FC2ブログ

何やってんだ!





同情というか共感というか :: 2008/06/05(Thu)

そのような思いに至らない話題である。
最近巷を賑わしているこの話題。

通達運用は第一歩 (記事ココ)

所謂、無戸籍問題について、適当な記事を
探していたのだが、適切な記事がなく、
若干古いものだが、これを引っ張ってきた。

事実、子供が学校に行けないとか、
受けるべき公的サービスを受けられないとか

そう言った不具合の発生事例を聞くと
可哀想だなだなとか、不憫だなと
思ったりするが、それがどうした、ぐらいである。

この記事に出ているような事情であっても
簡単に300日規定を緩和するようなことでは
ただでさえ、崩壊している日本の家族制度が
より一層加速度をつけて、無秩序になっていくことになる。

様々な事情があるようであるが、
いずれも自分でまいたタネである。
チャンと決着をつけてから、
次のステップを踏むべきである。

暴力夫から逃げている内に
懇意にしている男性との間に子供が出来たとか、
離婚訴訟中に、新しい恋人が出来てその子を宿したとか、
更には、確かに新しい男のとの間の子に違いなから
前の旦那の子供になってしまうのは嫌だから・・・

いい加減にしろ!!

全部、自分勝手な事情じゃないか!!

確かに、なかなか相手が離婚交渉に応じないとか、
旦那が新しいあんなの所に入り浸りで連絡とれないとか、

そんなことを宣うが、
そんなことは訴訟を起こせばいい。
先に挙げたような例であれば、
被告は応訴する事は多分出来ない。
応訴しなければ、被告は敗訴である。

少なくとも書類上は離婚成立しないか???

勿論、このような流れほど、全てのケースが
簡単な話ではないだろうと思われるが、
少なくとも結婚、離婚なんてものは
自分の人生をリスクをかけて行うものである。
そんな時に、何を情事にかまけているんだ!!
徹底してストイックに過ごしてもいい時じゃないのか。


そのひとときの隙が、自分の子供の不幸を
生んでいるのではないか。
更に言えば、出来てしまったものは、
仕方がないのであれば、
母親は安易な無戸籍という手段をとるのではなく、
子供のためにそれこそ人生を賭して
立ち向かうべきではないか。

何を甘えているんだ。
その相手の男は何をしているんだ!!

確かに、離婚後300日以内であっても
未熟児のために母子ともに保護のための
早産であるとか、いったケースもあるだろう。
このようなケースを例外というのであって、
少なくとも、主軸に論じられている内容は、
そうにも当事者の、わがまま、不始末の域を
出ているとはとても思えない。

そんなことを思うと、
どうにもこの300日規定問題
共感できないのである。

全く、日本という国は何処まで家庭
大切にしなくなってしまったのだろう。

家父長制を復活させるべきではないか?

スポンサーサイト



  1. 巷の話題にイッチョかみ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6