しいものだと、改めて思いますなぁ。
意外だったのは、広島市民球場があんなに
近くにあるとは思いも寄りませんでした。

で、ドームにある慰霊碑や、

monument080827.jpg  祈念碑に

被災者の冥福を祈りつつ、回らせていただきましたね。

で、通りすがりには、 info080827.jpg 案内板

何で、こんな字体をわざわざ選択するのでしょうか。

こういう施設は、原爆被害の悲惨さばかりを取り上げて
盲目的に「戦争反対」とか、無理な「非武装中立」を
洗脳してゆきます。
実は、高校の修学旅行で、この地を訪れたのですが
その時も、事前教育と称して「10feet」映画を
「抜き打ち」という卑怯な手段を用いて、生徒に強要し、
この施設(と言うか原爆資料館ですか)を強制し、
正直、不愉快な気分にさせられたものです。
何で、こんな悲惨な結果のみを強調し、
しかも戦争をした日本が悪い・・・。
当時よりの違和感も年を重ねる内に確信になってゆきましたね。

こういう事を含めて、日本を破壊したのは日教組でしょうな。
偏見に充ち満ちたサヨク教育は、排除されるべきですな。

=================================

オラホの結論は、あの戦争について
戦争を開始した環境とその責任の問題と
この原爆投下の意味は全く異質のものであること。
この広島という街は、最新兵器の実験場として
「黄色人種との戦争だから」投下されたんだと言うこと。

(同じようなことは、ベトナム戦争でも言えるでしょう)
このことを、我々は覚えておく必要があるだろうと。
戦争を回避することは、政治責任者は当然行うことであり、
当時もギリギリ(それこそ今では想像も付かないほど)の
選択をしたと考えるべきでしょう。
ただ、我々は「戦争も外交手段の一つである」という
事実もしっかり理解しておく必要があります。
この施設を訪れ、改めて「無責任な戦争反対論者」への
憤りを感じます。
多分、こいつらが、いざとなると戦争をはやし立てます。
(将来この予言は評価されないことを祈りますが)

あの戦争は、軍部の暴走とかそんなものではない。
日本軍が悪かったわけでも何でもない。
悪かったのは、「日本が戦争に負けてしまった」と言うことである。
それだけである。だから戦況が決まった後、並びに戦後いろいろな意味で
我が国は「実験場」になってしまったのである。

今頃、「個人主義と倫理」という実験の総括が
どこかでなされいるかも知れない。

=================================

途中で変なところに話がそれちゃいましたが、
この後仕事をサッサと片付けて、大和ミュージアムへ
行こうかという話もあったのですが、流石に
そうは問屋は卸してくれませんでした。
中途半端な時間でしたが、サッサと帰ろうと
広島駅に行くと、何と豊橋付近の豪雨の影響で
新幹線が大阪~博多間での運行。
仕方がないなぁ・・・なんて思っていたら、

N700-080827.jpg N700ですよ

折角なので堪能したかったのですが
どうにも運行再開後の新幹線は
帰省ラッシュ以上の混雑
名古屋まで席を立つことすら出来ませんでした。

さて、週末は実家に紅葉まんじゅうを持って行かないと。

スポンサーサイト



  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:2