FC2ブログ

何やってんだ!





私は :: 2006/11/20(Mon)

あなたを愛しきる自信はありませんが、
たとえ、あなたが私を嫌いになったとしても、
私は絶対あなたを嫌いになることはありませんから。


この気持ちだけは、信じてください。
逢えて良かった。

スポンサーサイト



  1. しかし、あれだな
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

さて瀬戸蔵は :: 2006/11/20(Mon)

オラホは2階にある「瀬戸ものミュージアム」なるモノに入りました。
入場料、無料でした。・・・正直、「無料」で無ければ入らなかったでしょう。


入場しますと、昔懐かしい電車がお出迎えです。
 setodeniriguchi 所謂「瀬戸電」と言われるモノです。
今は、名古屋鉄道の瀬戸線です。
かつては、尾張瀬戸 
ó 堀川で運行されていました。(今は栄町ね)
オラホも、幼い頃の記憶として名古屋城のお堀の中を走る電車を覚えています。
今流行(?) のレトロ感を出しているのでしょうか。
setodenshanai かつての様子を再現しているようです。
電車を出ると、重ねるように昔懐かしい改札です。owarisetokaisatu
駅舎も忠実に owariseto  再現したとのことです。


今回は、韓国の陶器の特集のようです。
sp_tenji 良く解らないので、サクサクと通過しますと
setomachinami  外は、昔懐かしい瀬戸の街を再現しているようです。


この町並みを抜けると順路は2Fを案内します。 chamise2f


2階は「古瀬戸もの」の展示です。
koseto_tenji 遺跡から発掘されたモノが中心です。
流石に、これだけの量が展示されていますと迫力と見応えがあります。


2階展示場を終えると、順路は1階の瀬戸ものの製造工程を教えてくれます。
setomonoseizoukoutei  setomonoseizougennba
これで、一通りの展示は終了です。


最後に雑誌なんかで良く紹介されているショットを紹介しておきます。
owarisetomagazineshot


最後に、気付きませんでしたでしょうか。


人が何処にも写っていません。


オラホ、一人ぼっちで見学させていただきました。


これ、狙ったわけではありません。ホントにいなかったんです。
ミュージアム内の茶店の案内です。 chamiseannai 
当然の処置だと思います。


更に、驚く事がありました。


実は今、特別展開催なので、「特別に無料」だったのです。
setoguramuryouannnai

皆さん、今週末までです。来週からは通常営業に戻り、


入場料 500円 も徴収されてしまいます。


あな、恐ろしき・・・ (゚◇゚)


税金を使うと、こんなに贅沢なことが出来ます。



  1. いろんな施設への旅
  2. | trackback:0
  3. | comment:0