何やってんだ!





当たり前 :: 2015/01/27(Tue)

先日より話題の邦人人質事件であるが、
テロリスト達は某国の死刑囚の釈放にその要求を切り換えた。
その某国は中東の親日国、先日も我が国、首相も訪問したところだ。
さて、この要求に我が国政府はその働きかけを行うのだが、
国王は「応じるならわが国民の人質解放が先だ。」とのコメント。

当然の話だ

もし仮に我が国民との同時解放を水面下でしていても
そう答えるのが筋だ。自国民を差し置いて他国民の安全なんて
国民が許さない。国王自身の立場が危うくなる。

そう考えると彼等はもしかすると、この交渉でその死刑囚の釈放の
見返りにその国民の解放を約束しながら日本人を解放し、
某国の安定を弱体化させ、更なる支配下にする事を
目論んでいるのかもしれない。人質交換もそのバランスが求められる。

わが国民の人質にはその立場に同情するが、さて、何が出きるのか。

有効な実力を持てない国のせつなさである。

無事であります様に。
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

やはり :: 2015/01/26(Mon)

もう処刑されてしまったのか。
週末の夜、我が国に報じられた彼らのメッセージは
わが国民に絶望を言い渡した。
しかも、その責任は首相にあると。
同胞処刑のその声明を読まされている、
なお人質の身にあるジャーナリストはさぞ
苦しく、心細く、そして恐怖の底にいるのだろう。
自身の選んだ道とは言え、覚悟しているとは言え、だ。

ここで大事なのは、その責任は本人達だけではない。
ましてや首相、日本国政府にもない。
誘拐、不安定を作り出している彼等である。
そしてその不安定を歓迎している連中である。

素朴になぜこうなってしまうのだろう。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ビジネス :: 2015/01/23(Fri)

連れ去る奴等と奪還のための交渉をかって出る奴等
この手の事件では必ず登場する。
きっと交渉をかって出る人達は善意でそうしていると
毎度思いたいのだが、何かそこに違和感を感じるというか
人前に出すぎているというか…。

これで奪還が成功すれば良いのだが、
時間ばかり経過して何も成果が出ないばかりか
むしろ彼らの威力誇示の材料になってしまう
結末を迎えないか…。

見守るしか無いけれど
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

応じる :: 2015/01/22(Thu)

そうなってしまうのか。

もしそうであっても、表向きは非難を続ける
そういった対応になるのではないか。
恐らく世界中(英米だが)から非難を浴びるだろうが
軍備、諜報機関を持たない、我が国は情けなくとも
「交渉」で解決せざるをえない。
安保が働くか…。
かなり能天気でナイーブな考えだ。
左巻きの連中はどう考える。ここはやはり自己責任と言うのか。
自らの人権主義を捨てて。

みっともなくとも、国家は国民を守る。
その原則を粛々と遂行するのみ。

なんとか。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

対岸の火事 :: 2015/01/21(Wed)

もうそんなことでは済まなくなってしまった。
だから改憲、集団的自衛権なんて解釈してはいけない。
こんな論調が聞こえてきそうである。

今回の人質事件は決して許されるものではなく
糾弾されその組織には壊滅、若しくは
それに匹敵する打撃を与えるべきであろう。

ここで語りたいのは、今回のテロ、混乱に
被害を受けているであろう人々、地域に支援を申し出て
それが彼らへの敵対的行為であるとの解釈が
彼らの一方的とは言えなされたことである。

この意味で言えば、人権派、非武装平和主義者達の
支援、話し合い云々という手法は基から
成り立っていなかったが、それが証明された。

これから解決する方法は限られる。
勝手に自分の意思で行ったとは言え、
国民を守る義務は国家にある。
身代金を言われるまま支払うか、他国にお願いして
救出してもらうか、見殺しにするのか…。
我が国にはオプションが少ない。

議論をかなり飛躍させるが、一番は標的にされない
もし、
そのような事態になったら速やかに解決できる
実力の保有となるのだろうか。

そう、我が国並びにわが国民を怒らせたら
その国、組織はその存亡の危機に立つような
そんな力を日頃から身につけると言うことだろう。

穏やかな日本人を怒らせてはいけないと。
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ