何やってんだ!





いいかも :: 2016/07/01(Fri)

少しの事でも具合のいいことが思わず
あったりすると 少し嬉しくなる。若干でも
気分をあげてくれる。待ちわびて、ということ
でもないが楽しみなことがあったりすると
それだけで前向きになったり。


気なのだが大事だ
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

子供の喧嘩 :: 2016/06/30(Thu)

業務を進めて行く上で考えの齟齬は多々発生する。
その齟齬、隙間を埋めるために会話、会議と言う
手段がある。メールと言うコミュニケーションツールも
存在するのだが、そこには文書。表現の
得手不得手という問題もある。所詮完全に
理解しあうのは困難やも知れない。

しかし、理解しあ得ないのであれば、
そこを詰めるのも大事な業務。恥を忍んで
することもある。ただ、歩み寄ってもらわないとな。

ガキを相手にするのは難しい。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

朝早く :: 2016/06/29(Wed)

おやすみなさいのメールが届く。先方の事情を
考えれば、尤もなことであるが本気で考えれば…。
考える事がナンセンスかも知れないがなんと言うか…。

空回りでみっともない。

いい歳して恥ずかしい
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

間違えていました :: 2016/06/28(Tue)

こう表現したのが正しいのだろう。かつての
大帝国が地域性共同体から離脱することを
国民投票で決めてから数日。残留派に対し
離脱に投票を行った連中には猛烈な後悔が
発生しているという。しまった、やり過ぎた、と。

この問題を判断するひとつの材料として
共同体に支払っている拠出金が膨大であると
言っていた離脱を推進していた指導者が
国民投票終了と共にその事を訂正、誤っていたと
発言した。これは情報を持たざるものへの
明らかに不誠実な行為であり、詐欺だ。
確かに拠出金はあったが莫大てはない。

一部投票者にはその事が大きな影響を与えたのは
間違いないことであろうが、これも民主主義
と言えばそれまでである。不思議なことは
残留派はこの事を全力で否定したのか?
なんか、その話が聞こえてこない。そう考えれば
残留派も今回の国民投票をなめていたのではないか。

今から6年ほど前どこかの国では、与党にお灸をとか、
最低でも県外とか言って国をあらざる方向へ
ミスリードした国があったが、その教訓は
いかされなかったということか。まぁその国では
当面あんなバカな判断は、トラウマと共に
ないだろうけど。さて、この後国際舞台は
混沌とするのか。

不安定は罪悪だ
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

大事なんだろうな :: 2016/06/27(Mon)

毎朝利用する通勤電車。その中を構成するのは
オラホの様なサラリーマン、高校生をはじめとする
学生等だが、その通勤電車に乗り込むとき
ラッシュアワーである。既にある適度混みあっている。
一人でも多くの人が乗れるよう、そのスペース
というか、場所の提供を考えるべきなのだが
皆、そこから動こうとしない。そこに
何の値打ちがあるのか判らないが、動かない。
自分の背後で何が起こっているのか、
知ろうともしない。彼らにとって興味のあることを
スマートフォンの画面に映っているものだけの様だ。

回りを少しでも見れば鞄の持ち方、立ち方で
楽になる人がいるかも知れないのに。

創造力に欠けるか
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ