FC2ブログ

何やってんだ!





時が流れて・・・ :: 2008/02/24(Sun)

今日も昼間のテレビの話題で、
名古屋名物「エビフライ」があげられていた。

今でこそ、「名古屋と言えば、エビふりゃぁ~」と
名古屋人自身も言うようになったが、
この番組でも言っていたように、
タモリが、昼間の自身のレギュラー番組
(今でもやってる笑って○○○○!!ね)の中で

「名古屋で、『美味いものがあるから食べに行こう』と
 誘われると、必ずエビフライなんだよな。
 これが、ある一定の人とか、業界とかそういうの 関係なしに、
 『初めて誘う人は必ずエビフライ。』
 名古屋には、エビフライ以外に
 美味いものは無いのかね。

 尤も、名古屋は大いなる田舎と言われて久しいし・・・。」

こういった趣旨の発言を繰り返していたのが始まり。
この番組だけではなく、自身の出演する至る番組で
発言していた。(オールナイト・○ッ○ンでも)

当時、「文化不毛の地」「日本三大ブスの産地」とか
とにかく、ろくな評価を受けていなかった名古屋人は
「もう一つ、民度の低さを示すような、この評価」に
猛烈に反発してた。
それこそ地元マスコミをあげて、
タモリの言うようなことはない!!」と
言うようなちょっとした騒動にまでなっていた。
その年、中日ドラゴンズが優勝したが、その時ですら、
「エビフライだけでなくなって良かったね」
と言った趣旨のコメントを中日スポーツが
タモリの元に取りに行ったぐらいである。

コレが、いつからかだろうか。
多分バブルの頃だろうな。
エビの消費量の多さが、景気に連動している
と言うような、論文がまことしやかに
どっかのシンクタンクで出されるようなったときだ。
そこから、開き直ったというか、尻馬に乗ったというか、
それとも受け止めるようになったというか。

時が流れ、繰り返されると、それが当たり前になる
そう言った良い事例なのだろうな。

因みに名古屋でエビの水揚げが凄いという話はない。

スポンサーサイト



  1. しかしあれ
  2. | trackback:0
  3. | comment:6