FC2ブログ

何やってんだ!





毎週土曜日の夕方は :: 2006/11/25(Sat)

この歳になって恥ずかしいんだが、
実は「ウルトラマン・メビウス」を楽しみに見ていたりする。
といっても、毎週欠かさずという所まではまっている訳でもないんだが。


かつての名獣(?)や、カプセル怪獣も出てきて懐かしくもあり
出てくる女性隊員の皆さんも美人揃いで、スタイルも良く
(お母さん達には、多分イケメン隊員さん達が一杯でかっこよく)
ホント、堪らないと言うところではないでしょうか。


しかし、今回のシリーズで、驚いたのは


ウルトラマン(メビウス)が、その素性が判っても、


ミライ隊員として平然とGAYSにいることである。


かつての(というか私の知っている)ウルトラマンシリーズでは
ウルトラマンは、その素性(ウルトラマンであること)が判ったときが最終回
即ち、地球を離れて行く姿をみて


「有り難う、○○(隊員名)、有り難うウルトラ(マン)○○」


つぶやくのが定番だったような気がするが・・・。


しかも、GAYSと一緒になって戦ったり、GAYSに助けてもらったり...。


基本コンセプトとして、ウルトラマンメビウスが、
ウルトラマンとして成長してゆく過程を描こうとでも言うのか、
それとも、「人間とウルトラマンの共生?」をテーマにしているのか・・・。


娯楽番組にそこまでの解釈を求めるのは如何とは思うが。
まぁ、
そんなこと考えなくても十分面白いし、楽しんでるんで。


しかし、所謂小難しいことを言う連中はこう言うんだろうなぁ。


「 かつて、ウルトラマンは登場すれば、必ず怪獣を倒し、それまで地球を防衛
 しよう 
としながらも、怪獣に歯が立たない科学特捜隊に始まる所謂「地球防
 衛軍」の存在も関係なく、怪獣を退治(破壊)して、颯爽と光の国に向かって
 飛び去ってしまう。


  これは、日本が日米安保条約さえ結んでおけば、日本がソ連などの所謂、
 『共産勢力』から侵略の危機に晒されたとしても、その絶大な軍事力を保持
 する米軍が、日本を救ってくれるという、心理的な要因が大きく働いたストー
 リー展開で、国民は満足していた。
 もし、現実的な戦争になったとしたら、相手の国が攻撃をする前に核兵器を
 米軍が投入するなど、相手を徹底退治するはずである。
そう、ウルトラマンは
 米軍であり、核兵器だったのだ。


  しかし、9.11テロによって、アメリカという国の『軍事力の絶対性』が、ものの
 見事に脆弱であることをさらされ、更に日本においては、近隣諸国の現実的な
 脅威に晒されている。かつての冷戦時代とは、その構造そのものが変質した
 のだ。そのような時代の気分の中での、ウルトラマン・メビウスのストーリーは
 今の日本を故意に誤った道に導こうとしているのではないか。


  即ち、ウルトラマン・メビウス(米軍or核兵器)は、GUYS(日本)と、共に戦わ
 せることで、GUYS(日本)でも、一緒になって戦えば地球(日本)を守れるのだ!
 と、地球防衛に名を借りた自国の過剰防衛への道を突き進ませようとする、そ
 んな気分を喚起しようとしているような、今の子供番組に危惧を感じるのだ。」


なんて、金曜日あたりに考えるのかぁ~。「プロ市民」の皆さん!!


多分、単純に「努力」「根性」「友情」(どっかの漫画雑誌のキャッチフレーズだけど)
前面に押し出して、作ってるだけだと思うよ。
その方が、若干話を作り込んでも最終的には子供にも判りやすいしねぇ~。


冗談でなくて、今書いたような評論が出てたら「腹抱えて笑ってやる!」


さて、あんな下らない左翼妄想の話はあっちに置いといて、
先にふれた女性隊員ですが、誰が一番スタイルがいいのでしょうか?







答えは・・・。












 










そうなんです。人は見かけによりません。(ドラマの中ですが)


あの一番の「ロリキャラのコノミ隊員」が


一番エロイんですね。


だって、グラビアで飯喰ってるんですから。



因みに、女性隊員の皆さんのプロフィールは、以下の通り。


ミサキ・ユキ 総監代行


カザマ・マリナ隊員


アマガイ・コノミ 隊員





 ホント、エッチだわ。


スポンサーサイト



  1. 「市民」叩き
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

第160回「ブログを続けるためのヒケツ」 :: 2006/11/25(Sat)


そんな物、あれば欲しいってもんですよ。


毎日、ネタ枯れしないか、冷や冷やモンですよ。
加えて言うなら、
無理して毎日書かなくてもいいんじゃ無いかって・・・


自虐的になってしまうわけです。┏(x_x|||)┓


ともあれブログ始めて、なんとか約3ヶ月半、
ここまで続いたのは、やはり一番の読者である


私が読むのを毎日楽しみしているから


差し詰めこんなトコでしょうかねぇ~。


俺、サイコー!!


思いっきりナルちゃんだよ ・・・_| ̄|●


  1. トラックバックテーマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:4