FC2ブログ

何やってんだ!





究極の晴れ男 :: 2019/10/23(Wed)

とは、よくいったもので、昨日の即位の礼、
朝方から散々降っていた雨が上がり、虹を掛け、
富士山までを現しめる、当に神憑りをやってのける。
我が国は神の国と思わしめるに十分な出来事である。

令和の御代の安寧を
スポンサーサイト



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

強かった :: 2019/10/21(Mon)

ただ、それだけ。

しかし、我が国代表は頑張った。勇気を与えてくれた。
前半5分だけの流れなら既に心折れていても、おかしくない。
あれから相手のミス、反則を引き出し、自軍に優位を
保ちつつ、ひたすら攻撃を仕掛ける。本当に
よくやっていました。それを凌駕した相手を讃えるしかない。
彼らも最後の最後までトライに拘った。何故か?

思うに彼らは4年前の悪夢、トラウマを払拭したかった
のではないか。しかし、彼らはそれを叶えられなかった。

彼らのトラウマはまだなくならないだろう。

次回は開催国アドバンテージがなくなる。
そこでどう勝っていくか。我が国ラグビーの真価は
次回大会で評価される。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

進む :: 2019/10/17(Thu)

ひたすら昨日より高みを目指して。カッコいい言い方かも、
と思っているかもしれない。実はそうではない。
その姿勢、取組を示さないと、落伍する、
取り残されてしまう。生き残るためにやらざるを得ない、
それだけのことでしかない。

宮仕え

身分は安定しない。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

考えれは :: 2019/10/16(Wed)

もう、10月も中旬。
先週末、我が国を襲った台風は季節外れもいいところの話である。
それだけに襲われた場所には甚大な被害が出た。
自然現象には対策を立てても立てても、それを
凌駕した規模でやって来たらそれまで。そんな事を
改めて思い知らされた。特に今回、悪夢の3年の
お陰で治水事業が遅れた罪も大きい。

如何に学級会民主主義が脆弱か、よく示した。

政策は俯瞰だ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

避けてくれない :: 2019/10/10(Thu)

今週末、三連休、どうも直撃は避けられなさそうだ。
しかも当日の予定は台風と共に移動せざるを得ない形。
最悪どうしたものか。新幹線より在来線の方が弱いと言う。
荷物に祈る気持ちで運ばれて欲しいと祈るばかり。

祟られている。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ