何やってんだ!





早足 :: 2010/05/13(Thu)

出張先の商談も気持ち早く終えたので
以前より、一度は足を運びたいと思っていた

DSC00203.jpg  この建物を横に見て

ここへ行きました。 DSC00199.jpg この人のいる
と言っても、理解されませんね。

このお社、 DSC00194.jpg  風情があります。

そうです、上の銅像は日本近代軍組織の考案者
大村益次郎の像で、このお社は「靖国神社」です。
この神社の存在だけが、毎度国際問題になりますが
外国の方に問題視されるやましい宗教施設ではありません 。
特に政治家の方々に参拝されないのは、遺憾の限りです。
毎度矛盾を感じるのは、外国で戦没者を祀る
施設を訪問し、敬意を表するのに、我が国のために
我が身を投げ出してくださった方々に参拝敬意を表さないのは
明らかにおかしいと思いますが。
もしかしたら、政治家の方々は、ここに祀られている方々に
「顔向けできないことが多すぎる」のかもしれませんが。

DSC00196.jpg  時間に余裕が有れば

行きたかったのですが、参観には2時間程度かかるそうなので
今回は泣く泣くパスしました。

ここで、靖国問題に関する私見を
偉そうに言わせて頂ければ、
「靖国参拝=軍国主義者~戦争をしたくて(させたくて)仕方がない」
こういう短絡的な、ステロタイプな考え方をする人に
その人間の浅はかさを感じます。
誰も戦争を積極的に行いたいと考える人はいません。
ましてや自分が戦争を、人殺しを積極的にしたい人もいません。
そういう人は、戦争のない今でも、社会生活の敵として
存在している、一部の「殺人鬼」と呼ばれる人のみです。
「殺人鬼では、団体での作戦行動を伴う戦争は遂行できません」

戦争とは、外交上国益を守る最終手段出でか有りません。

自国が取り組む戦争というのは、国力を恐ろしく消耗させます。
敗北すれば、言うまでもなく、勝利しても復興には
恐ろしく時間がかかります。だから最終手段なのです。

戦争に徴兵されていく人々は、身近には自分の家族
自分の子、孫末代までの安寧を確保するために向かう訳です。
たとえそれが、国からの望まない命令であっても。
何故なら、やらないと、自分の先の命を確保できないからです。
国家も同じです。安全保障、治安は最高の福祉なんです。
国家の存亡をかけて行う戦争に、国家が戦死者の
死後の身分の保証をしないなんて馬鹿なことが有るのでしょうか。
死後の魂を鎮めるための施設が、何故言われない批判を受けないと
いけないのでしょうか。
A級戦犯とか言いますが、単に戦勝国の復讐の手段でしか無く
加えて、彼らの言い分を全て認めたとしても、
彼らは刑を執行されて、「罪を償っています。」
この重要なポイントを理解しようともせず、
批判するのは、如何に雑な議論であるのか・・・。
まぁ、都合の悪いことは皆聞きませんか。

英霊の皆さんに感謝の気持ちを表しつつ、
次に足を進めて、千鳥ヶ淵にも行きたかったのですが
あまりにも時間が無かったので、ひたすら南の方(?)に足をすすめ、

DSC00189.jpg  この建物を横に見て・・・

この建物、 DSC00188.jpg  公共施設ですね。

しかも、DSC00187.jpg  こんなものまであって。

名古屋や、大阪ではまずお目にかかることは無いでしょうな。
こういうものを見てしまうと、所謂地域間格差を感じますな。
地方に住んでいる人々は、文化に触れる機会も制限される
そんな、不公平感を感じますな。
とはいえ、東京に住むと言うことは、生活コストも
それなりに高くついていると言うことなんでしょうが。

 DSC00185.jpg  最高裁判所って意外と大きいんです。

そして・・・  DSC00183.jpg  こんなところに・・・

DSC00181.jpg  とある、荒川区出身の

ヤンキーアイドルは「すげぇ、お城じゃん誰住んでんの?」
真剣にそう考えていたという、この建物に・・・
会期中にもかかわらず、時間も遅めだったのか
殆ど人を見かけることは有りませんでしたけど。
ここまで歩いてきて、いよいよ帰りの新幹線の時間が
迫ってきたので、

DSC00178.jpg  霞ヶ関を横に見つつ

世界一の馬鹿が住んでいるこの建物

DSC00172.jpg  を正面から撮ろうとしましたが

さすがにこの建物はお巡りさんに
「申し訳ありませんが、保安上の理由で遠慮ください」と
言われてしまいました。
しかし、この永田町は、わかりきっていることですが
制服警官がこれでもかと至る所に立っていますね。
道案内には快く丁寧に答えて頂きましたが。

ここから、丸ノ内線で東京駅に行ったんですが、
この丸ノ内線、日中でも2分間隔で電車が来るんですな。
そして、どうやらお役人さんには
「国会議事堂前~霞ヶ関間」は無料パスが配布されていそうです。
考えてみれば、国会会期中は毎日のように議事堂に
呼び出されたりするわけでしょうし、(しかもいきなり)
そう考えれば無料パスがあっても何ら不思議ではないですな。

今回、結構地下鉄を使ったんですが、
何となく、よく手帳についている路線図の意味が
わかってきたような気がします。
実は、このときに初めて理解したかもしれません。

山手線の内側には、営団線と都営線しか走っていないこと

あっ、営団線って今言わないか。。。東京メトロでしたっけ。
個人的には、昔の「帝都営団地下鉄」の表現が好きだったんだけど。

だから、私鉄線は、路線図に書く必要が無かったのね。
スポンサーサイト
  1. 華の大東京
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

なんか :: 2010/05/12(Wed)

こんなところへ今日は出張です。

DSC00207.jpg  

名前だけでも、お洒落な感じ満載です。
まぁ、ここで仕事をしたわけではなく
乗り換えに使っただけですが。

この自由が丘、今でも
フローレンス○○・・・有るんでしょうか。
まぁ、行く用事は未だにありませんが。

電車の行き先もお洒落です。  DSC00206.jpg

東横線って、お洒落なイメージの街と
お洒落なイメージの街を結ぶという
それだけで、沿線も地価高そうです。

オラホが、前使った時は、横浜側の終点は
「桜木町」でした。えぇ、恐ろしく昔に使ったきりです。
今東急桜木町なんて駅存在しないみたいですし。
で、この駅で降りたと言うことは、この後、ちょっと東京見物です。

しかし、東京の私鉄は難しいですな。
  1. 華の大東京
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

気がつけば :: 2009/11/13(Fri)

もう、二年半という月日が経っていました。

shonagawa091112.jpg 

久しぶりの品川も初めての港南口で
こんなにビル群になっていて、ビックリしました。
今日の出張は、品川と丸の内、
画に描いたような東京出張です。
午前に一件商談をこなし、その後次の商談まで
時間が出来てしまったので、

wako091112.jpg  

生まれて初めての銀座だったりします。
銀ブラというよりも、銀座を走り回っていました。
えぇ、ちょっと欲しいモノがありまして
流石銀座です。5件もあるんですね。百貨店。
銀座アスター  aster091112.jpg 

本店は、やはり銀座なんですね。
そんな銀座で時間を過ごした後、丸の内へ。
丸の内では、そう、今日は

今上陛下 即位の礼より20年

そんな日だったんですね。

plate.jpg  こんな街宣車

で、二重橋の前は封鎖です。  nijuubashi.jpg 

parade.jpg  EXILEの立つ舞台の前ではパレード

御輿も出て  nijuubashi.jpg  お祭り騒ぎでした。

地方から東京に出てきた人は
「今日はなんかの祭か?」と勘違いするそうですが、
今日は本当にお祭りでしたなぁ。。。

丸の内の商談も終えて帰路に着いたんですが。
今日訪問した企業は、いずれも日本を代表する企業。
(名前は日本人なら誰でも知っている)
今日は商談を含めて訪問先はいずれも有名なところで

いろんな意味で東京観光でしたな。

  1. 華の大東京
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

再会・・・ :: 2007/07/05(Thu)

実際に、再会したわけではない。


実は、最近気になる作家の
(と言っても文筆業で設定するには無理がある)
一連の作品があり、氏の本を現在、手に入る順に
読んでいるというところである。
氏の著作は、オラホ自身が学生時分にテーマに
していた内容について、かなり精通しており、
(というか、現場の最前線で従事していた)
現在、そのときの現場はどうだったのか、といった
著作を出版している。


氏の著作の話の舞台は、オラホが大学を卒業してから
数年経った頃のものである。
しかし「歴史の検証」という使命感をもって著作業を
展開しているという氏の著作は力強く、興奮を抑えるのを
やっとの思いで読んでいる。


氏の著作に興味を持つようになったのは、創刊以来
毎号欠かさず読んでいる雑誌に、氏が連載を始め
その内容が、オラホの感性に合ったからである。
その著作を読み出したのは、最近出版された開戦直後を
テーマにしたものが大変読みやすく、しかも氏の経験を
ふまえた解析に非常に魅力を感じたためである。


さて、本題である。

続きを読む
  1. 華の大東京
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

VIP専用? :: 2007/04/13(Fri)

kosugeprizn07.jpg


先日東京に行ったときに車窓から撮りました。


ここは、有名人というか、VIPな方と言いますか
そう言う方がお泊まりになられました。


例えば、北海道で地道な政治活動をされている
北方領土に強い○木恒○議員とか、
ITビジネスで想定外にも泊まることになった○エモン社長とか、
その仲間の「聴いちゃった」某ファンドの○上○彰社長とか、
昨日は、分譲マンション販売で有名な○嶋社長がチェックアウトされました。


今お泊まりになっている方は、アルマゲドンを予言された
麻○○彰こと、松○○○夫様がお見えです。


ここですか? 東○電鉄の伊○○線から撮りました。


こうでもしないとこういった施設も「おぉ!!」なんて思わないものね。


 

  1. 華の大東京
  2. | trackback:0
  3. | comment:8
次のページ